ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

汗と涙がほとばしる
激辛料理に挑戦!(2)

Lighthouse編集部

汗をドッサリかいて、新陳代謝を活発にするから〜い食べ物は、ほどほどならダイエットや美肌作りにも最適。
今回は、辛みの初心者からエキスパートまで挑戦できる、激辛料理に挑戦してみた。
辛いけど止められないやみつきの料理もあれば、舌が焼けるような極辛ホットソースもある。
体調や個人差があるので、くれぐれも無理は禁物!


※みなさんの《汗と涙がほとばしる激辛料理に挑戦》情報をお寄せください!
ライトハウスではロサンゼルスのコミュニティサイトLighthouseLA.netで地域の人々と書き込みを通して情報交換をしています。みなさんのとっておきの情報をお待ちしています。



ROUND 2 チキンウィング
at Hoagies & Wings
激辛レーティング ★★☆☆☆

“Suicide”挑戦なら、辛さは★★★レベル

10ピースのウィングは単品で$8.99。近場ならデリバリーもできる

韓国料理に続く第2ラウンドは、アメリカ料理をチョイス。アメリカ料理で激辛と言うと、ルイジアナのタバスコやジャンバラヤ、ガンボといったケイジャンが有名。
 
だが、忘れちゃならないのが、チキンウィングだ。ピザと並びアメリカのナショナルフードの1つに入れても良いほどポピュラーな料理なだけに、フレーバーもさまざまなバリエーションがある。
 
今回は、ダウンタウン、カルバーシティー、ラシエネガ、シャーマンオークスの4店舗を構えるチキンウィングの名店「Hoagies & Wings」のカルバーシティー店の門を叩いた。
 
まず、店長のナイル・マシャカさんに、「Hoagies & Wings」について聞いた。
 
「2004年にハーバードのロースクールを出た僕の兄が、料理の名門校『Le Cordon Bleu』出身のシェフと共同で開いたんだよ。カルバーシティー店が2年前にオープンしてからは、僕が店長として働いてるから、ファミリービジネスみたいなものだね」。
 
創業後すぐに頭角を現し、『Los Angeles Times "Guide"』で、"The Five: Hot Wings"に選出、Citysearchでは、06、07年の2年連続で「#1 Fast Food」「#1Cheap Eats」を受賞、05年に「#1Chicken Wings」を受賞するほどの人気なのだ。
 
ちなみに、店名の「Hoagies」とは、クリームチーズにステーキのスライスなどを挟んだホットサブで、俗に言う「フィラデルフィア・ステーキサンド」のような食べ物。チキンウィングはもちろん、こちらも評価が高い。


・スーサイドチャレンジの成功者は2カ月間で3人だけ。記録に挑戦する勇気はある?(左上)
・「辛さだけじゃなく、本場の味も堪能してください」と、マシャカさん(右)

完食成功率13%
スーサイドソース


さて、同店自慢のホットウィングに挑戦してみた。同店では、チキンウィングのフレーバーは10種類(マイルド、ホット、スーサイド、BBQ、スパイシータイ、テリヤキ、レモンペッパー、ガーリックパルメザン、マンボ:ホットソースとBBQソースのコンボ、シーズンド:ガーリック・シーズニングソルト)。価格はどれも6ピース5・99ドルから。
 
スーサイドは名前の通り「悶絶犲殺〞級」の極辛ホットソースを使ったウィング。当然、このスーサイドにチャレンジと意気込んだが、韓国料理に続いて、マシャカさんからも自粛を勧告された。
 
というのも、実は2カ月程前から、「20 Suicide in 10min」という挑戦メニューが登場したのだ。スーサイドソースで味付けしたウィング20ピースを、10分以内に完食すれば無料!同店では23人が挑戦し、3人のみの成功率。壁面に成功者のポラロイドが展示されているが、満身創痍という顔の人もいた。
 
「挑戦したいという人には、その前にスーサイドソースを1滴試しになめてもらいます。大概の人は、これでびっくりして断念しますよ」(マシャカさん)。
 
記者も楊枝の先にちょっと付けたソースをなめてみた…。チリとハバネロのエクストラクトをたっぷりと使ったホットソースだけに、舌とのどの奥が焼けるように熱くなり、一気に頭皮と顔面に汗が噴出した。さすがにこれは危険ということで、「ホット」にスーサイドソースを若干足したウィングに挑戦してみた。
 
真っ赤でとろみのあるソースが、チキンウィングにたっぷりとかかり、酸味のある香りが食欲を誘う。辛さを和らげるために、ディップにはブルーチーズ(ランチソースも選択可)を選択。指でつまんでむしゃぶりつく。辛さと酸味のバランスが取れ、いくらでもいける感じ。
 
口の周りやのどの奥が段々焼け付いてくるが、ブルーチーズでディップすれば、リセットされる。100%スーサイドと比べると楽勝!マシャカさんの父親がバッファローウィングの本場、ニューヨークのバッファロー出身で、本場のレシピを再現したウィングは辛ウマ。
 
「ウチの店は、USCのそばだから、学生たちがこぞって『スーサイド』に挑戦しに来ます。だから品切れのことが多いので、どうしても挑戦したい人は事前に確認してください」とマシャカさん。

Hoagies & Wings
☎310-839-0776
www.HoagiesandWings.com
11172 Washington Blvd., Culver City
Sun-Thu 11:00am-10:00pm、Fri & Sat 11:00am-11:00pm Open 7 Days



ROUND 3 メキシコ・ユカタン料理
at chichen itza
激辛レーティング ★★★☆☆

ホットソースの量により★から★★★★までレベル調節可

原料となっているハバネロとソース各種。ハバネロは見かけはまったく辛そうに見
えない人畜無害な外見だが、ひとかじりで口の中は大変な事態に

Round 3は少し趣向を変え、メキシコ料理にチャレンジ。ダウンタウン・ロサンゼルスの南側に位置するコミュニティーセンター「Mercado la Paloma(Dove Market Place)」内にあるchichen itzaを戦場とした。このMercado la Palomaには、メキシコのアートやグッズを売るショップが入居し、その1つであるchichen itzaは、フードコート内の店といった風情。9年前にオープンした同店は、メキシコ料理の中でも、特にユカタン地方の料理を専門としている。店名もユカタンに栄えたマヤ文明のピラミッド型の遺跡と同名だ。レシピは、同店オーナーのギルバートSr・セティーナさんの祖母の物で、伝統的なユカタンの家庭料理。カリブ海の料理の影響を受けており、柑橘類のジュースやバナナの葉を使うのが特徴。

セティーナさんに、「トコトン辛〜い料理を出して」とお願いすると、「ウチの料理は、どれも基本的に辛くないですよ」という意外な答え。「料理は辛くないですが、付け合わせで出しているホットソースが激辛で、ウチの名物なんです」と言う。


・細切れの豚肉を、バナナの葉で蒸し焼きした
「Cochinita Pibil」(上)
・アペタイザーの「P anu chos」。ブラックビーン、コーン、
ハバネロは、ユカタン料理に欠かせない(中)
・名物のタマレ「Brazo de Reina」。カボチャの種と
タマゴという組み合わせが斬新(下)

そのホットソースだが、一方はオレンジ色、もう一方は黒っぽい緑色。どちらもハバネロから作られているが、オレンジ色の方は生のハバネロのソース、緑色の方はローストしたハバネロのソースだ。辛さはローストした方が上とのこと。
 
「ホットソースは販売もしています。オレンジの方はテーブルに置いてありますので、料理を頼んだ際は、自由に使用していただけます。緑色の方はとても辛いので、要請があった時だけ、特別にお出ししています」と、セティーナさん。

料理にぴったり合うがローストソースは極辛
 
では、いよいよその名物ホットソースを、料理に合わせてチャレンジしてみよう。
 
最初は、アペタイザーの「Panuchos」(2・19ドル)ブラックビーンのピューレを混ぜ込んだコーントルティーヤの上に、レタス、細切れのターキー、赤タマネギ、トマト、アボカドがどっさりのせられた食欲を喚起する一品。サルサソースの感覚で、オレンジの方を3、4滴ふって食べてみると、一気に辛さが訪れる。。生のハバネロのフルーティーな風味もするが、やはり圧倒的な辛さが前面に。辛さを和らげるために甘〜いハイビスカス(Jamaica)、お米(Horchata)、仏頭菓(Guanabana)のジュースが出されたので、すかさず助けを求めた(仏頭菓のジュースは1・99ドル、その他は1・59ドル)。これらはメキシコの名物ジュースなので、辛さを和らげる以外にも試してみたい。


・店はコミュニティーセンター「Mercado la Paloma(Dove Market Place)」
内にある(下左)
・「ユカタンの人は、ハバネロの辛さは全然平気」(同店オーナーのセティー
ナさん)(下右)

次は名物のタマレを。「Brazode Reina」(4・19ドル)は、バナナの葉で蒸したタマレで、中にタマゴとホウレンソウ、カボチャの種のパウダーが詰まっている。さらに辛いと言われる、ローストホットソースを1滴かけてみた。最初は、タマゴとカボチャの種の風味が広がる。しかし、あっという間に香ばしさと酸味を伴って猛烈な辛さが口の中を襲う。辛さで舌がしびれ、顔面中に汗が吹き出す。これはかなり危険な辛さだ。
 
続いて、メインから「CochinitaPibil」(8・29ドル)を。オレンジジュースと香辛料、achioteと呼ばれる種子で味付けした細切れの豚肉を、バナナの葉で蒸し焼きした一品。ローストソースをさらに数滴ふりかけると、顔面の汗が今度は滴り落ちる。だが、不思議と料理に合う。
 
「ユカタンに行ったらチリ=ハバネロ。誰もが毎食、生でも食べます」というくらいユカタン料理には欠かせないのがハバネロソース。辛さと折り合いを付けて、程々に味わいたい。

chichen itza
☎213-741-1075
www.chichenitzarestaurant.com
3655 S. Grand Ave. #C6, Los Angeles
(Mercado la Paloma内)
Sun-Thu: 8:00am-9:00pm、Fri & Sat: 8:00am-10:00pm Open 7 Days


  • シェア
  • ツイート
  • Eメール
  • 印刷