ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

症状から探せる お医者さんナビ (1)
(2015年9月1日号ロサンゼルス版掲載)

Lighthouse編集部


「アメリカに来てから病院に行くのがおっくうで...」と気になる症状をそのままにしていませんか。
この特集ではそれぞれの症状を分かりやすく解説。
原因や治療法を学びながら自分にぴったりの先生が見つけられます。

※ここで紹介している症状や治療法は全ての方に当てはまるわけではありません。気になる症状がある場合は医師の診断を受けましょう。
※医療保険を使って受診する場合は、医師や治療が保険適応内か、必ず自分で保険会社に確認しましょう。
※本コンテンツの情報は2015年9月時点の情報です。
※この特集では専門家の方々のさまざまなアドバイスをご紹介しています。同じテーマでも違う見解もありますので、参考としてお読みください。




◆ 体がだるい

どうして起こる?
ビタミン不足(栄養バランスの乱れ)や精神疲労、過労、ストレス、肥満、運動不足、睡眠障害などの原因が考えられます。最近では携帯電話やパソコンの長時間使用による疲労もある他、夏場は熱中症による脱水や長時間のエアコン使用による体調不良も原因となります。休養しても回復しなかったり、だるさが持続したりする場合は重大な病気の可能性もあります。

●考えられる病気
糖尿病、甲状腺疾患、肝臓病、腎臓病、心臓病、貧血、うつ病、更年期障害、慢性疲労症候群、自律神経失調症、インフルエンザや風邪のひき始め、脱水症

治療法は?
診察・検査でだるさや疲れの原因を特定し、治療を進めていきます。当院では医師の判断により、脱水への対処として点滴を行うことがあります。
日頃から十分な睡眠(ただし寝過ぎは疲れの原因となります)とバランスの取れた栄養価の高い食事(ビタミンB1など)を摂り、ウォーキングやストレッチなど適度な運動と気分転換を心掛けてください。



光岡洋先生
米国一般外科、胸部心臓外科専門医師。米国医師協会、ロサンゼルス郡医師協会、日本胸部外科学会などに所属。USC外科客員教授。
◎ 光岡メディカルクリニック / Mitsuoka Medical Clinic
外科・内科
日英バイリンガルの光岡先生がきめ細かな日本的医療サービスを提供。精密検査や入院、救急医療などが必要な場合は、提携の総合病院を紹介し手続きもサポートしてくれます。

200 San Pedro St. #302, Los Angeles
☎ 213-680-2194
▶ 診療:月〜水金9:00am-5:00pm、木土9:00am-12:00pm
▶ 休診:日
▶ 言語:日本語・英語
▶ 保険:海外旅行者保険他、各種取り扱い
www.jimcnet.com


◆ 気分が落ち込む

初回は無料の電話相談(30分)から。カウンセリングがどのように行われるのか、予算やセッション回数なども質問できます

どうして起こる?
大切な人との別れ、人間関係のトラブル、病気などを経験したときや仕事・学業のプレッシャーがあるとき、また、人生の節目(結婚、出産、卒業、移動)にも人はストレスを感じます。ときにその落ち込みから抜け出せず、自分ではどうしようもできない状況に陥ることがあります。

●考えられる病気
落ち込みが長く続く場合は、うつ病、そううつ病、不眠症、不安症、適応障害などにつながる可能性があります。

治療法は?
効果的な治療法の一つに心理セラピーがあります。これは対話を通じて心の無意識部分や行動・思考パターンを理解するセラピーで、自己発展と変化がもたらされます。心理的問題は複数の要素が複雑に絡み合って起きます。独りでは解決できないこともあるでしょう。そういうときは迷わずに心理セラピーの専門家に話してみてください。きっと心が軽くなりますよ。



飯島エミ先生
臨床心理医。大人と高齢者のメンタルヘルスを専門とし、病院や高度看護施設での心理セラピーに携わる。
◎ Emi Iijima, PsyD.
心理セラピー
心の専門医である飯島先生が、認知行動療法、人間性心理学や心理構造分析などの分野からクライアントに適した手法でアプローチ。心身のバランスを大切にしながら、心の健康作りを手伝ってくれます。

2001 Barrington Ave. #219, Los Angeles
☎ 323-972-7459
▶ 診療:月〜金9:30am-6:00pm
▶ 休診:土日
▶ 言語:日本語・英語
▶ 保険:メディケア他、各種PPO取り扱い
www.driijimapsychologist.com


◆ ホットフラッシュ

痛みのないはりとお灸、漢方薬、ヨガなどを組み合わせたトータルヘルスケアで辛い症状を緩和します

どうして起こる?
40歳以上の女性でホットフラッシュ(顔の火照り)や原因不明のイライラ、落ち込み、頭痛、生理不順、疲労感、寝汗などがあったら、まず更年期障害が疑われます。更年期障害は、卵巣機能の低下により女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで引き起こされます。

治療法は?
副作用のない鍼灸治療でホルモンバランスを整え、自律神経の乱れを調整し、多種にわたる症状を改善します。当クリニックでは東洋医学本来の考え方である個人の体質に合わせた治療をしているので、同じ更年期障害の症状の患者さんでも異なる経穴に鍼灸をし、必要なときには漢方薬を処方するなど、治療内容はそれぞれ大きく変わります。女性特有の問題、不快な症状でお悩みの方はぜひご相談ください。更年期障害の症状を緩和し、心身共に健康になれるヨガクラスも開催しています。



井出修子(のぶこ)先生
鍼灸師、漢方医、日本人鍼灸会(JAAC)副会長。ヨガアライアンス認定インストラクター
◎ 井出修子鍼灸院 / Nobuko Ide, L.Ac
鍼灸・漢方・ヨガ
日本式の経絡治療で気血の流れを良くし、痛みや各種の疾患を治療。漢方薬で体質改善を図ります。少人数制ヨガクラス(月火木土)を開催するなど、女性のトータルヘルスケアを提供しています。

1976 Sepulveda Blvd., Los Angeles
☎ 310-421-8405
▶ 診療:月〜水金土9:00am-5:00pm
▶ 休診:木日
▶ 言語:日本語・英語
▶ 保険:各種取り扱い
www.nobukoacu.com


◆ 眠りが浅い

不眠症の治療では、任脈(経絡の一つ)を安定させ、脊椎に沿ってはりを打ちます。はりは使い捨てなので安心です

どうして起こる?
熟睡できないという悩みを抱えている現代人が増えています。軽い不眠なら問題ありませんが、熟睡できない日が1週間に数回あり、それが1カ月以上続く場合は注意が必要です。自律神経失調症やうつ病、心臓病などにつながる可能性もあります。
安眠できない理由はいくつかあります。まずはストレス。引っ越しや転職など環境の変化がきっかけで眠れなくなることもあります。コーヒーなどのカフェインやビタミン剤などが原因かもしれません。また、眠れないからと言ってお酒を飲むのは良くありません。お酒を飲むと眠りが浅くなってしまいます。

治療法は?
不眠症患者のほとんどは首の筋肉が硬直していて、体全体の気の流れが弱く、部分的に切断された状態になっています。首の緊張を解く経穴にはりを打ち、マッサージで筋肉を緩め、気と血の流れを促進します。はりを打つ場所は症状や体質によって変わりますので、正確な診断が必要です。また、五臓六腑の強弱を診断し、症状と体質に合わせて作った漢方薬で体質を改善していきます。



ソン・ヘレン先生
&ソン・ギパク先生
ヘレン先生は鍼灸師歴16年。ギパク先生は鍼灸師歴13年、漢薬師歴が11年。2人とも気さくで相談しやすい人柄。
◎ ゼマ アキュパンクチャー / Zema Acupuncture Herb Clinic
鍼灸・漢方
日本人患者が多く、日本語メニューも用意されている漢方クリニック。不眠症、頭痛、偏頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、むくみなどの治療を得意としています。

15435 Western Ave., Gardena
☎ 310-324-2791
▶ 診療:月〜金10:00am-6:00pm、土10:00am-3:00pm
▶ 休診:日
▶ 言語:英語・韓国語
▶ 保険:各種取り扱い ※初診料無料


◆ 落ち着き・集中力がない

携帯用のIM Homeを使えば通院回数が少なくても安心して治療できる

どうして起こる?
脳の発育時期に左右の脳のバランスが崩れると、感覚運動、行動、知性、感情、社交性や学業に悪影響を与え、注意欠陥(ADHD)、失読症、アスペルガー、自閉症などに発展する可能性があります。その結果、「落ち着きがない」「意味なく学校の成績が落ちる」「社交性に問題が生じる」「動きがぎこちない」「本が読めない」などの症状が出てきます。また脳の発育バランスの崩れは、自律神経失調やアレルギー、ぜんそくなどの発症とも関連があるとされています。

治療法は?
インタラクティブメトロノーム(IM)というセラピーを取り入れて学習障害や機能バランスを回復させます。これはメトロノームに合わせて体を動かすセラピーで、脳内のタイミング機能や左右の脳の連携、外界からの情報を処理する神経伝達経路の速度、体をコントロールする調整能力などを養うことで、症状の改善や運動機能の向上を促進します。
また当院では、機能が低い方の脳や神経系、内分泌系、消化器系、目や背骨のゆがみなどを調節するブレインバランス治療と併せてインタラクティブメトロノームを行い、脳機能や姿勢、バランス、運動に大切なタイミング機能および調整機能などを効果的に治療しています。携帯用「IM Home」を利用すれば、セラピーの頻度を増やすことができて安心です。



吉沢公二先生
機能神経科医。スポーツ障害、および筋肉応用学認定医でもある。メキシコ医療ボランティアグループメンバー(Flying Doctors of Mercy)としても活動中。
◎ よしざわカイロプラクティック機能神経科クリニック / Yoshizawa Chiropractic
カイロプラクティック
一般カイロプラクティックの対象患者から、プロスポーツ選手、神経系の難治症患者や小児発達障害などの脳の発育バランスの崩れなど幅広い症状に対応しています。

4120 Birch St. #104, Newport Beach
☎ 949-221-0267
▶ 診療:月水金9:00am-6:00pm、火土9:00am-1:00pm
▶ 休診:木日
▶ 言語:日本語・英語
▶ 保険:各種取り扱い
www.dryoshizawa.com


◆ 胃が痛い

どうして起こる?
食べ過ぎ、ストレス、胃潰瘍、胃がん、食道炎、胃炎、胆石、胆のう炎、膵炎(すいえん)、まれに虫垂炎などが原因で起こります。この中で最も心配なのは胃がんですが、胃がんは初期には全く症状がありません。進行して初めて、胃もたれ、胃痛、便の黒色化、体重減少などの症状が出ますので、定期検診が早期発見の重要な鍵になります。

どんな検査を受ける?
胃がんかどうかを調べるには、内視鏡検査、胃粘膜生検を行います。また、がんの予防として最も大切なのはピロリ菌の検査です。なぜならピロリ菌に感染していると、胃がん発症率が無感染者の100倍にもなるからです。実際、日本人の胃がんの一番の原因がピロリ菌です。しかも日本人の感染率は先進国の中でも特に高く、50歳以上の日本人の約80%にもなります。簡単な検査なのでぜひ受けておきましょう。

治療法は?
検査でピロリ菌感染が分かった場合は、薬を飲んで除菌します。除菌すれば胃がんの発症率は治療前の25分の1にまで下がります。がんは決して症状が出るまで待ってはいけません。症状がないうちに検査をして治療することが、命を守るためにとても大切なことなのです。



「私たち3人が交代で人間ドックを行っています」
左から診療看護師の中島めぐ先生、大里雅治先生、診療看護師・糖尿病療養指導士の井上あき先生
◎ 大里雅治先生
内科・消化器内科医。胃がん、大腸がんの内視鏡治療数年間1000件以上。「隣人を自分のように愛し、仕えなさい」というキリスト教理念に基づき、「愛を持って患者様に仕える」ことを信念としている

◎ 大里メディカルクリニック / Osato Medical Clinic
定期検診による早期発見に力を入れ、院内に人間ドックセンターを併設。胃がんや大腸がんの早期発見に有益な内視鏡検査も、麻酔医のもと、痛みなく受けられます。日本語が話せる15人の職員が患者をサポート

3440 Lomita Blvd. #320, Torrance
☎ 310-534-8200
▶ 診療:月〜金9:00am-12:00pm・2:00pm-5:00pm
▶ 休診:土日
▶ 言語:日本語・英語
▶ 保険:海外旅行保険他、各種PPO取り扱い
www.osatoclinic.com


◆ 便に血が混じる

毎年1回の検診が命を救う
「人間は風邪をひいたときは、熱が出たりのどが痛くなったりの症状があります。でも、がんは初期症状が全く出ません。がんから命を守る最大の方法は定期健診です。1人でも多くの方が検診を受けてくださることを、心より願っています」(大里雅治先生)

どうして起こる?
痔が原因の出血の場合、血の色は鮮やかな赤です。大腸ポリープや大腸がん、直腸がんの出血の場合は、ワイン色になります。痔と思っていたら大腸の病気ということもありますので、血便が出たらすぐに病院へ行きましょう。

どんな検査を受ける?
血便が出たときの最も心配な原因は大腸がんです。大腸がんの日本人罹患率(りかんりつ)は男性が世界1位、女性は世界3位であり、毎年、たくさんの日本人が命を落としています。目で血が確認できる血便が出たときはもちろん、大腸がんの心配がある方は毎年1回は便潜血反応検査(右上表参照)を受けましょう。この検査では、内臓からのわずかな出血も発見できます。
大腸がんも胃がんと同じく初期には症状がありません。家族にがんになった方がいる場合は特に注意し、そうでない方も40歳を過ぎたら、念のために大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。



大里雅治先生(中央)
内科・消化器内科医。胃がん、大腸がんの内視鏡治療数年間1000件以上。「隣人を自分のように愛し、仕えなさい」というキリスト教理念に基づき、「愛を持って患者様に仕える」ことを信念としている
◎ 大里メディカルクリニック / Osato Medical Clinic
定期検診による早期発見に力を入れ、院内に人間ドックセンターを併設。胃がんや大腸がんの早期発見に有益な内視鏡検査も、麻酔医のもと、痛みなく受けられます。日本語が話せる15人の職員が患者をサポート

3440 Lomita Blvd. #320, Torrance
☎ 310-534-8200
▶ 診療:月〜金9:00am-12:00pm・2:00pm-5:00pm
▶ 休診:土日
▶ 言語:日本語・英語
▶ 保険:海外旅行保険他、各種PPO取り扱い
www.osatoclinic.com



続きはこちらから

症状から探せる お医者さんナビ (1)
症状から探せる お医者さんナビ (2)
症状から探せる お医者さんナビ (3)
症状から探せる お医者さんナビ (4)