ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

LA映画ロケ地ガイド(5)

Lighthouse編集部


ハリウッド/ ダウンタウン
広大な車社会のロサンゼルスで人間同士がクラッシュできる場所とは?
Crash(2005 年5 月公開))

出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、他
監督:ポール・ハッギス

■ロケ地はココ!
オープニングシーンは、フリーウェイ101 号線North から見えるハリウッドの典型的な景色。屋根が円柱型になっているCapitol Records Building(1750 Vine St.・MAP E-5)は、歴史あるランドマーク的存在だ。
クロージングを飾るのは、車社会を象徴するかのように交錯するフリーウェイ101 号・110 号・10 号・5 号線(MAP D-3) と、夜の闇に浮かび上がるダウンタウンの高層ビル。黒人の若者が、自分がひいてしまった韓国人ドライバー(中国人だと勘違いしているが)の車に詰め込まれていたアジア系移民たちを解放するのは、チャイナタウンのBroadwaySt.(MAP D-1)。黒人の若者2 人組と白人夫妻はサンタモニカ、黒人夫妻と白人警官はスタジオシティーで、それぞれクラッシュする他、ロサンゼルス港やベンチュラ、サンフェルナンドバレーも舞台となっている。


■ストーリー
舞台は人種のサラダボウル、ロサンゼルス。高級住宅地に住むヒステリックな白人妻(ブロック)とエリートの夫(ブレンダン・フレーザー)。黒人を見れば犯罪者と決めつける白人警察官(ディロン)と、その人種差別に違和感を持つ、相棒かつ恋人である警察官(ライアン・フィリップ)。黒人TV ディレクター(テレンス・ハワード)とその妻(サンディ・ニュートン)。イラン人の自営業者とその家族。メキシコ人の鍵職人。カージャックを繰り返す黒人の若者。中年の韓国人夫妻。それぞれが自分と異なる人種に対して持つ偏見と恐怖が生む悲劇と奇跡とは? 2006 年のアカデミー賞最優秀作品。
©2005 Lions Gate Films