ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

プロの技に学ぶ インテリアデザインのコツ(6)
(2006年5月1日号掲載)

Lighthouse編集部

プロ級のアレンジ 好きなものに囲まれた暮らし


ステンドグラスをアレンジ

リビングルームの窓にはドレープのカーテン
を掛け、日差しを調整しながら庭の木々を楽
しめるよう工夫されている 

ロサンゼルスの喧騒から隔離された都会の孤島のように、瀟洒な住宅が建ち並ぶハンコックパークの一角にMさん邸はある。1920年築のトラディショナルなインテリアの中でも、特に目に留まるのは、家のあちこちに効果的に取り入れられているステンドグラス。ガラス製品の収集が趣味というMさん邸には、数多くのガラス製品を飾った趣味の部屋もある。ヨーロッパのオークションなどで購入した珍しいステンドグラスを、家のインテリアの一部に取り入れ、まさに「好きなものに囲まれた暮らし」を実践している。
 


バーカウンターの中央にはティファニーの
ステンドグラスがマッチしている

パリ暮らしの長かったMさんはワインにも精通しており、地下にはワインセラーも。幼い頃から続けているピアノは、座った時に正面には庭の木々、振り返ると裏庭の滝が見えるように配置されている。
 7年ほど前に大改装した時に、「持っているものと一緒に生活する」ことに重点を置いてデザインしたそう。あくまでも心地良い暮らしを追求するMさんの探求心は、ぜひ見習いたいものだ。


ダイニングルームのステンドグラスは元々は
横長のものをアレンジしたもの 


地下を掘って作ったというワインセラーは
一定の温度がキープされている 


天井まであるステンドグラスがコーナーを
華やかにしている