ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

セルフガイド編(2)

Lighthouse編集部

LAドライブ初心者向け
フリーウェイを使わない
おすすめコース


おすすめコース
海岸線をのんびり
1号線ルート

拡大MAPはこちら
1号線の旅はこちら


 アメリカでのドライブ初心者に、まずおすすめできるのが、フリーウェイを使わないルート。カリフォルニアらしい風景が続き、見どころスポットも満載なルートとして、まず頭に浮かぶのが1号線(おすすめコース 法レンタカーも1号線に出やすいところで借りて、そこから出発すれば簡単。あとは、1号線に沿ってひたすら走り、夕陽が沈む前に折り返してくればいい。途中、内陸の道に入っても、また1号線に戻ればいいし、方向も確認しやすい。マリブからダナポイントにかけての1号線の見どころを下に挙げてみた。

.泪螢
岸壁に豪邸の並ぶマリブでは、庭園も美しいThe Getty Villa(17985 Pacific Coast Hwy.・☎310-440- 7300・完全予約制)で古代美術の鑑賞はいかが?買い物はセレブも出現するMalibu Country Mart(3835 Cross Creek Rd.)で。

▲汽鵐織皀縫
ショッピングモールSanta Monica Place(395 Santa Monica Pl.・☎310-394-1049)の駐車場は3時間無料(午後5時以降は有料)。ここに車を停めて、世界一有名な桟橋・サンタモニカピアまで歩こう。公共駐車場は2nd、4thストリート沿いに何カ所かある。


ベニスビーチ
Pacific Ave.と交差したWindward Ave.を西へ。Ocean Front Walk沿いの南北約1.6キロがボードウォークと呼ばれる、にぎやかな通り。土産物屋や出店が並び、大道芸人に観光客が人垣を作る。公共の駐車場もあるが、メーターパーキングか歩くのを覚悟で住宅街に停めても。ただし、時間帯制限に注意。

 
ぅ泪螢淵妊襯譽
1号線(Lincoln Ave.)からWashington Blvd.を西へ 。Via MarinaとAdmiralty Way沿いに世界最大級の人工港・マリナデルレイがある。The Ritz-Carlton, Marina Del Rey(4375 Admiralty Way ・☎310-823-1700)のレストランでハーバーを眺めながら、お茶をしても素敵。


ゥ泪鵐魯奪織鵐咫璽繊織魯皀汽咫璽
ガイドブックではあまり紹介されていないサウスベイのビーチ沿いの街も旅行者には新鮮かも。マンハッタンビーチピアへはManhattan Beach Blvd.を西に向かう。Highland Ave.とManhattan Ave.沿いにレストランやショップが並ぶ。ハモサビーチピアへはPier Ave.を西へ。


Ε譽疋鵐疋咫璽
Torrance Blvd.との交差を海に向かえば、そのままレドンドビーチピアの駐車場に入る。シーフードの店も多く、ダンジネスクラブを木槌で叩いて食べる店も人気。 Avenue Iより南、Catalina Ave.沿いのRiviera Villageもおすすめ。

 
Д魯鵐謄ントンビーチ
サーファーの都。Main St.沿いにはサーファーショップが多い。広い砂浜が特徴で、ビーチバレーやサイクリングなども楽しめる。公共の駐車場もビーチ沿いに広く取られている。

 


┘縫紂璽檗璽肇咫璽
海沿いは半島や島が点在していて面白い。 Balboa Blvd.に入り、Palm Ave.から出るオートフェリーに車ごと乗り、バルボア半島からバルボア島まで渡ってみて。Park Ave.から島のメインストリート、Marine Ave.を北上し、Jamboree Rd.から1号線に戻る。

 


ラグナビーチ
アーティストの街。Forest Ave.など中心地にはギャラリーやショップが並ぶ。Cliff Dr.沿いのHeisler Parkから見下す海岸線の眺めはまるで名画のよう。Forest Ave.やBroadway St.に公共の駐車場がある。

 
ダナポイント
2500隻もの船が停泊する人工港の街。Street of the Blue Lanternの突き当たりにあるKen Sampson Overview Parkからは港全体を眺められる。Street of the Green LanternやStreet of the Golden Lanternからマリーナに降りることもできる。