ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

春を感じる
お花見スポットガイド(1)

Lighthouse編集部

日本でお花見といえば、桜や梅を愛でるものという印象があるが、ここ南カリフォルニアでは、桜を始め、スケールの大きなお花畑に、大自然に咲く花と、さまざまなお花見が楽しめる。日本とはちょっと異なるアメリカならではのお花見に、出かけてみては?


*Lancaster*
見頃:2月中旬〜5月中旬

Antelope Valley California Poppy State Reserve
広野一面に広がる
オレンジ色のポピーの絨毯

カリフォルニア州花、ポピーの自生地を抱えるAntelope Valley California Poppy State Reserve。ロサンゼルスのダウンタウンから北へ約45マイル、フリーウェイ14号線東方面にあるランカスターから、西へ約20マイルに位置する。1745エーカーの広大な丘陸地帯は、1967年にポピーの保護区に指定された。

満開の時期は例年4月中旬。しかし、天候に大きく左右されることから、開花が見られない年もある。しかし、当たり年となれば、なだらかな丘一面が鮮やかなオレンジ色の絨毯と化す。ちなみに、ポピーは太陽が出ている時は花弁を開き、雲天だと閉じてしまう。一輪、一輪の花はとても可憐だが、群生するとその迫力に圧倒されるだろう。

事前に訪問時期を計画し、随時、開花状況を確認(開花ホットラインなど)しておくと、開花時期を逃さない。なお、ビジターセンターは、3月14日からの営業が予定されている。

恒例の「Poppy Festival」は、4月25日、26日(午前10時〜午後6時)に開催される。コンサート、ダンス、インターナショナルマーケット・スクエア、アート、フード、クラフトなど、約200のブースが軒を連ねる。子供たちには熱帯雨林に生息する昆虫やハ虫類、動物などが観察できる「Animal Attractions」が人気。できれば同イベントに合わせて、家族連れで出かけたい。


【California Poppy State Reserve】
☎661-942-0662・661-724-1180(開花情報ホットライン) MAP>>
www.parks.ca.gov/?page_id=627(カリフォルニア州立公園ウェブサイト)
■日の出から日没まで
♦$5(車1台につき)
 $4(62歳以上のシニアが同乗)

【Poppy Festival】
Lancaster City Park
43011 N. 10th St., West Lancaster MAP>>
☎661-723-6077
www.poppyfestival.com
■10:00am〜6:00pm
♦$8(13〜61歳)、$5(62歳以上&6〜12歳)、5歳以下無料


*Van Nuys*
見頃:3月下旬〜4月初旬

©JuanCarlos Chan/Los Angeles Dept of
 Recreation and Parks

Anthony C. Beilenson Park
地元の日本人に大人気
湖畔に咲き乱れる八重桜

サンフェルナンドバレー地区の日本人の間では有名な桜の名所がLake Balboa。フリーウェイ405号線と101号線が交差する北西、バンナイスのセプルベダダムに付設したAnthony C. Beilenson Park内にある。

80エーカーの広い園内には、約3400本の桜が27エーカーの湖畔をぐるりと囲むように植えられている。品種はオオシマザクラの改良種で、やや色が濃いピンククラウド(八重桜)。これらは、1992年にある日本企業から匿名で寄付され植樹されたものだ。澄み切った青空の下、桜の濃いピンクと空の青が見せるコントラストは息を呑むほど美しい。

湖畔では、釣り、カヤック、ウォーキング、ピクニックなどができる。4人乗りのペダルボートをレンタルして、湖から桜を眺めるのもいい。自転車の貸し出しもある(有料)。4つのテーブルが設置された屋根のあるパビリオンは、電話予約(☎818・785・5798)が可能なため、グループで利用したい。

開花は通常3月下旬から4月初旬頃。しかし、2月下旬に開花した年もあるなど、時期は毎年大きく変わる。また、桜の開花時期は短いため、定期的に情報を確認するのがオススメ。


【Anthony C. Beilenson Park】
6300 Balboa Blvd., Van Nuys MAP>>
☎818-756-9743
■日の出から日没まで
♦無料


*San Marino*
見頃:通年

©The Huntington

The Huntington Library, Art Collection, and Botanical Gardens
さまざまな花が通年楽しめる
香りを楽しむ中国庭園も注目

Henry Huntingtonにより1903年に創設された植物園、The Huntington。ロサンゼルス中心部から北東20マイルの閑静な高級住宅地、サンマリノに位置する。現在、約120エーカーまで拡大された敷地内は、絵画や彫刻などを所蔵する図書館や3カ所のアートギャラリー、植物園から成る。

なだらかな起伏の芝生地には、テーマ別に15の庭園が配され、約1万5千種類の植物が観賞できる。1200品種が植栽された3・5エーカーのローズガーデンや、全米でも最大規模の1つとして名高いツバキコレクションなど、季節の花々が彩りを添える。日本庭園では、日本家屋や池、太鼓橋が配された中庭が、古き良き日本を思い起こさせてくれる。

また、昨年初めにオープンしたばかりの中国庭園「流芳園」。その名の通り庭園内には、松や蓮、梅など、香りを放つ植物が豊富に植え込まれ、1・5エーカーの湖や茶室、5つの石橋などを配する。日本庭園と比較してみるのも面白いだろう。

園内中心部に位置する「Rose Garden Tea Room」では、イギリス式のアフタヌーンティーが楽しめる。なお、入場料が無料になる毎月第1木曜日は、事前にチケットの入手が必要になったので、早めに申し込み(☎1・800・838・3006)を。


【The Huntington Library, Art Collection, and Botanical Gardens】
1151 Oxford Rd., San Marino MAP>>
☎626-405-2100
www.huntington.org
■月水木金12:00pm-4:30pm
 土日10:30am-4:30pm、火休館
♦$15(一般)、$12(65歳以上)、$10(学生)、
$6(5〜11歳)、4歳以下無料。週末は$20(一般)、
$15(65歳以上)、左記以外は同上

【Rose Garden Tea Room】
☎626-683-8131
予約受付時間:水〜月9:00am-4:00pm、火 定休(2週間前まで)
♦$24.95+tax(一般)$12.49+tax(4〜8歳)


*La Canada Flintridge*
見頃: 通年

©Descanso Gardens

Descanso Gardens
多彩な花々が楽しめる
注目は世界最大規模のツバキ園

北のサンゲーブリエル山脈、南のサンラファエルヒルに囲まれた植物園、Descanso Gardens。ロサンゼルスから北部へ約20分、フリーウェイ2号線と210号線が交差するラキャナダに位置する。

160エーカーに及ぶ園内では、桜やラッパスイセン、チューリップ、藤など70品種、2万本以上の花が咲き誇る。5エーカーのバラ園「International Rosarium」では、2千品種、4千本の中世から現代までのバラが年代順に配され、見事に植栽されている。園内南東のライラック園では、南カリフォルニアの気候に合わせて60年代に品種改良した、3種類のデスカンソシリーズが見物だ。

なかでも世界最大規模で、同園の最大コレクションであるツバキは必見。日本やイギリス産など400品種、約5万本が20エーカーの敷地内を鮮やかに彩る。9エーカーの「California Native Plants」も合わせて堪能したい。

昨年、「Boddy House」が改装を終えて再オープン(火〜日:午前10時〜午後4時)した。これは、同園の創設者でロサンゼルス・デイリーニュース社主のE. Manchester Boddyの大邸宅。こちらも一緒にチェックしたい。


【Descanso Gardens】
1418 Descanso Dr. La Canada Flintridge  MAP>>
☎818-949-4200
www.descansogardens.org
■9:00am-5:00pm
♦$8(一般)、$6(65歳以上・学生)$3(5〜12歳)、
4歳以下無料