ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

春を感じる
お花見スポットガイド(2)

Lighthouse編集部


*Corona Del Mar*
見頃: 通年

©Stefanie Kristiansen

Sherman Library & Gardens
南加の気候に根ざした
「天国」の異名を持つ庭園

オレンジ・カウンティーのコロナデルマービレッジに位置するSherman Library & Gardens。個人がオフィスとして利用した2・2エーカーの所有地で、「日常のストレスから解放される穏やかなオアシス」をコンセプトに庭園に改装し、1966年から一般公開している。

園芸家たちに「天国」と呼ばれる園内には、庭園を始め、日干しレンガの旧宅、2万1千冊の蔵書を持つ図書館、植物博物館を配する。これらに囲まれるように配された噴水や数々の銅像は、サクラソウやマリーゴールド、パンジーなど季節の花々と共に、穏やかな空間を作り出している。

同園は、落葉中低木のフクシア、ベゴニアやランが有名だ。砂漠植物や温室のラン、シダ類などエキゾチックな熱帯植物を含め、地理学的、植物学的にも興味深いコレクションが多い。巨大なカリフォルニア・ペッパーツリーに囲まれたカクタスガーデンでは、ランなどの花々が太平洋の島々のような雰囲気を提供している。


【Sherman Library & Gardens】
2647 E. Pacific Coast Hwy., Corona Del Mar MAP>>
☎949-673-2261
www.slgardens.org
■10:30am〜4:00pm
♦$3(17歳以上)、$1(12〜16歳)、11歳以下無料、毎月曜無料


*Carlsbad*
3月初旬〜5月初旬

©The Flower Fields

The Flower Fields
数百万本のラナンキュラス群生
50エーカーは虹色に七変化

カールスバッドの海岸近くに位置するThe Flower Fields。

60年以上前に球根栽培事業を目的とした耕作を始めた同園。50エーカー以上もある広い園内は、シーズンになると赤、オレンジ、白、ピンク、紫など色鮮やかに数百万本ものラナンキュラスが、緩やかな傾斜を覆い尽くす。

同フィールドでは、バラのコレクション「Rose and Theme Gardens」も見どころだ。ポインセチアの品種改良の歴史を辿れる「Poinsettia Display」も充実している。スイートピーに囲まれて作られた迷路「Sweet Pea Maze」は大人も子供も楽しめる。

広い園内を快適に見て回るには、園内を1周する「Antique Tractor Wagon Ride」がオススメ(大人5ドル・3〜10歳の子供3ドル)。

開花シーズンは3月初旬から5月初旬の6〜8週間。これに合わせて、園内では3月28日の「Kid's Day」を皮切りに、「Art & Craft Fair」(4月4日・5日、18日・19日)、「Orchid Fair」(4月24日〜26日)、5月10日の「Mother's Day Celebration」まで、さまざまな特別イベントが企画されている。

イベント詳細、開花状況は同園ウェブサイトで要確認。


【The Flower Fields】
5704 Paseo Del Norte, Carlsbad MAP>>
☎760-431-0352
www.theflowerfields.com
■3/1〜5/11・9:00am-6:00pm
♦$10(一般)、$9(60歳以上)、$5(3〜10歳)、
 2歳以下無料


*Valley Center*
5月初旬〜6月下旬

©Ellen Sullivan / The Lavender Fields

The Lavender Fields
ロハス女性に大人気
癒しのラベンダー畑

サンディエゴの北部に位置し、パロマー山脈の麓に広がるThe Lavender Fields。フリーウェイ15号線を南に下ったテメキュラの先、バレーセンター内にある。同畑の始まりは、1998年6月にエレンさんとポールさん夫妻が9エーカーの牧場を購入したことによる。

同畑のラベンダーはすべてオーガニック栽培で、イギリスやフランス原産の28品種、1万6千株以上が植栽されている。手作業で刈り取られたラベンダーを使用する100%オーガニックのエッセンシャルオイルと、花から抽出した水を蒸留して作るソープやキャンドルなどが同畑のギフトショップで購入できる。ロハスな女性から好評を得ている。

今年も5月からオープンで、土曜日と日曜日のみの営業となる予定(正式な営業開始日は要問い合わせ)。ラベンダーの開花の見頃は通常5〜6月頃だ。

個人ツアーは、土曜日と日曜日に開催。20人以上で出かける場合は、事前予約をしておけば、月曜日〜金曜日に約45分間、同園の歴史、ラベンダーの生育などの案内が受けられる。

シーズン中の日中はかなり日差しが強いため、「日焼け止めと飲料水は、必ず持参してください」と同園のエレンさん。


【The Lavender Fields】
12460 Keys Creek Rd., Valley Center MAP>>
☎1-888-839-1489 / ☎760-742-1489
www.thelavenderfields.com
■10:00am-5:00pm 5、6月の土日のみ(予定)
♦無料


*ロサンゼルス近郊の花の名所*

【Exposition Park Rose Garden】
「都会のオアシス」と呼ばれる同園。エクスポジションパーク内、サイエンスセンター正面に広がるバラの名所。1928年から植栽された2万本以上のバラは、4月〜11月頃までが見頃。
701 State Dr., Los Angeles MAP>>
☎213-763-0114
www.laparks.org/exporosegarden/rosegarden.htm
■9:00am-日没(3/16からオープン)
♦無料


【The Los Angeles County Arboretum & Botanic Garden】
アジアやアフリカ、オーストラリアなど原産地別に植栽された127エーカーの植物園。5/1〜/3にある「LA Garden Show」は必見。
301 N. Baldwin Ave., Arcadia MAP>>
☎626-821-3222
www.arboretum.org
■9:00am-5:00pm(入場は4:30pmまで)
♦$7(一般)、$5(62歳以上&学生)、$2.50(5〜12歳)、4歳以下は無料


【Schabarum Regional Park】
ピクニックやキャンプ、ハイキング、乗馬などが楽しめる640エーカーの広大な公園。春の見どころは、水戸の偕楽園から1992年に贈られた約250本の梅や、約115本の桜。
17250 E. Colima Rd., Rowland Heightsr MAP>>
☎626-854-5560
■8:00am-日没
♦無料、週末$4(車1台につき)


【South Coast Botanic Garden】
「パロスバーデス半島の宝石」として知られる植物園。約87エーカーの敷地内では、地中海や南アフリカなどから2500種以上もの植物を抱える。2、3月には、桜やモモ、チェリー、プラムなど果樹が見頃。
26300 Crenshaw Blvd., Palos Verdes Peninsula MAP>>
☎310-544-6815
www.southcoastbotanicgarden.org
■9:00am-5:00pm
♦$7(一般)、$5(62歳以上&学生)、$2.50(5〜12歳)、4歳以下は無料


【Anza-Borrego Desert State Park】
カリフォルニアの州立公園最大の同地では、2月から3月初旬にかけて砂漠の野生の花々が開花を迎える。荒野で鮮やかな花を咲かせるさまざまな植物は、遠出しても見る価値あり。開花状況は、☎760-767-4684(録音メッセージ)で聞ける。また、ツアーについてはAnza Borrego Foundation and Institute(www.theabf.org・☎760-767-4063)に問い合わせを。
3888 South Workman Mill Rd., Whittier MAP>>
☎760-767-4205(ビジターセンター)
■日の出から日没まで
♦無料



(2009年2月16日号掲載)