ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

魅惑のラスベガス(後編)―注目の大型ホテル
Planet Hollywood Resort & Casino

Lighthouse編集部

2007年11月16日、旧アラジンホテルを大改装した新たな巨大ホテル、プラネットハリウッドがオープンした。ラスベガスで激しい変貌を続けるのはホテル業界だけでなく、エンターテインメントの世界も同じこと。カジノの客寄せを意識した世界最高峰のショーから、セレブが出没するナイトクラブの新スポットまで一挙公開。


話題のレストランも登場!
プラネットハリウッドが正式オープン

ハリウッドをテーマに
生まれ変わった新ホテル

セレブも多数参加
盛大なオープニングパーティー

 去る11月16日、ストリップの中央に位置するPlanet Hollywoodが正式にオープン。16日と17日の2日間、グランドオープニングパーティーが盛大に開催された。
 カジノホテル、Aladdinが開業後わずか13カ月で倒産したのは2001年9月28日のこと。その約2年後、レストラン、Planet Hollywood Resort & Casinoを展開するプラネットハリウッド社と、Sheraton、Westin、W、Le Meridienなどのホテルを経営するスターウッド社の企業グループが受け皿企業に決定し、大改修工事がスタートした。改修工事開始からグランドオープンまで、3年以上かかったことになる。
 待望の新ホテルの誕生を祝おうと、パーティーにはセレブリティーを始め、業界関係者ら数千名が参加。華やかな宴は2夜連続で盛大に繰り広げられた。
 グランドオープニングには、プラネットハリウッド社の出資者の1人であるブルース・ウィリスも参加。16日夜には彼率いるブルース・ウィリス・バンドのライブも行われた。また、17日夜にはバーブラ・ストライザンド、アース・ウィンド&ファイアーのコンサートが開催。パーティー会場には、シルベスター・スタローン、エディー・マーフィー、ケビン・スペイシー、アシュトン・クッチャー、デミ・ムーア、デビッド・ハッセルホフら、そうそうたる有名人が集まった。


ハリウッド映画をテーマにした客室。
ゴールドや赤をアクセントカラーにした
グラマラスなデザインが印象的

コンセプトは映画と
ハリウッドグラマー

 では、映画とハリウッドグラマーをコンセプトに誕生した、プラネットハリウッドを順に見ていこう。
 まず、カジノだが、発光ダイオードパネルとプラズマテレビを多用したモダンなデザインに一新された。チョコレートブラウンを基調にしたデザインが、マニッシュかつ都会的な雰囲気を醸し出していて、なかなかお洒落。カジノ内のあちこちに設けられたお立ち台で、セクシーな衣装を身にまとった女性ダンサーが踊るなど、華やかな演出も用意されている。また、露出度の高い衣装を身に付けたキュートな女性ディーラーがサービスしてくれる「プレジャーピット」と名づけられたセクションもあり、男性客の人気を呼んでいる。
 次に客室だが、こちらも映画をコンセプトにリモデルされた。1番の目玉は、客室内に映画の撮影で使われた衣装や小道具など、メモラビリアが展示されていること。展示物は強化ガラスで保護されているので手に取ることはできないが、本物の衣装や小道具が客室内というプライベートな空間でじっくり鑑賞できるのは、映画ファンにはたまらないだろう。
 デザインもモダンかつグラマラスでお洒落。大型のプラズマテレビもあり、Aladdin時代に比べると、ひと回りもふた回りもゴージャスになった印象だ。ただ、現在リモデルが完了しているのは全客室の3分の1程度で、全部のリモデルが完了するのは早くても来年末頃だ。


250台の大型プラズマテレビを備えたカジノ。
チョコレートブラウンを基調にした
デザインもスタイリッシュ

【Planet Hollywood Resort & Casino】
3667 S. Las Vegas Blvd., Las Vegas
☎702-785-5555
www.planethollywoodresort.com