ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

フリーマーケットへ行こう!(2)

Lighthouse編集部


LONG BEACH OUTDOOR ANTIQUE & COLLECTIBLE MARKET
【ロングビーチ】

ハーシーズなどのキャンディーの
空き箱も立派なコレクターアイテム!

アンティークに特化したフリマは
マニアックなコレクターアイテムがズラリ

 ロングビーチ・シティーカレッジのベテランズ・メモリアルスタジアムの駐車場を会場に、毎月第3日曜日に開催されているアウトドア・アンティーク&コレクタブルマーケットも、骨董好きなら見逃せないフリーマーケット。1982年に始まった同フリマ。出店数は約800店と、ローズボウルのフリマに比べ規模こそ小さいが、アンティークとコレクター商品だけに特化しているので、ファンにはたまらない。

 70年代の古着を売るブースの隣に、中国の骨董を並べるブースがあったり、インディアンジュエリーを売る店があったりするあたりは、フリマならでは。1930年代の食器、フィエスタは、最近人気急上昇中のコレクターアイテム。カラフルな色とシンプルな形が特徴で、価格も1点25〜50ドル程度と比較的手頃。「シャルトリューズ色とフォレストグリーンが珍しくて、コレクターの間では高値で取引されているみたいですよ」と店主のエステル・ハウエルさん。

 一方、ノスタルジックな色合いと、独特の風合いがユニークなバークライト製のアンティークジュエリーを売るのは、パティー・ユールさん。「古い物だと1920年代ぐらいの物もあるかしら。この質感はアンティークジュエリーならではですよね」と話す。古い家具にペイントを施したオリジナル家具を売っているのは、アナ・エリザベスさんだ。バラの花などが描かれたオフホワイトのテーブルやチェストは、フェミニンでエレガント。「すべて手作り、1点モノですよ」ということだが、ドレッサーで250ドルと、意外にもお手頃価格だ。


古い家具にペイントを施し、美しく
よみがえらせる。すべて1点モノ

キャンディーの空き箱も
立派なコレクターアイテム

 「こんな物を集めている人がいるのか?」とびっくりしてしまう商品も多数ある。その1つが、「ステレオビューカード」と呼ばれるカードだ。一見、絵葉書のような紙切れなのだが、これを専用のビューアーを使って見ると、3Dのように立体的に見えるから不思議。3Dは最近の発明かと思っていたが、古い物になると1850年に作られた物もあるという。値段は高い物で1枚750ドル! 「ここにはないけれど、1枚1万ドルぐらいする物も出回っているんだ。なかでも高価なのは、南北戦争当時の物かな」と店主のチャック・レインクさん。聞けば、映画やテレビができる以前は、この3Dカードは大切な娯楽だったのだとか。「楽しみで見る物もあるけれど、教育目的で作られた物もあったんだよ。海外の暮らしや文化、歴史をテーマにした物が多いのはそのためなんだ」。

 もう1つの驚きアイテムは、古いキャンディーの空き箱だ。ハーシーやマーズなど、現在も売られている菓子の箱なのだが、これが何と50〜100ドルで売られている。また、店舗で使われていたディスプレイケースはさらに高価で、150ドル前後。興味のない人には単なるガラクタだが、コレクターはちゃんと存在し、高値で取り引きされている。


ネイティブアメリカンが手作りした
ジュエリーは、素朴なデザインがいい感じ

★Long Beach Outdoor Antique & Collectible Market★
5000 Lew Davis St., Long Beach
☎323-655-5703
www.longbeachantiquemarket.com
開催日:第3日曜 5:30am-3:00pm
入場料:$10(6:30amまで)、$5(6:30am以降)