ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

我が家のバイリンガル事情 その❶

Lighthouse編集部


■ 帰国後の学校が心配

◎平福ちかさん(在米7年) 
◎子供:14歳女子、10歳男子 
◎帰国予定あり(時期未定)

 長女は2年生で現地校に入りましたが、たまたま日系人の先生で片言の日本語を話す方だったので、とても良く面倒を見ていただきました。最初の半年は週1回1時間、日本語が話せる家庭教師をつけていました。英語がうまくなるには、英語を話すお友達を作ることではないでしょうか。

 家では基本的に日本語を話すようにしていますが、お友達が来た時には英語で話すようにしています。滞在期間が長い分、英語の勉強より、逆に日本語の読み書きが大変で、特に漢字を覚えさせるのには苦労しています。いつ帰国になるかわからないので、高校や大学進学など、将来の学校のことなどが心配です。

(2005年5月16日号掲載)