ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

「頑張れニッポン!」応援ガイド *注目選手(3)*

Lighthouse編集部


男体操子
■冨田洋之(Hiroyuki Tomita)■

© JIJI
所属:セントラルスポーツ
生年月日:1980年11月21日
五輪出場歴:
【2004年アテネ大会】
 団体総合金メダル、平行棒銀メダル

団体体操の立役者

アテネ五輪の団体総合で、実に28年ぶりの金メダルをチームにもたらし、日本中を大きな感動の渦に包んでくれた男子体操チーム。その立役者となったのが、エースの冨田だ。オリンピック後はケガに悩まされ、昨年9月に行われた世界選手権では、個人総合で12位と惨敗。しかし、日本チームを夢の団体2連覇へと引っ張るのは、やはり冨田しかいない。団体総合では、中国との一騎打ちが予想されており目が離せない。再び「体操王国ニッポン」の名を、世界にとどろかせてほしいものだ。


シンクロナイズドスイミング デュエット
■原田早穂(Saho Harada)■

© JIJI
所属:ミキハウス
生年月日:1982年11月5日
五輪出場歴:
【2004年アテネ大会】
 チーム銀メダル

宿敵ロシアをつぶす

ソウル五輪の銀メダリスト、小谷実可子に憧れて、シンクロを始めたという原田。初めての五輪出場となったアテネでは晴れて、憧れの大先輩と同じ色のメダルを手にすることができた。2回目の五輪となる北京の抱負は、「いい結果を出して笑顔で終えること」。宿敵ロシアのほか、スペイン、中国も力を付けてきているシンクロ界。アテネ以上の厳しい戦いになることは必至だ。


テニス 男子シングルス
■錦織 圭(Kei Nishikori)■

© JIJI
所属:IMGボロテリー・アカデミー
生年月日:1989年12月29日
五輪出場歴:なし

若さが輝く王子さま

18歳2カ月でATPツアー初優勝を達成した、日本テニス界の若きエース。「テニス王子」として人気沸騰中の彼が、推薦枠で北京出場を決めた。日本男子のシングルス出場は1996年アトランタ五輪の松岡修造以来で、18歳は史上最年少。「日本を代表するのは最高の名誉、本当にうれしい」とコメントし、「北京ではメダルのために戦う」と意気揚々だ。


バレーボール 男子
■山本隆弘(Takahiro Yamamoto)■

© JIJI
所属:パナソニック・パンサーズ
生年月日:1978年7月12日
五輪出場歴:なし

大砲が放つ強烈スパイク

バルセロナ大会以来16年ぶりの五輪出場を決めた男子バレーボール。率いるのは植田辰哉監督、そしてチームを勝利へと導くのは、日本が誇るスーパーエース、山本隆弘だ。201僂猟洪箸肇汽Ε好檗爾魍茲した強烈なスパイク、逆回転ジャンプサーブが武器。バレー界では「ニッポンの大砲」の異名を取る彼が、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。


バレーボール 女子
■高橋みゆき(Miyuki Takahashi)■

© JIJI
所属:NECレッドロケッツ
生年月日:1978年12月25日
五輪出場歴:なし

エースは小柄なアタッカー

2年連続の五輪出場を果たした女子バレーボール。日本女子が悲願のメダルを獲得できるかどうかの鍵を握るのが、エース高橋だ。アタッカーとしては小柄ながら、マークをかいくぐっての速い攻撃、相手のブロックアウトを狙うスパイク、センターとからんだ時間差攻撃を得意とする。アメリカ、中国、キューバ、ブラジルなどの強敵を相手に、どんな活躍を見せてくれるか。