ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

気軽に相談、任せて安心
日本語が通じる弁護士・法律事務所(8)

Lighthouse編集部

困った時はすぐ相談!
日本語サービスを提供する法律事務所慣れない土地で暮らす日本人にとって、問題が起こった時に頼れるのが弁護士。だからこそ、日本語でじっくりと相談したい。そこで、日本語サービスを提供する法律事務所を大紹介。自分のニーズに合う弁護士を探し、快適なアメリカ生活を送りましょう。

◎当記事は、特定の弁護士や法律事務所のサービスを、ライトハウス編集部が推薦・保証するものではありません。相談者ご自身が、個人の責任においてご利用ください。



San Diego
デボラ・チュウ弁護士
Deborah Chew & Associates

10509 Vista Sorrento Pkwy. Suite 120, San Diego
☎858-228-5564 Ex.803( 日本語・法子さん)
・Ex.800( デボラ弁護士)
Web: www.deborahchew.com
E-mail: deborahchewvoss@yahoo.com

◆相談受付分野:移民法
◆受付時間:Mon-Fri 9:00am-6:00pm(時間外相談あり)


米国とシンガポール合わせて約20年の経験を持つ移民法専門のチュウ弁護士。
 
チュウ弁護士自身、シンガポールの大学卒業後、単身アメリカに渡り、弁護士資格を取得した経歴を持つため、移民局に申請中の顧客の不安も理解し、丁寧に対応してくれる。

日本人の顧客も多く、なかには13年間E-1ビザを取得できなかった人が、同事務所から申請した途端、2〜3週間のうちに取得できた例もあったとのこと。

「私たちの毎日の努力で、皆さんの生活を変えられると信じています。この国に住んで貢献したいという、皆さんのアメリカンドリームを叶えるお手伝いをしていきたいです」と、同弁護士。




San Diego
平義克己弁護士
Law Offi ce of Katsumi Hiragi

5252 Balboa Ave. Suite 806, San Diego
☎858-560-6044(日本語)

◆相談受付分野:商法、不動産、離婚
◆受付時間:Mon-Fri 10:00am-6:00pm


ロサンゼルス、サンディエゴで26年の実績と経験を持ち、地元の法曹界へのネットワークも広いベテラン弁護士。カリフォルニア州とハワイ州の弁護士資格を有する平義弁護士は、広島県出身で在米38年。商業物件売買、リース契約書作成等の不動産、債権回収等の商法、離婚や結婚契約書作成、遺言書、Living Trustなど、財産相続、移民等、個人からビジネスまで幅広く対応している。

大家とのトラブル、飲酒運転等の弁護、土地・家の売買に関する問題の解決、財産の守り方、離婚をなるべく穏便に済ませる方法等、日常生活に密着したレベルの相談にもきめ細かく応えてくれる。弊誌ウェブサイト(www.us-lighthouse.com/sandiego/)にて、法律コラムを発信中。日米のニュースから身近に起こりやすい問題を取り上げ、誰にでもわかりやすい解説・アドバイスを紹介している。




San Diego
マイケル・E・ムーア弁護士
Law Offi ces of Michael E. Moore

401 W. A St. Suite16, San Diego
☎619-234-4114(日本語)
Web:www.usbengoshi.com
E-mail: secretary@usbengoshi.com

◆相談受付分野:交通事故、離婚、雇用法、飲酒運転、
        刑事事件、商法、商標、ビジネス訴訟
◆受付時間:Mon-Fri 8:30am-5:00pm(時間外相談あり)


カリフォルニア大学サンタバーバラ校、サンタバーバラ・カレッジ・オブ・ローを卒業後、同法律事務所を設立。滋賀県庁にて3年間勤務の経験を持ち、日本の文化・慣習、商業上の慣習などに精通。流暢な日本語を話す、親しみやすいアメリカ人弁護士。

カリフォルニア州すべての裁判所における弁護士資格を所有し、連邦裁判所においても同様の資格を所有している実力派。ムーア弁護士、事務所スタッフ共、日本語で対応してくれる。

日本語のウェブサイトも充実し、インターネットからの問い合わせ、予約も可能。クライアントの依頼には、最後まで親身になって、問題の解決に全力を尽くし戦ってくれる。

アメリカの大手法律事務所を雇った、日米双方の大手企業を相手に勝訴することにも成功している。



(2009年2月1日号掲載)