アメリカでのバイリンガル子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践・バイリンガル子育ての秘訣」のバックナンバーをご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

やる気の育て方

船津 徹(TLC for Kids代表) 「うちの子は何事にもやる気がありません」。小学校3~4年生頃の子どもを持つ親の相談を受けることが多くあります。もともと、この子どもたちにやる気がなかったかというと、そうではありません。幼い頃は、遊びも学びもやる気満々で取り組んでいた子どもたちです。   日本語と英語、日本とアメリカ。二つの言葉と文化の中で生きる子ども …
»アメリカでのバイリンガル子育て「やる気の育て方」の続きを読む

強みを伸ばす子育て

船津 徹(TLC for Kids代表) グローバル化の進行に伴い、ヒト・モノ・カネの国境を越えた移動は、もはや一部の人の問題ではなくなりました。世界人口の30人に1人が自国以外に暮らす現在、日本だけがグローバル化の波から逃れることはできません。グローバル化の波はアジア諸国を飲み込みました。韓国では大企業の国際化が進み、英語が話せない人、専門技能・知識を持た …
»アメリカでのバイリンガル子育て「強みを伸ばす子育て」の続きを読む

未来型スキルを身に付ける!

船津 徹(TLC for Kids代表) 現代は「先の見えない社会」です。今日正しいことが明日には間違ったことに変わってしまう、そんな常識や価値観の大変動が日常的に起きています。医療やテクノロジーはもちろん、ダイエットから教育まで、日々新しい発見や検証がなされ、今までの常識は一夜にして塗り替えられてしまいます。現代は、一体何を信じればいいのか分からない時代な …
»アメリカでのバイリンガル子育て「未来型スキルを身に付ける!」の続きを読む

幅広いコミュニケーション力をつける

船津 徹(TLC for Kids代表) 「大人の話に口を出さないの!」「子どもはあっちで遊んでいなさい!」親子で集まる時、大人は大人、子どもは子どもと分けるものだと思っていませんか?親戚の集まりで、子どもが大人の話に聞き耳を立てていると「あっちに行っていなさい!」なんて追い払った経験はありませんか?子どもは大人の話に興味津々です。でも大人側が子どもに聞かれ …
»アメリカでのバイリンガル子育て「幅広いコミュニケーション力をつける」の続きを読む

自分で考え自分で表現する力の育て方

船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの学校に子どもが通い始めた時に戸惑うのが授業スタイルの違いです。日本の講義型の授業とは異なり、アメリカは参加型(アクティブラーニング)が一般的です。生徒には、議論に参加すること、意見を発言することが要求されます。黙っていると「理解していない」「考える気がない」「参加する気がない」とマイナスの評価をされてしまい …
»アメリカでのバイリンガル子育て「自分で考え自分で表現する力の育て方」の続きを読む

バイリンガル子育ては自信育て

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 子どもが現地校の授業を楽しみ、意欲をもって学習に取り組めるようになるには「英語の読書力」を育ててあげることが大切です。英語の読書力が身に付けば、子どもは自力で語彙と知識を増やし、思考と学力を伸ばすことができます。「現地校に通っていればいつか読めるようになるだろう」と読書力の発達を学校任せに …
»アメリカでのバイリンガル子育て「バイリンガル子育ては自信育て」の続きを読む

読書教育の重要性

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 子どもが現地校の授業を楽しみ、意欲をもって学習に取り組めるようになるには「英語の読書力」を育ててあげることが大切です。英語の読書力が身に付けば、子どもは自力で語彙と知識を増やし、思考と学力を伸ばすことができます。「現地校に通っていればいつか読めるようになるだろう」と読書力の発達を学校任せに …
»アメリカでのバイリンガル子育て「読書教育の重要性」の続きを読む

帰国後の英語力の維持について

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 海外駐在を終えて日本に帰国することになった時、心配なのが「子どもの英語力の維持」です。アメリカで苦労して身に付けた英語力をどうやったら日本でもキープできるのでしょうか?特に年齢が低い子どもの場合、日本の学校に通い始めるとあっという間に英語を忘れてしまうので深刻です。帰国後に英語力を維持する …
»アメリカでのバイリンガル子育て「帰国後の英語力の維持について」の続きを読む

コミュニケーション力を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの学校に通い始めた日本人の子どもが最初にとまどうのが、日米のコミュニケーションスタイルの違いです。自分の考えや意見を明確にする、イエス・ノーをはっきり言う、授業中は積極的に発言する。日本の学校では先生の話を聞いてさえいればよかったのに、アメリカでは授業に参加しなければ評価が下がって …
»アメリカでのバイリンガル子育て「コミュニケーション力を育てる」の続きを読む

学齢期の子供の学校適応

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 海外転勤などで小学生の子どもを連れて海外に移り住むケースがあります。両親は「このチャンスを活かしてバイリンガルに育てよう!」と意気込む反面、「本当に英語ができるようになるのか」「授業に付いていけるのか」「日本語が遅れるのではないか」「友達はできるか」など不安でいっぱいになります。家族で海外 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「学齢期の子供の学校適応」の続きを読む

英語の読解力を育てるには

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) バイリンガル育児で見落とされがちなのが英語の「読解力」の育成です。英語の「会話力」は現地校に通っていれば自然に身に付けることができます。しかし、英語の文章を読み解く力は訓練を継続しなければ身に付きません。「親が英語苦手だから!」と英語のサポートを怠っていると、子どもに満足なコンプリヘンショ …
»アメリカでのバイリンガル子育て「英語の読解力を育てるには」の続きを読む

どう違う?英語の会話力と読書力

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) バイリンガル育児を成功させる重要なポイントは、英語を「話す力」と「読む力」を区別すること。この2つを「英語力」と一緒くたに考えていると、子どもの英語力は伸び悩み、学業で苦労することになります。英語を「話す力」と「読む力」は全く異なる発達をします。両親は2つの英語力を区別し、それぞれに必要な …
»アメリカでのバイリンガル子育て「どう違う?英語の会話力と読書力」の続きを読む

2つのコップを言葉で満たす

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) バイリンガルに育った人の頭の中がどうなっているのか、不思議に思ったことはありませんか?どうしたら日本語と英語を自在に使い分けることができるのか?私たちは英語を頭の中で一度日本語に訳して理解しますね。バイリンガルも同じように言葉を翻訳しているのでしょうか?実はバイリンガルの人は頭の中に日本語 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「2つのコップを言葉で満たす」の続きを読む

バイリンガルの特性を活かす

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 子どもをバイリンガルに育てるには、親子が長期間にわたってコツコツと努力を継続しなければなりません。でも苦労してバイリンガルに育てたその先には何があるのでしょうか?バイリンガル育児の実践は子どもにどのようなメリットをもたらすのでしょうか?確かに2つの言語を話せれば、大学進学や就職での選択肢は …
»アメリカでのバイリンガル子育て「バイリンガルの特性を活かす」の続きを読む

アメリカの学校適応を促すには

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 学齢期の子どもを連れてアメリカに移り住むことになった場合、最初に配慮すべきが子どもの学校適応です。ある日突然、自分の意思とは無関係に、言葉も文化も異なるアメリカの学校に放り込まれ「英語で」授業を受けなければならない子どもは、両親が想像する以上につらい思いを経験します。先生が何を言っているの …
»アメリカでのバイリンガル子育て「アメリカの学校適応を促すには」の続きを読む

スタートダッシュで差をつけよう

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの学校は8月中旬から下旬にかけて新しい学年がスタートします。バイリンガルの子どもがスムーズに新学年に適応するには、夏休み中に子どもの生活面と学習面のリズムを整えておくことが大切です。生活環境が一変する夏休み明けは、多くの子どもに情緒不安や集中力の低下が見られるので注意が必要です。夏 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「スタートダッシュで差をつけよう」の続きを読む

日米学校教育の大きな違い

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカと日本の学校教育の最も大きな違いは「ハードスキル」と「ソフトスキル」の比重です。ハードスキルとはテストで測定できる知識や技術のこと。ソフトスキルはテストで測定できない技能のことで、コミュニケーション、クリティカルシンキング、問題解決力、協調性、周囲への影響力などを指します。日本の学 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「日米学校教育の大きな違い」の続きを読む

夏休み明けは要注意!

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの長い夏休みが終わって現地校生活が始まると、多くの子どもが情緒不安定になります。夏休み前までは元気に学校に通っていたのに「学校に行きたくない」とぐずったり、幼い子どもですと、指しゃぶり、おねしょ、母親から離れられないなど、赤ちゃん返りの症状が表れます。夏休み明けの情緒不安定は子ども …
»アメリカでのバイリンガル子育て「夏休み明けは要注意!」の続きを読む

夏休みの過ごし方

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの長い夏休みをどう過ごすか。これはバイリンガルの子どもにとって重要なテーマです。英語力でハンディがある子どもが、夏休みを遊んで過ごしてしまうと英語力は錆びついてしまいます。夏休みはアメリカの学校生活をがんばってきたご褒美の「遊ぶ時」ではなく、新学年に向けての準備期間です。 アメリカ …
»アメリカでのバイリンガル子育て「夏休みの過ごし方」の続きを読む

駐在員家庭のバイリンガル子育て

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 駐在など期間限定でアメリカに滞在する家庭のバイリンガル子育ての目標は、子どもに「一生使える英語力」を与えることでしょう。2~3年の限られた期間でも、適切なサポートを与えれば、帰国後も一生失うことのない、高度な英語力を身に付けることができます。一生使える英語力とは、具体的には英検準1級以上、 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「駐在員家庭のバイリンガル子育て」の続きを読む

放っておいても英語力は育たない

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 海外子育てをしている両親の多くは「現地校(ELLプログラムを含む)に通わせておけば英語力は身に付くだろう」と思っています。そのため、子どもの英語力を学校任せにする傾向があります。実は、これこそがバイリンガル子育ての最大の誤解であり、子どもの学力獲得や学校適応を難しくしている原因です。現地校 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「放っておいても英語力は育たない」の続きを読む

勉強ができる子の育て方

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 学生になった子どもを持つ父兄から「子どもが勉強嫌いで困っています」という相談をよく受けます。私は「勉強好きにすることよりも、勉強が苦にならない習慣を育てる努力をしてください」とアドバイスします。今までさまざまなタイプの子どもを見てきましたが、勉強ができる子に共通しているのが「勉強が苦になら …
»アメリカでのバイリンガル子育て「勉強ができる子の育て方」の続きを読む

アメリカのELLについて

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) ニエベス・ガルシアさんは6歳のときにメキシコからカリフォルニアに移住してきた。そして小学校の大半をELL(English Language Learner、英語学習者)として過ごした。彼女は学校生活で必要な英語力を身に付けてからもELLから解放されることはなかった。現在、母親となった彼女は …
»アメリカでのバイリンガル子育て「アメリカのELLについて」の続きを読む

学校ボランティアに参加しよう

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの学校教育への馴染みがなく、また、英語が苦手な日本人父兄は子どもの勉強を学校任せにする傾向があります。「現地校に通わせておけば勉強は何とかなるだろう」と考えるのは危険です。子どもが、自分の努力だけで英語力と学力を身に付けていくことは困難です。アメリカの小学校には教科書がないため、両 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「学校ボランティアに参加しよう」の続きを読む

家庭で英語力をサポートする

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表)  子どもの英語力には「生活英語力」と「学習英語力」があります。「生活英語力」は社会生活で必要な英会話力。「学習英語力」は現地校の授業で要求される読解力・論理的思考力・ライティング力など高度の認知や思考を伴う英語力です。バイリンガル子育てではこの2つを区別し、それぞれの発達に必要な教育や環境 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「家庭で英語力をサポートする」の続きを読む

根拠のない自信を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 海外での子育てでは子どもの自信を育てることが大切です。自分の意思とは無関係に異文化への適応を余儀なくされる子どもは、親が想像する以上に多くのストレス、戸惑い、不安に直面します。慣れ親しんだ言葉や習慣が通用しない集団社会(現地校)に入るとき、誰でも多かれ少なかれ劣等感を覚えたり、自信喪失を経 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「根拠のない自信を育てる」の続きを読む

ソーシャルスキルを育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの子育てで留意すべき点に「ソーシャルスキル」があります。これは集団や社会で周りの人たちと良い人間関係を形成していく力のことです。バイリンガルの子どもが、学校に通い、さらに社会に出て行く過程で、ソーシャルスキルは、環境適応を促進し、アメリカの生活をより楽しく、快適にしてくれる役割を持 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「ソーシャルスキルを育てる」の続きを読む

競争心を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカは自由と平等を重んじる国です。万人に自由と平等を保障するということは競争が激しい社会ということでもあります。集団や協調を重んじる日本では子育てや教育に競争を持ち込むことは少ないですね。しかし、競争文化の国アメリカでの子育てでは「競争心の育成」に目を向けることが必要です。日本で競争心 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「競争心を育てる」の続きを読む

国際性を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) バイリンガル子育てを実践している父兄は、子どもを世界で活躍できる「国際人」に育てたいと望んでいることでしょう。日本で国際人といえば、真っ先に思い浮かぶのがバイリンガルです。しかし、外国語が話せる=国際人ならば、世界中のバイリンガルは皆国際人ということになります。アメリカは移民の国です。2カ …
»アメリカでのバイリンガル子育て「国際性を育てる」の続きを読む

考える力を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカの学校に子どもが通い始めると「クリティカルシンキング」という言葉を耳にするようになります。文字通り「考える力の育成」のことで、アメリカでは1980年代以降、その必要性が盛んに強調されるようになりました。しかし、具体的に授業でどのように「クリティカルシンキング」を指導しているのか、ア …
»アメリカでのバイリンガル子育て「考える力を育てる」の続きを読む

夏休みが子どもの進路を決める

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) もうすぐ子どもたちが待ちに待った夏休みです。アメリカの学校は、一般的に、6月初旬から8月下旬まで3カ月近い夏休みがあります。日本で夏休みといえば、子どもたちが思いっきり外で遊ぶ時。しかし、アメリカの学校に通うバイリンガルの子どもにとっての夏休みは、弱点を克服したり、普段できない活動に取り組 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「夏休みが子どもの進路を決める」の続きを読む

両親のサポートが子どもを伸ばす

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 日本語を母語とする子どもが、英語を身に付け、アメリカの学校に適応していく道のりは平坦ではありません。多くの子どもは十分なサポートを得ることができないため、自分の力で困難を乗り越え、英語力と学力を伸ばしていかなければなりません。アメリカは英語を第二言語(ESL/ELL)とする子どものプログラ …
»アメリカでのバイリンガル子育て「両親のサポートが子どもを伸ばす」の続きを読む

日米の意思表現 スタイルの違い

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカは移民の国です。さまざまな人種、民族、文化を持つ人たちが一つのコミュニティーを構成しています。多様な価値観が混在する社会で、人々が快適に暮らしていくには、お互いが考えを伝え合い、相互理解を深めていくことが要求されます。日本人から見るとアメリカ人の意思表現は率直すぎて、思いやりに欠け …
»アメリカでのバイリンガル子育て「日米の意思表現 スタイルの違い」の続きを読む

欧米流コミュニケーションスキルを育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) アメリカで暮らす日本人の子どもたちに求められるものが、欧米流のコミュニケーションスキルです。「以心伝心」に代表されるように非言語コミュニケーションを重んじる日本人にとって、自分の気持ちを伝えたり、意見を主張するのは苦手分野です。しかし、アメリカで育つ子どもが、欧米流のコミュニケーションスキ …
»アメリカでのバイリンガル子育て「欧米流コミュニケーションスキルを育てる」の続きを読む

日本語を維持するには

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 海外で暮らす日本人の子どもが、日本語を維持・向上させていくのは長く険しい道のりです。子どもがまだ小さい頃は日本語を育てるのは簡単です。両親が日本語で語りかけ、絵本の読み聞かせをすれば、子どもはどんどん日本語を吸収していきます。ところが、現地の小学校(完全英語環境)に通い始めると、順調だと思 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「日本語を維持するには」の続きを読む

学習英語力を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 子どもの英語力には「生活英語力」と「学習英語力」があります。「生活英語力」は社会生活を送るために必要な英会話力。「学習英語力」は学校の授業で要求される読解力や作文力など高度な認知と思考を伴う英語力です。バイリンガル子育てを成功させるカギは、二つの英語力を明確に区別し、それぞれの発達に必要な …
»アメリカでのバイリンガル子育て「学習英語力を育てる」の続きを読む

個性を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 海外で暮らすバイリンガルの子どもは、二つの言葉と文化の狭間で成長しています。彼らは成長の中で、多かれ少なかれ、アイデンティティーの揺らぎを経験します。自分は日本人なのかアメリカ人なのか、日本の集団主義とアメリカの個人主義のどちらの価値観で行動すべきなのか、日本文化とアメリカ文化のどちらを優 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「個性を育てる」の続きを読む

日本語の土台を 早期に築かせよう!

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) 子どもを将来、バイリンガルに育てたいと望むのならば、言葉の優先順位を間違ってはいけません。両親とも日本人の家庭では、何よりも子どもの日本語の土台を育てることを優先させなければなりません。というのも、複数の言語環境で育つ子どもは、言葉の軸である「母語」が弱く、不安定になりがちで、その結果、情 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「日本語の土台を 早期に築かせよう!」の続きを読む

英語力を伸ばすには?

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) バイリンガル子育てで見落としがちなのが「英語の読み書きの力」です。英会話力はアメリカの学校に通えばどの子も自然に身に付けられますが、読み書きの力は系統的な指導を受けなければ身に付きません。もちろん現地校で英語の読み書きを教えてもらえますが、バイリンガルの子どもが、学校の授業だけで読み書きを …
»アメリカでのバイリンガル子育て「英語力を伸ばすには?」の続きを読む

バイリンガル子育てはノウハウが大切

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表) この度、ライトハウス誌面で「アメリカで実践、バイリンガル子育ての秘訣」を連載することになりました、バイリンガル教育カウンセラーの船津徹(ふなつとおる)です。これまで、日本とハワイで20年にわたって、約2千名以上のバイリンガルキッズ教育に関わってきた私の経験が、海外で子育て奮闘中のお父さん、 …
»アメリカでのバイリンガル子育て「バイリンガル子育てはノウハウが大切」の続きを読む