米国大学進学ガイダンス

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について、サンフランシスコ・ベイエリアを拠点に、中・高校生の進学指導や大学生・大学院生のキャリア指導を行う教育コンサルタントが、大学進学の準備から、日本の大学との違い、奨学金制度などについて解説します。

原田 誠

国際的に活躍する人材育成を目指し、MACS Career & Educationを設立。

日米の入試制度改革

2016年は、日米ともに大学入試制度において大きな変革の年となりました。日本では、16年3月に文科省の諮問機関である「高大接続システム改革会議」の最終報告がまとまりました。これにより「大学入試センター試験」の廃止や「英語4技能試験」「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」等の導入に向けた準備が本格的に始動するなど、抜本的な入試制度の改革がスタートしました。 …
»米国大学進学ガイダンス「日米の入試制度改革」の続きを読む

ミュージシャンの大学進学

アメリカの高校生の多くはさまざまな課外活動に参加しています。音楽に積極的に取り組む高校生の中には、大学でも音楽を続けたいと考えている人も数多くいます。今回は、大学で音楽を学びたい学生の進学方法についてご説明します。 音楽を主専攻とする学生の進学先は、大学の音楽学部とコンサバトリー(音楽学校)の2つに大別できます。 音楽も学びたいけれど普通の大学生活も楽しみた …
»米国大学進学ガイダンス「ミュージシャンの大学進学」の続きを読む

特集:どちらに進む?日本vsアメリカ大学徹底比較

日本人の親を持つアメリカ育ちの子供にとって、日本とアメリカ、どちらの大学に進学するかは人生の大きな選択。駐在か永住か、本人の英語力や適性、ビザや就職問題など、さまざまな要素がからみ合い、そのケースは千差万別だ。 日米大学の基礎的な予備知識と、両国の大学進学の現状についてまとめてみた。 ※本コンテンツは「ライトハウス 2010年5月1日号」に掲載されました。最 …
»米国大学進学ガイダンス「特集:どちらに進む?日本vsアメリカ大学徹底比較」の続きを読む

特集:教育のプロに聞く!アメリカ&日本の大学進学事情

世界最高峰の大学教育を誇るアメリカで、学ぶ価値とは? 本特集では、各分野のプロフェッショナルにお話を聞き、アメリカの大学教育の特徴や学費・奨学金の情報、求められる学生像についてまとめました。また、日本の大学進学事情についての情報も盛り込み、アメリカもしくは日本の大学に進んだ学生体験談も紹介します。 ※本コンテンツは「ライトハウス 秋の増刊号 2016年」に掲 …
»米国大学進学ガイダンス「特集:教育のプロに聞く!アメリカ&日本の大学進学事情」の続きを読む

特集:社会人ど真ん中の 大学・大学院進学 〜短大から4年制大学、オンラインMBAまで…〜

経験を積んだ社会人でも、新たに大学や大学院などで学ぶことで、さらにステップアップでき、視野が広がります。人生をより豊かにする社会人進学を取り上げました。 教育に投資して人生の選択肢を広げる 今回の特集に先駆け、取材対象者を募ったところ、多くの読者の皆さんからご応募を頂きました。進学した学校の種類も、公立の2年制大学コミュニティーカレッジをはじめ、4年制大学、 …
»米国大学進学ガイダンス「特集:社会人ど真ん中の 大学・大学院進学 〜短大から4年制大学、オンラインMBAまで…〜」の続きを読む

リーズナブルな学費で進学する方法

アメリカの大学は、その質の高い教育が世界的にも高く評価されていますが、一方で高騰する学費は、家計を圧迫する深刻な問題となっています。しかし、さまざまな手段を用いてリーズナブルな学費で進学する学生も少なくありません。今回は、リーズナブルな学費で進学する方法をご説明します。 COAとネットプライス 学費を理解する上で重要なキーワードがコスト・オブ・アテンダンス( …
»米国大学進学ガイダンス「リーズナブルな学費で進学する方法」の続きを読む

FAFSA最新情報

米国の大学にファイナンシャル・エイドを得て進学を希望する学生が登録するFAFSA(Free Application for Federal Student Aid)が、2016年10月から刷新されます。登録開始時期が3カ月早まるとともに、登録システムにも変更があります。 アメリカの大学の学費は高額なので、多くの学生はファイナンシャル・エイドを得て学費を抑えて …
»米国大学進学ガイダンス「FAFSA最新情報」の続きを読む

コアリション・アプリケーション最新情報

「コアリション・アプリケーション」という共通出願システムが新たに導入されることは、以前お伝えしましたが、その概要が徐々に明らかになってきました。今回は、コアリション・アプリケーションについて現時点での最新情報をご紹介します。   全米の名門大学のアドミッション担当者が「コアリション」というグループを作り、これからの時代にふさわしいアドミッションの方法について …
»米国大学進学ガイダンス「コアリション・アプリケーション最新情報」の続きを読む

APプログラムの概要と履修方法

多くの高校では、一般のコースに加えて、より高度な学習ができるAP(アドバンスト・プレイスメント)コースが複数教科で提供されています。今回はAP(アドバンスト・プレイスメント)プログラムの概要と履修方法についてご説明します。 AP(アドバンスト・プレイスメント)プログラムの3つの役割 AP(アドバンスト・プレイスメント)は、高校生に大学レベルのカリキュラムや試 …
»米国大学進学ガイダンス「APプログラムの概要と履修方法」の続きを読む

大学受験の失敗を成功に変える方法

昨年末にアメリカの大学を受験した12年生の多くは、3月末には合否の結果が出揃います。この時点で多くの合格通知を受け取っている場合は、合格した各大学を4月中に訪問して自分との相性を再度見極めて、ベストな大学を5月1日までに選んで進学先を決めることになります。   しかし、中には満足のいく結果が得られなかった方や、将来の進路で迷っている間にアプリケーションの時期 …
»米国大学進学ガイダンス「大学受験の失敗を成功に変える方法」の続きを読む

英語で学べる海外の大学

日々英語で学ぶ高校生が進学するのに適した大学は米国内だけに限りません。英語で学べる大学は世界中にあり、国外で学ぶ米国人学生数も年々増えています。今回は、米国以外で英語で学べる大学を紹介します。 海外の大学のメリット 全米には約3千校もの4年制大学があるのに、なぜわざわざ国外に出るのでしょうか。新たな言語や文化を身に付けたい、米国よりもさらにグローバルな環境で …
»米国大学進学ガイダンス「英語で学べる海外の大学」の続きを読む

大学後の進路〜大学院進卒業学〜

昨年末にアメリカの大学を受験した12年生の多くは、3月末には合否の結果が出揃います。この時点で多くの合格通知を受け取っている場合は、合格した各大学を4月中に訪問して自分との相性を再度見極めて、ベストな大学を5月1日までに選んで進学先を決めることになります。   しかし、中には満足のいく結果が得られなかった方や、将来の進路で迷っている間にアプリケーションの時期 …
»米国大学進学ガイダンス「大学後の進路〜大学院進卒業学〜」の続きを読む

大学アプリケーション・システム最新情報

アメリカの大学のアドミッションは常に変化していますが、特に2016年は大きな変革の年になりそうです。今月と来月は、アプリケーション・システムの最新情報をお話しします。アメリカの大学では、出願書類をオンラインで受け付けます。個々の大学が独自のアプリケーション・フォームを用意している場合もありますが、近年は複数の大学で利用できる共通の出願システムを採用する大学が …
»米国大学進学ガイダンス「大学アプリケーション・システム最新情報」の続きを読む

アドミッション・インタビューの受け方

アメリカの大学の入学審査は書類選考で行われますが、アドミッション・インタビュー(面接)を行う大学があります。面接を義務付けている大学はほとんどありませんが、希望者に対して面接を実施する大学は数多くあります。今回は、面接の受け方についてお話しします。 面接で合否は決まらない 入学審査で面接を取り入れている大学の多くは私立大学で、公立で面接を行う大学は限られてい …
»米国大学進学ガイダンス「アドミッション・インタビューの受け方」の続きを読む

スポーツ奨学金の獲得方法

アメリカは世界で最も大学スポーツが盛んな地域であり、アスリートとして活躍することを目指す学生を経済的に支援する、世界でも珍しい「スポーツ奨学金」制度があります。今回は、スポーツ奨学金の獲得方法についてお話しします。 スポーツ奨学金の概要 NCAA(全米大学体育協会)(全米大学体育協会)に所属する大学は1千校以上あります。NCAA(全米大学体育協会)はⅠからⅢ …
»米国大学進学ガイダンス「スポーツ奨学金の獲得方法」の続きを読む

ファイナンシャル・ニーズの基礎知識

アメリカの大学の学費は高額ですが、質の高い教育は決して富裕層だけのものではありません。適切な教育を受ける権利は全国民に与えられるべきというのがアメリカの基本的な考え方であり、それを実現する手段の一つが、ファイナンシャル・ニーズベースの奨学金です。 ファイナンシャル・ニーズとは 家庭の所得が学生の学費を全額負担するのに十分ではないと判断された場合、その不足分が …
»米国大学進学ガイダンス「ファイナンシャル・ニーズの基礎知識」の続きを読む

メリット・スカラーシップの獲得戦略

アメリカの大学に進学する上で、高額な学費は大きなハードルです。大学によっては年間6万ドルにもなる学費を全額払って進学するのは現実的ではなく、各大学はさまざまなファイナンシャル・エイドを提供して、多くの学生に進学の機会を与えています。中でも、メリット・スカラーシップの獲得は全ての学生が対象になるという点で、最も重要な方法と言えるでしょう。今回はメリット・スカラ …
»米国大学進学ガイダンス「メリット・スカラーシップの獲得戦略」の続きを読む

SATリニューアル最新情報

アドミッション・テストのひとつであるSATが2016年3月に刷新されます。大学で学ぶのに必要な基礎学力を評価するのに適したテストとして、より高校の教育課程に沿った内容に生まれ変わります。今回は新SATの概要と準備の進め方についてお話しします。 卒業時期により異なる準備 現行SATを受けるのは、16年までに卒業する高校生です。16年秋に大学進学を目指す場合は1 …
»米国大学進学ガイダンス「SATリニューアル最新情報」の続きを読む

夏休みに行うアプリケーション準備

大学に出願する時期は12年生の秋が一般的ですが、その準備はかなりの時間を要します。十分な成果を上げるのには、12年生になってからアプリケーションの準備を始めるのでは遅過ぎます。今回は、夏休みを有効に利用して進学準備を進める方法についてお話しします。 11年生終了までにすること 言うまでもありませんが、満足のいく成績を収めることが大切です。アドミッションでは高 …
»米国大学進学ガイダンス「夏休みに行うアプリケーション準備」の続きを読む

アメリカの単科大学

アメリカには、幅広い専攻や研究プログラムを有する総合大学や、学部の教育にフォーカスして質の高い教育を行うリベラルアーツ・カレッジなど、さまざまなタイプの大学がありますが、特定の学部に特化した教育を行う単科大学も数多くあります。今回は、アメリカの単科大学についてお話しします。 芸術系の単科大学 単科大学でまず思い浮かぶのが芸術系大学でしょう。音楽系大学では、ニ …
»米国大学進学ガイダンス「アメリカの単科大学」の続きを読む

ビッグデータ時代のアドミッション

膨大な情報、ビッグデータを分析して戦略を組み立てることは、現在ではあらゆる業界で行われており、大学も例外ではありません。学生へのダイレクト・マーケティングから入学後の成績の予測に至るまで、あらゆるところでビッグデータが活用されています。今回は、大学がどのように情報を集め、その情報をいかに活用しているかについてお話しします。 データの利用は入学率を上げるため …
»米国大学進学ガイダンス「ビッグデータ時代のアドミッション」の続きを読む

大学合格後のキャンパス訪問

大学進学の準備において、実際にキャンパスに足を運んで大学への理解を深めることが大切だということは以前もお話ししましたが、キャンパスを訪問するのは、アプライする大学を選ぶためだけではありません。複数の大学から合格通知を得た後、実際に進学する大学を選ぶ際にも、キャンパス訪問は極めて重要です。今回は、大学合格後にキャンパスを訪問するときの注意事項をまとめました。 …
»米国大学進学ガイダンス「大学合格後のキャンパス訪問」の続きを読む

2016年版入試動向と対策

2016年は、SATが新テストに変わり、新出願システムが導入されるなど、アメリカの大学進学にとって大きな変革の年と言えるでしょう。今回は、今後予想されるアドミッションの動向についてまとめました。 ①アチーブメント重視 アメリカの大学のアドミッションは、学生の成績だけでなく人物も評価して、学生の将来性を見極めます。人物評価においては、学生のアチーブメントを重視 …
»米国大学進学ガイダンス「2016年版入試動向と対策」の続きを読む

ギャップイヤーの意義と活用方法

春に高校を卒業した学生は、その年の秋から大学に進学するのが一般的ですが、すぐに大学には進学せず、さまざまな課外活動に取り組む学生も増え てきました。このような高校卒業から大学進学までの猶予期間をギャップイヤーと言います。今回は、この意義と活用方法について説明します。 ギャップイヤーの目的とその取り方 高校卒業後すぐに大学に行くのは、必ずしも全ての学生にとって …
»米国大学進学ガイダンス「ギャップイヤーの意義と活用方法」の続きを読む

リベラルアーツ・カレッジの特徴と選び方

アメリカの大学が「リベラルアーツ教育」に力を入れていることは、今までも何度かお話ししてきました。質の高いリベラルアーツ教育を提供するリベラルアーツ・カレッジ(LAC)は学生から高い人気を誇り、進学を希望する日本人学生も増えています。今回は、LAC(リベラルアーツ・カレッジ)の特徴と選び方についてお話しします。 学部学生のための教育プログラム LAC(リベラル …
»米国大学進学ガイダンス「リベラルアーツ・カレッジの特徴と選び方」の続きを読む

早期締切の種類と活用方法

高校の12年生(シニア)になると、大学願書の提出が目前に迫ってきます。受験生にとって、締切までにきちんと願書を堤出することが不可欠なのは言うまでもありませんが、決して簡単なことではありません。出願締切は大学によって異なる上に、一つの大学が複数の締切を設けている場合があるからです。今回は、多くの大学が採用している早期締切の種類と活用方法を説明します。 一般締切 …
»米国大学進学ガイダンス「早期締切の種類と活用方法」の続きを読む

工学系学生の大学選び

エンジニアリング(工学)は学生にとって人気の高い専攻の一つですが、大学選びで迷う学生は少なくありません。工学部のある大学は限られている上、大学院進学を視野に入れた大学選びなど工学系特有の課題があるからです。今回は、工学系専攻の学生の進学についてお話しします。 基礎学力は学部で専門性は大学院で 大学は知名度や順位で選ぶのではなく、自分との相性で選ぶという基本的 …
»米国大学進学ガイダンス「工学系学生の大学選び」の続きを読む

非永住者の大学進学

駐在などで一時的にアメリカに滞在している学生にとって、こちらでの大学進学は不利になると考える人が多いですが、そうとは限りません。入学審査における現地の学生との差を理解して準備をすれば、満足のいく進学ができるはずです。今回は、ビザで滞在する学生の大学進学についてお話しします。 非永住の学生は入学審査で有利 アメリカの大学では、入学審査の際に受験生を数多くのカテ …
»米国大学進学ガイダンス「非永住者の大学進学」の続きを読む

アスリートの大学進学

スポーツに積極的に取り組んでいる高校生の中には、大学でもスポーツを続けることを希望している学生が数多くいます。アメリカは世界で最も大学スポーツが盛んな地域であり、アスリートとして活躍することを目指す学生を経済的に支援する、世界でも珍しい「スポーツ奨学金」制度があります。そのために全米はもとより世界中から学生が集まってきます。今回は、アスリートの大学進学につい …
»米国大学進学ガイダンス「アスリートの大学進学」の続きを読む

2013~14年度を振り返って

多くの受験生にとって、5月1日は進学準備が終了する大切な日です。出願した大学の結果は3月末にほぼ出そろい、合格した大学の中から進学する大学を決めてデポジットを収め、大学の籍を確保します。その締め切りが5月1日です。   5月は進学指導を行うコンサルタントにとって、学生の進学先が決まりほっとする時期であるとともに、1年間のアドミッション・サイクルを振り返る時期 …
»米国大学進学ガイダンス「2013~14年度を振り返って」の続きを読む

大学進学プランB ~満足のいく結果が得られなかった場合のオプション~

この春卒業を迎える高校生の多くは、3月末に大学の合否が出そろい、5月1日までに進学先を決めます。この時点で多くの合格通知を受け取っているのが理想ですが、良い結果が得られないこともあるでしょう。そんな時に選べる選択肢について考えてみましょう。   まず最初に取り組むべきことは、失敗した原因をはっきりさせることです。高校の成績が良くなかったこと、SATやACTの …
»米国大学進学ガイダンス「大学進学プランB ~満足のいく結果が得られなかった場合のオプション~」の続きを読む

大学にとってプラスとなる課外活動

アメリカの大学を受験する際、成績以外に課外活動への参加が評価されることはよく知られていますが、具体的にどのように評価されるのかを正しく理解している人は少ないようです。今回は、課外活動と進学準備の関係について説明していきます。 積極的な課外活動が人間としての成長を促す アメリカの大学の入学審査では、将来伸びる可能性のある学生が高く評価されます。将来性を見極める …
»米国大学進学ガイダンス「大学にとってプラスとなる課外活動」の続きを読む

アドミッション・テストの現状と展望

アメリカの大学を受験する際にSATやACTなどのアドミッション・テストの点数を提出することが多いのは良く知られています。しかし、その目的や準備方法をきちんと理解している人は意外と少ないようです。今回は、アドミッション・テストについて解説します。 アドミッション・テストの有効性に対する疑問視 アメリカの大学が「将来伸びる学生を評価する」のはこれまでにも伝えてき …
»米国大学進学ガイダンス「アドミッション・テストの現状と展望」の続きを読む

大学進学準備の年間計画

新年を迎えた11年生のこれからの1年間は、人生で最も重要な1年と言えるかもしれません。大学の出願締切の直前になって慌てなくて済むように、計画的な1年にしましょう。今回は、進学準備を円滑に進めるための年間計画についてお話しします。 1~2月:進路を考える アメリカの大学は、進学後も専攻を変えられるのが大きな魅力です。それでも今から将来についてよく考えておくこと …
»米国大学進学ガイダンス「大学進学準備の年間計画」の続きを読む

グローバル社会を支える日本の子どもたち

近年、日本の若者の内向き姿勢が顕著になっているとよく耳にします。これを裏付ける調査結果を紹介しましょう。ここ10年で日本からアメリカに来た留学生の数は半数以下に減ったのですが、同期間に韓国やインドからの留学生が5割増え、中国からは3倍以上に増えました。これらを比較すると、日本はグローバル化が進むアジアの潮流に逆行しているように感じられます。 深刻さが増す・グ …
»米国大学進学ガイダンス「グローバル社会を支える日本の子どもたち」の続きを読む

アメリカの大学ランキングはこう作られる!

アメリカの4年制大学は全米で約2500校、その中から実際に受験する大学を選ぶのは大変な作業です。そこで、効率良く大学を絞り込む方法として、大学ランキングが広く利用されています。特に保護者は子供に受けさせる大学を選ぶ上で知名度にこだわる傾向が強く、大学ランキングの影響力は極めて大きいと言われています。このアメリカの大学ランキングがどのようにして作られるのかをご …
»米国大学進学ガイダンス「アメリカの大学ランキングはこう作られる!」の続きを読む

“新”コモン・アプリケーション

アメリカの大学では、出願書類をオンラインで受け付けるのが一般的です。個々の大学が独自のアプリケーション・フォームを準備している場合もありますが、近年は複数の大学で利用できる共通の出願システムを採用する大学が増えています。中でも最も広く利用されているのが、「コモン・アプリケーション」です。今回は、今年からさらに進化したコモン・アプリケーションの仕組みや変更点に …
»米国大学進学ガイダンス「“新”コモン・アプリケーション」の続きを読む

ファイナンシャル・エイドの基礎

私は、進学セミナー開催の前に、参加者に聞きたい内容のアンケートをとります。そのなかで最も多い希望は、ファイナンシャル・エイドです。私立大学の質の高い教育を受けたくても、大学によっては年間6万ドルにもなる学費は大きな負担です。「アメリカの大学は高いから、日本で進学する」とか、「私立は高いから、州立を目指す」という声を聞きますが、州立大学より安い学費で私立大学に …
»米国大学進学ガイダンス「ファイナンシャル・エイドの基礎」の続きを読む

人間育成を目指す、アメリカのリベラルアーツ教育

アメリカの大学教育の特徴に、「リベラルアーツ教育」が挙げられます。これは、身に付けるべき教養を深めるための教育であり、「教養教育」とも呼ばれています。今回は、アメリカの大学におけるリベラルアーツ教育についてお話しします。 日米で異なる教養教育の捉え方 教養教育は、日本の大学でも行われてきました。大学4年間を「教養課程」と「専門課程」に分け、教養課程で一般教養 …
»米国大学進学ガイダンス「人間育成を目指す、アメリカのリベラルアーツ教育」の続きを読む

大学アドミッションの基礎知識

アメリカの大学のアドミッション(入学審査)は日本と異なり、審査方法も日々進化しています。特に2008年のリーマンショック以降は大学を取り巻く環境が変化し、アドミッションも影響を受けています。今回は、アドミッションの特徴と最近の動向をお話しします。 将来性重視の入学審査 日米の大学で入学審査が異なる最大の理由は、求める学生が異なるからです。日本の大学は「現在優 …
»米国大学進学ガイダンス「大学アドミッションの基礎知識」の続きを読む

学習に問題を抱える学生の大学進学について

思うように成績が伸びず悩んでいる子供は少なくありませんが、成績が良くないという理由で大学進学や将来の夢を諦める必要はまったくありません。成績が伸びないの「勉強ができない」からではなく、「受けている教育が自分の学習スタイルに合っていない」からかもしれません。また、学習に身が入らないのは「やる気がない」のではなく、他に理由があるのかもしれません。   学習障害や …
»米国大学進学ガイダンス「学習に問題を抱える学生の大学進学について」の続きを読む

大学進学の準備は、まずキャンパス見学から

そろそろ大学進学の準備を始めようとお考えの方には、まず大学のキャンパス訪問をおすすめします。実際にキャンパスに足を運んで施設を見学したり、学生と話したりすることで、大学への理解が深まり、進学準備を進める上での動機付けになるはずです。   訪問する大学選びについては、最初はあまり難しく考える必要はありません。しかし、州立大学、私立大学、規模の大小など、さまざま …
»米国大学進学ガイダンス「大学進学の準備は、まずキャンパス見学から」の続きを読む

成功の鍵は、多様な出願締切の把握と管理

大学進学を目指す学生にとって最も大切なのは、締め切りまでにアプリケーションを堤出(出願)することです。しかし、忙しい高校の学習や課外活動をしながら、きちんとアプリケーションを仕上げて期日までに堤出することは決して簡単なことではありません。 出願締切は大学によって異なる上、ひとつの大学が複数の締切を設けている場合があります。今回は、アプリケーションの提出締切に …
»米国大学進学ガイダンス「成功の鍵は、多様な出願締切の把握と管理」の続きを読む

米国大学進学、SATの得点重視は時代遅れ?

いまだに多くの方から、「大学に進学するのに、SATは何点必要ですか」という質問を受けます。大学のアドミッションにおけるSATの重要性が低下傾向にあり、代わりにエッセイを重視する大学が増えていることは以前お伝えしました。また、セミナーでもこのことは度々話していますが、点数を少しでも上げようとSATの準備クラスをとったり、家庭教師を付けたりしている人を周りで見る …
»米国大学進学ガイダンス「米国大学進学、SATの得点重視は時代遅れ?」の続きを読む

大学ランキングの裏側に潜む大学の意図とは?

秋になると、大学への出願を控えた高校生は、大学から次のようなプロモーションを受け取ることがあります。 「おめでとうございます。あなたは簡易アプリケーションで受験できる学生に選ばれました。通常のアプリケーションにあるエッセイを堤出する必要はなく、また今すぐ出願すれば、特別に受験料を無料にします。」   学生にしてみれば、「大学は優秀な学生に出願してもらうために …
»米国大学進学ガイダンス「大学ランキングの裏側に潜む大学の意図とは?」の続きを読む

ファイナンシャル・エイドの基礎知識Q&A

アメリカの大学に進学する際、学費の高さは常に大きな問題となります。大学によっては年間6万ドルにもなる負担を少しでも軽減するために、多くの学生は大学のファイナンシャル・エイドを活用しています。   先日大学進学セミナーを行った際、アメリカのある名門私立大学でファイナンシャル・オフィサーとしてアドミッションに関わってこられた専門家に話を聞く機会がありました。今回 …
»米国大学進学ガイダンス「ファイナンシャル・エイドの基礎知識Q&A」の続きを読む

10年生が終わったら始める大学進学準備

大学進学準備で最も大切な時期は、11年生が終わった後の夏休みです。この時期に、アプライする大学を最終的に選んだり、アプリケーションのエッセイを仕上げたりします。しかし、最大の成果を上げるためには、進学準備はその1年前から始めると良いでしょう。今回は、10年生が終わってからの1年間にやるべき4つの準備についてお話しします。 ①将来の進路を考える 1 …
»米国大学進学ガイダンス「10年生が終わったら始める大学進学準備」の続きを読む

理工系学生の大学選びは、こう考える

日本とは反対に、アメリカでは理工系学生は年々増えています。今回は、アメリカの大学で理工系を専攻するメリットや注意点をお話しします。 メリットの少ない日本の大学 大学進学の際に日米で迷う学生がいますが、理工系の学生にとって日本の大学を選ぶメリットはあまりありません。日本の大学では、物理学科や機械工学科など希望学科を先に決めてから受験します。入学後に専攻を選べる …
»米国大学進学ガイダンス「理工系学生の大学選びは、こう考える」の続きを読む

最新動向!ウェイトリストの積極活用

大学のアドミッションが変化し続けていることは以前もご紹介しましたが、今年(2012)も新たな動きがいくつかありました。その一つとして今回は、「ウェイトリストの積極活用」についてお話しします。 学生を見極めるウェイトリストとは? ウェイトリストとは、欠員補充のための"補欠学生リスト"です。学生は複数の大学を受験するため、大学側は定員よりも多く …
»米国大学進学ガイダンス「最新動向!ウェイトリストの積極活用」の続きを読む

教育コンサルタントの仕事から見る受験の1年

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について、教育コンサルタントが解説します。   受験生にとって5月1日は特別な日です。アプライした大学の結果は3月末にほぼ出揃い、受験生は合格大学の中から進学大学を1つ決めてデポジットを収め、大学の籍を確保します。その締め切りが5月1日なのです。教育コンサルタントの仕事は、受験生が進学する大学を決める日まで続くため …
»米国大学進学ガイダンス「教育コンサルタントの仕事から見る受験の1年」の続きを読む

日本とアメリカの大学比較

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について、教育コンサルタントが解説します   「アメリカの大学は、アドミッションが複雑で学費も高い。奨学金もどれだけもらえるかわからないので、日本の大学に進学した方が良いのではないか」という質問を受けることがあります。将来、日米どちらの大学に進学するのか迷っている子供たちも多いと思います。「日本の大学なら帰国生枠で …
»米国大学進学ガイダンス「日本とアメリカの大学比較」の続きを読む

学費負担を軽減!アメリカでの奨学金獲得

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について教育コンサルタントが解説します。   アメリカの私立大学は、教育の質や学生のサポートは優れていますが、進学のハードルが高いという話を以前しました。なかでも最大のハードルが学費です。「私立は高いから、州立を目指す」という話をよく耳にしますが、州立よりも安く私立に進学する学生も少なくはありません。大学進学を自分 …
»米国大学進学ガイダンス「学費負担を軽減!アメリカでの奨学金獲得」の続きを読む

受験生を効果的に選抜するSEM時代が到来!

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について教育コンサルタントが解説します。 進化版受験生管理システムSEMとは? 今回は、受験生が大学でどう評価され、合否の判定が下されるのかという、アドミッションの裏側についてお話します。   前号で、アメリカの大学では将来伸びる学生が評価されることをお話しましたが、実はそれだけではありません。どの大学も、それぞれ …
»米国大学進学ガイダンス「受験生を効果的に選抜するSEM時代が到来!」の続きを読む

米国の大学には、どんな種類と役割がある?

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について、教育コンサルタントが解説します。 リベラルアーツ・カレッジ人気の高まりとその利点 大学のアドミッションの変化については前回お話しましたが、学生が大学を選ぶポイントにも変化が見られます。特にここ最近、「リベラルアーツ・カレッジ」を希望する学生が増えています。   リベラルアーツ・カレッジとは、ひと言で言うと …
»米国大学進学ガイダンス「米国の大学には、どんな種類と役割がある?」の続きを読む

日本の将来を支える子供たち

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について、 教育コンサルタントが解説します。 海外で学ぶ子供たちが日本を救う これからライトハウス誌面で、アメリカで学ぶ子供たちの進学や進路に関わるさまざまな話題を取り上げていきたいと思います。    日本の若者の内向き姿勢が顕著になっているとよく言われます。実際に内向き姿勢を示す調査結果もあり、例えば、日本からア …
»米国大学進学ガイダンス「日本の将来を支える子供たち」の続きを読む

アミドッションを取り巻く環境の変化

将来のキャリアステップであるアメリカ大学進学について、教育コンサルタントが解説します。 複雑な大学のアドミッション 「アメリカの大学の入学審査は複雑でわかりにくい」とよく言われます。「ハイスクールの成績が重要なのはわかるが、それ以外にもSATなどのテストのスコアが必要だったり、またボランティアや音楽、スポーツなどの課外活動も評価されるらしい。ぜ日本のように、 …
»米国大学進学ガイダンス「アミドッションを取り巻く環境の変化」の続きを読む