学ぶ・育てる
Study

テルコ・ゴルノーのきままなスクラップブック

生活に「手作り」をたくさん取り入れたブログでお馴染みの作者 テルコさんの「手作りの宝物」をご紹介します。

テルコ・ゴルノー
テルコ・ゴルノー

2003年よりLA在住。趣味は陶芸・編み物・水泳・サルサなど。旅行も好きで今まで訪れた国は62カ国。

1枚の型紙から

最近、オンラインショップの洋服の型紙が面白い。丁寧な説明と応用の利くデザイン、きれいな写真、PDFでダウンロードも可など、良いことづくめ。少々高めでも、何枚も縫えることを考えると価値はあると思います。

私のおすすめは、子供服のFiggy's。大人顔負けのシックな布選びが素敵です。「Ofelia」という型紙で、まず1枚目は赤とピンクのプリントのドレスを縫いました。寒い時はTシャツを中に重ね着できます。2枚目は緑のリネンに植木鉢に見立てた茶色のポケットを付けました。ヨーヨーキルトを花にして、刺繍糸で茎を刺したガーデンドレス。3枚目はパンツと合わせられるように丈を短くして、ブラウス仕立てに。

秋からのキンダーは制服があり、娘の普段着を縫える機会も少なくなります。楽しみが減るのは悲しい!





大好きなAnna Maria Hornerデザインの布を使ったドレス。裏側の縫い代は内側に縫いこむFrench Seamというやり方で処理します。ロックミシンを使うよりも見た目が美しく、丈夫な仕上げです。
小花模様のブラウス。前後がわかりやすいように前にヨーヨーキルトを縫いつけました。首周りは細いゴムが入っているので脱ぎ着しやすく、ファスナーやボタンつけがいらないのもうれしい。
娘は植木鉢に見立てたポケットにビーズやステッカーなどの宝物を入れるのが大好き。
シンプルなドレスに刺繍やアップリケでひと手間加えるのが手作り服の楽しみです。
クラフトショップで売っている時代錯誤なデザインの型紙と違うのは、「本当に着たい服」が作れること。Flickrで同じ型紙で作った他の人の服の写真を見て参考にすることも。


●試してみたレシピでおすすめのものを2つ
Ofeliaの型紙(www.figgyspatterns.com/patterns/ofelia
Figgy's Patterns(www.figgyspatterns.com
ファブリックデザイナー・Anna Maria Horner(www.annamariahorner.blogspot.com

●テルコさんのホームページはこちら
「Sunny's Laboratory」
「Mosaic House Blog」


(2012年7月1日号掲載)