タウン情報

 

絞り込み検索


業種はいくつでも追加できます。
団体・協会 

筑波大付属同窓会(LA付属会)

TEL 310-454-5116 -
トップページ

 筑波大学付属同窓会は、米国では珍しい日本の小・中・高の同窓会。1978年、オフィスが隣合わせだった日系銀行の駐在員2人と著名建築家が、偶然みな筑波大付属出身であることを知り、意気投合。リトルトーキョーの医師と日系新聞社の副社長兼編集主幹が加わり、LA付属会が産声をあげた。筑波大学付属の関係者で構成され、会員間の懇話会、情報交換、ネットワーク構築の場として活用されている。会員がともに励ましあい、切磋琢磨し、さらなる向上を目指すことが主旨だという。

 総会では、各業界の最前線で活躍する会員が交代でスピーチを行う。最近の話題としては、今年、京都賞を受賞した世界的地震学者による地震に関する話、海外選挙訴訟の原告団団長による最高裁勝訴判決の話、日系不動産開発会社社長による米国での不動産開発の話など。

 「ご本人より、直接このような貴重な話が聞ける機会はLA付属会ならではだと思います。母校の校風は世代を超えた交流と絆の強さです。この校風は校友会にも反映されています。また、若い世代の新たな参加もあって、今後は後輩が米国で活躍できるように、会を通して先輩の経験を伝えていきたいと思っています。博士号を持つ会員が2人、医師が1人と、20人に満たない小グループにもかかわらず、ドクターの学位を持つ方が3人も揃っているほか、ロサンゼルスの第一線で活躍されている方が数多くいます。ぜひご連絡ください」と代表の土肥さん。

Address -
-, -
TEL 310-454-5116
Info 会員数:19人
会 費:無料(会合などは実費)
連絡先:土肥タダカズ