ライトハウス
Magazine Information

タウンガイド特集 LosAngeles

疲れ目・ドライアイに目のツボ刺激

Lighthouse編集部

忙しい日常生活の中では、どうしても目を酷使しがち。自分でできる目のケアとして、ツボの刺激がオススメです。目の疲れ、ドライアイ、目のけいれんや視力の低下を抑えるだけでなく、目の下のクマやシワ・シミの予防にもなります。ぜひお試しください。


両手の平を合わせてこすり温める。その手で数秒間、目をおおうようにかぶせる

次に、軽くげんこつに握った手を、手の甲を上にしてこすり合わせ、温まった人差し指と親指の部分で目の周りのツボ( 銑А砲鬟ュッキュッと押していく。顔の中心から外側に向けて手を移動させる

首の後ろのツボ( )は、手を開いて親指を下にし、手をのせるような形で頭にあて、親指でツボを刺激する。この時、親指をその位置にあてたまま、少し首を後ろに倒すと、うまく指がツボに入り、効果を高める