遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイスVol.32

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ タイガー・ウッズ
痛々しいコマーシャル

タイガー・ウッズが、私生活のやんちゃぶりを赤裸々に暴露されてから、既に4カ月以上経つが、復帰に向けて痛々しいコマーシャルに出演することになった。これは、Nikeの新バージョンCMで、4月8日から放送が開始されている。モノクロのスクリーンで、ぼんやりと反省顔で立っているタイガーに、亡き父であるアール・ウッズ(音声のみ)が質問をするというもの。
 
「私はお前が何を考えているか知りたい。どう感じているかを知りたいんだ。お前は何を学んだんだ?」という、冗談にしてもキツいもの。マスターズ・トーナメントの前日から放送開始というタイミングも、Nikeに脅されて仕方なくやっているみたいに思えるベッちゃんなのだ。




☆ デミ・ムーア
整形疑惑を否定

『St. Elmo's Fire』や『Ghost』などで一世を風靡し、その後もハリウッドAランク女優として80年代を彩ったデミ・ムーアだが、度々噂されていた整形疑惑をイギリス版『ELLE』で再度否定した。デミは、特に整形に反対というわけではないが、まだ施していないだけと主張した。
 
だが、今年のアカデミー賞では、流行のヌードカラーのドレスを身にまとい、そろそろ50に手が届くとは思えない、シワひとつないスマイルを披露したデミだけに、その主張はあまり説得力がない。
 
「そりゃ、いつの日か手術台に上がることはあるかもしれないわよ。ただ、人々にいつも美容整形にいくら費やしたのかと言われるのは、もううんざりね」。
 
最近は16歳年下の夫、アシュトン・カッチャーのTwitter登場で話題になっているデミだが、相手が若いだけに、美容整形なしで魅力を保てるのだろうか。
 
そんなデミの身体への執着は強く、身体への美容整形は経験したことがあると語っている。
 
デミには、元夫ブルース・ウィルスとの間に、成人した長女を含め3人の子供がいる。今年47歳のデミ、アシュトンとの間にも子供がほしいと語っている。




☆ エイミー・ワインハウス
豊胸手術で入院

昨年、グラミー賞を受賞したイギリス人歌手、エイミー・ワインハウスが、胸の痛みを訴えて4月中旬に入院していたことがわかった。昨年秋に豊胸手術を受けていたエイミーだが、実は痛みを訴えて病院に入ったのは2度目。エイミーは、薬物やアルコール依存の問題を抱えているが、豊胸でも問題が増えてしまった。




☆ ニコレット・シェルダン
番組Pを訴える

人気TVドラマ『DesperateHousewives』で人気を博した女優、ニコレット・シェルダンが、不当解雇を理由に、同番組のクリエイター兼プロデューサーのマーク・チェリーとABC局を相手取って2千万ドルの訴えを起こした。
 
ニコレットは、メインキャストの不動産エージェントで、お色気ムンムンのイーディ役を演じていたが、昨年のシーズン中に突然、車のアクシデントで死亡したのだ。
 
ニコレットは、前述のクリエイターから虐待的な対応を受けたと語っている。2008年に撮影現場で、顔を強く打たれたと言うのだ。関係者の話では、マークはとても感情的で、一緒に働くのは難しい人間であるという。マークは謝罪したが、撮影現場で殴られるという前代未聞の出来事に、ニコレットの怒りは収まらなかった。
 
その後、ニコレットは、この許されざる行為をABCに訴えたが、その5カ月後に逆にクビにされてしまった。高視聴率のヒットメーカーであるマークの権力に、一出演者でしかないニコレットの力は及ばなかったのか。いずれにしても、1エピソードで17万5千ドルの出演料がなしになったのは大きい。


☆ レディ・ガガ
禁欲を主張

音楽の才能に恵まれながら、過激な衣装とパフォーマンスでも世間の人々を釘付けにしているレディ・ガガが、禁欲を訴えている。MTV.comによれば、ガガは、自分でもちょっと信じられないと告白している。
 
「自分がこんなこと言ってるなんて信じられないけど、セックスはするな!」と、イギリスでエイズ撲滅キャンペーンイベントの取材で語った。
 
「セックスをするのはダメ。人と知り合うのは良いけどね。私も禁欲する。禁欲は悪くないわ」と、ガガは自らも禁欲を宣言し、セックス禁止を訴えた。
 
男性のHIV感染者数が減少状態にある一方、女性は増えているという調査に基づいてのことだ。
 
「好きになった人と一緒にいることは構わないけど、もし本当に心の準備ができていないなら、自分の快楽のためにセックスするのは止めた方がいいわ。いつもセックスするのは、もうカッコいいことじゃない。強くて自立している方が、カッコいいのよ」。
 
ガガは、奇抜な衣装と奇妙なメーキャップで年齢不詳だが、実のところ24歳。やんちゃなお年頃の若者の気持ちが良くわかるのだ。




セレブなブランドその
リンジー・ローハンのレギンス

かつての天才子役から一転ゴシップクィーンになり、その後は下り坂の女優を続けているリンジー・ローハン。ファッションリーダーとしてもてはやされていただけに、現在でもティーンへの影響力がある。
 
そのおかげもあってか、リンジーは、レギンスのブランドを08年に立ち上げている。現在もKitsonや、Ron Harma、Fred Segal Funなど、高級セレクトショップなどで展開中。
 
実は、リンジーのファッションキャリアはレギンスだけでなく、フランスのプレタポルテの老舗「Emanuel Ungaro」でも活躍するはずだった。昨年秋に、アーティスティックアドバイザーとして同社のコレクションに参加したリンジーは、破滅的な協力で同社に多大なる迷惑をかけた。そして、半年足らずでアドバイザー職を辞めてしまった。根っからのパーティーガールのリンジーが、パリコレなどの派手なイベントで真面目に働くわけはなく、連日連夜パーティーに明け暮れただけだった。
 
そんな絶望的なリンジーだが、レギンスの方はまともにこなしている様子。来シーズンの新しいビジュアルには、自らがモデルを務め、マーケティング活動に参加している。
 
リンジーのレギンスブランドはその名も「6126」。リンジー憧れのマリリン・モンローの誕生日を、そのまま付けている。コレクションもマリリンに捧げると銘打っているだけに、セクシーなラインが多い。




ハリウッド・カップル・レポート
ジム・キャリーとジェニー・マッカーシー

俳優のジム・キャリーが、05年から5年間交際してきたジェニー・マッカーシーと最近破局し、悲しみに打ちひしがれているようだ。
 
破局発表はTwitterで行われ、その数日後、話題のタイガー・ウッズやサンドラ・ブロックをネタにし、度を越した失礼発言を行った。誰もが見られるTwitter上でのキツ過ぎるジョークは、破局の精神的ショックからではないかと言われている。
 
ジムは、過去2回結婚し、1人目の相手との間には22歳になる子供がおり、実は、最近その一人娘が出産し、孫までできた。運命の人と言われていたジェニーとは、内縁関係のみだった。ジムは、ジェニーとの関係が今までの誰にも感じなかった疑問のない関係だと語っており、2月のイベントでも、2人で仲良く公の場に顔を出したばかりだった。
 
ジェニーは元プレイメイトで、1993年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤーに選ばれるほどの人気。その後、番組ホストなどを経て女優に転進したが、最低の映画に贈られるラズベリー賞、略してラジー賞を2回も受賞している強者。どうやら女優には向いていないのではと思われる。
 
ジェニーには、ジムと付き合う前に結婚していた夫との間に、自閉症の息子がいる。この息子のこともあり、ジェニーは積極的に自閉症への啓蒙運動やチャリティー活動などを行っている。ジムもジェニーの息子に深い愛情を注いでいたようで、彼に会って初めて愛を知ったと語っている。
 
そんな仲睦まじかった2人の関係が壊れたのは、どうやらジムの精神的な不安定さにあるという。ジムは長年、躁鬱病や双極性障害といった症状に悩まされていたが、最近投薬を中止し、精神的に不安定な状態にあったようだ。その後、関係が悪化したのかもしれない。






●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。
独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com

Copyright © 2008-2009 Lighthouse - Takuyo Corporation
All Rights Reserved