遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイスVol.62

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ ジェニファー・アニストン
Walk of Fame入り

主演コメディー映画『Horrible Bosses』が上映中の女優ジェニファー・アニストンが、栄誉あるハリウッドのWalk of Fameに殿堂入りを果たした。

今年42歳のジェニファーは、1990年代を代表するテレビ番組『Friends』のレイチェル役で一気に人気が出た。番組終了後もラブコメの女王として、現在に至るまで大活躍中。そのファッションや髪型が常に注目されているだけに、当日の装いが気になるところだったが、花柄のミニのワンピにベージュのGucciのハイヒールで登場。新恋人、ジャスティン・セローに見守られながら、手形と足型を取った。Gucciのピンヒールは、足型取りでセメントが付いて使えなくなったが、そんなことはお構いなし。

ジェニファー同様、今年殿堂入りしたセレブは、ジェニファー・ロペス、ヴィン・ディーゼル、そして昨年、アカデミー賞など受賞が目立った女優、ケイト・ウィンスレットなど。


☆ S・J・パーカーと
A・ジョリーが高給取り

昨年5月から1年間で、最も高収入を得たハリウッド女優ランキングが発表され、サラ・ジェシカ・パーカーとアンジェリーナ・ジョリーが、3千万ドルでトップに並んだ。

アンジーは、昨年公開の大作『Salt』と『The Tourist』に出演したが、興行的には失敗した印象の作品だった。しかし、本人のギャラにはあまり響かないし、世界的にはヒット。また、新作映画『In the Land of Blood and Honey』では、監督と脚本も担当し、そのギャラも含まれる算段だ。

一方、サラ・ジェシカは、依然として『Sex and The City』での稼ぎが大半を占める。主に番組の再放送で収益を上げている。また、同番組の映画版2作目が昨年公開され、1作目ほどとはいかないが、興行成績は約2億9千万ドルを記録した。また、役柄のキャリー・ブラッドショウ様様で、ファッションアイコンとしても確固たる地位を築き、香水販売も順調。こちらも儲けているようなのだ。


☆ 『Hairspray』主演女優
靴屋でバイト

2007年のヒット映画『Hairspray』に出演し、ジョン・トラボルタやザック・エフロンと共演、ゴールデングローブ賞にもノミネートされたちょっと太めの女優、ニッキ・ブロンスキーが、何と靴屋でアルバイトしているという。

ニッキのメジャー作品への出演は、同作が初めてであったが、その後もABCファミリーのテレビ番組『Huge』にメインキャストとして出演するなど、順調にキャリアを伸ばしていた感があった。しかし、視聴率に恵まれず、2カ月ほどで同番組が打ち切られ、その後、主だった仕事がなかった。そんな訳で、地元ニューヨーク州グレートネックの靴屋で、週に2、3回働くことになったのだ。

本人は結構楽しんでいるようで、来店客に歌を披露するなどのサービスまでしているという。また、アルバイトは短期で、夏が終わったらまた芸能活動に復帰予定。


☆ J・ティンバーレイク
ベッドシーン見られる

新作映画『Friends with Benefits』が話題のジャスティン・ティンバーレイクが、作品にちなんで自身の性生活について語った。実は、うんと若い頃、ベッドの中で女の子と一緒にいるところを母親に見つかったことがあったと言う。

「まだ女の子とそういうことをするには若過ぎたから、母親には怒られたけどね」と、過去を振り返るのであった。

また、ジャスティンの共演者で、映画『Black Swan』がヒットし、ブレイク中のミラ・クーニスも、性に関する暴露をした。 「私の両親は、私が今までセックスをしたことなんてないと思っているわ」。

ミラは、あのマコーレ・カルキンと19歳の時から7年にもわたり交際していたことで知られている。ちなみにミラと交際中に、マコーレはマリファナ所持などで捕まっている。


☆ ヴィクトリア・ベッカム
女児を出産

妊娠中も誰よりも高いピンヒールで、ファッション番長ぶりを発揮していたヴィクトリア・ベッカムが、7月10日、念願の女児、ハーパー・セブン・ベッカムを出産した。女の子出産を願いながらも、男の子ばかり3人も授かったベッカム夫妻だったが、ついに女児誕生で、色々な未来予想図を描いているようだ。

ロサンゼルスで出産したヴィクトリアだったが、出産後はイギリスに戻り、ハーパー・セブンちゃんを「Perfect English Rose」に育てるとのこと。Perfect English Roseのロールモデルは、今をときめくケンブリッジ公爵夫人こと、キャサリン妃のこと。ヴィクトリアはキャサリン妃の大ファンで、彼女のように美しく、喋り方もキレイで、マナーもわきまえたレディーに我が娘を育てたいと思っている。ハリウッドで甘やかされた、ヤングセレブたちの様になってはたまらないということらしい。

ベッカム夫妻は、キャサリン妃とウィリアム王子のロイヤルウェディングに出席しており、何とか次回バッキンガム宮殿に上がる際は、ハーパー・セブンちゃんのキャサリン妃への謁見がかなうように根回し中。もうロサンゼルスには興味がない様子のベッカム一家なのだ。


ハリウッド・カップル・レポート
ケイト・モスとジェイミー・ヒンス

恋多き女性として知られるスーパーモデル、ケイト・モスだが、実はこれまで1度も結婚していない。そんなケイトが、7月1日に晴れて初の結婚式を挙げた。お相手はロックバンド、ザ・キルズのジェイミー・ヒンスで、交際4年目だった。

若き日のケイトの最も有名な交際相手は、ジョニー・デップ。2人は婚約までしていたが、結局破局してしまった。その後、ジョニデは、現在のパートナー、ヴァネッサ・パラディと交際をスタートしたため、ケイトはしばらく打ちひしがれていた。

その後、イギリスの雑誌『Dazed & Confused』の編集長ジェファーソン・ハックと交際し、02年には長女ライラを授かる。しかし、ジェファーソンとは結婚しないまま2年間の交際を経て破局。

さらにその後、ミュージシャンのピート・ドハティと婚約して、挙式の日取りまで決まっていたが直前に破局。ピートとの交際中にコカイン吸引写真がパパラッチされ、一時はモデル活動が危ぶまれたが、世界一のモデルと言っても過言ではないケイトだけに、難なく復活。そして、ようやく現在のお相手ジェイミーと出会ったのである。その間にもオズボーン家のジャックなど、ちょっぴり噂が出た相手もいたが、細かい話は割愛なのである。

さて、世紀のスーパーモデル、ケイトの結婚式はどんなものだったかと言うと、親友ジョン・ガリアーノのカスタムメイドのヴィンテージ風ウェディングドレスに、マノロ・ブラニクの靴で登場。その靴ももちろんケイトのために作られた特注品で、中敷は青。ウェディングに揃える青い物だ。また、ブライズメイドとメイド・オブ・オナーは、ケイトの13歳の妹を含む15人で、こちらもヴィンテージ風の白のドレスで、天使のような子供たちに囲まれたのだった。ゲストには、デザイナーのマーク・ジェイコブスやアナ・ウィンター、また遊び仲間のケリー・オズボーンなども参加した。


セレブなブランド
Victoria by Victoria Beckham

ファッション番長、ヴィクトリア・ベッカムは、女の子を出産するだけでは飽き足らず、自身のブランドのセカンドラインを発表することになった。すでに立ち上げている「Victoria Beckham Collection」は、ワンピースが1着1千ドルから3千ドルと、なかなか普段着には難しいお値段。多くのヴィクトリアファンにも手が届かないのである。ちなみにウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式でビクトリア自身が着こなし、世界のマスコミに披露したVictoria Beckham Collectionの11年秋冬のワンピースは、3610ドルもする。

ファストファッションがもてはやされる昨今、ハイエンドなブランドなんて流行らないと思ったのか、はたまたヴィクトリアが大ファンであるキャサリン妃のワードローブが、200ドルから500ドルほどと、割とリーズナブルだからなのか、それとも心を入れ直したのか、理由はともあれ、セカンドラインは求めやすい金額で展開するらしい。

ヴィクトリアは、新ラインについて次のように語っている。

「夏に最適なワンピースとして、楽しくて、女の子らしくて、簡単に着られる物で、朝から夜までいつでも様になるよう、準備を進めているわ」。

先駆けて発表されたいくつかのスタイルは、コミックブック・キャラクターの「Emily The Strange」から発想を得ていて、60年代風のストレートなラインのワンピースなどが主になる。この新しいVictoria By Victoria Beckhamは、12年の春夏コレクションからスタートする。問題の価格だが、確かに安くはなっているものの、実は600ドルから1600ドル程するらしい。やはり普段使いとしては、庶民にはなかなか手が出ないのである。


(2011年8月1日号掲載)



●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com