遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイスVol.70

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ ケイト・ゴスリン
クーポンで節約

8人の子供たちとの生活を記録したリアリティーショー『Jon and Kate Plus 8』で有名になり、その後、『Dancing with The Stars』にも出演して、すっかりリアリティーショー・スターとなったケイト・ゴスリン。しかし、唯一の収入源だった番組が打ち切りとなり、いよいよ生活が苦しくなってきた。だがそんなケイトは、クーポンをうまく使って切り抜けているようだ。だが、実はこのクーポン利用法は、CouponCabin.comでブログを開始するという、れっきとした仕事なのだ。

離婚後、番組名が変わった『Kate Plus 8』では、1エピソードにつき25万ドルの収入を得ていたケイトだったが、自身のパーソナル・ヘアスタイリストや美容整形などにお金がかかり、子供たちのための貯金などは当然していない。また、生まれた時から生活をテレビ放送されている子供たちへの精神的影響が問題視される中、ケイトは今後も何らかのテレビ番組に出演させたいと豪語する。

子だくさんが功を奏し、名声と富を得たが、離婚や人格の豹変ぶりを見ると、なかなか複雑なのである。ちなみに元夫ジョンは、離婚後、ソーラーパネルを取り付ける技師として地道に働いている。


☆ ケリー・オズボーン
夜遊びで頭を割る

最近、クリスティーナ・アギレラをデブ呼ばわりし、ケンブリッジ公爵夫人の着まわしコーディネートを批判するなど、TV番組『Fashion Police』での辛口コメンテーターぶりが目立つ、ケリー・オズボーン。夜遊びが過ぎたのか、頭を割って病院送りとなった。

マイアミのクラブでセクシーダンスに興じていたケリー。ふとした拍子にアンプに頭を激しくぶつけ、頭を大きく切ってしまった。意識も朦朧となり、病院送りになった。

『Dancing with The Stars』で鍛えたダンスが、裏目に出た!?


☆ リンジーのお勤めと
『PLAYBOY』誌のヌード

さまざまな罪状が重なって、結局何が原因で刑務所に入るのかわからない状態になっているリンジー・ローハン。

その罪状をかいつまんで言うと、2回のDUI(アルコール、および薬物影響下での運転)で執行猶予中に、ベニスの宝石店で万引き。そして、先日刑務所でお勤めを果たしたが、その後のコミュニティーサービスをすっぽかしたので、またまた30日間のお勤めを果たすことと相成ったのだ。しかし、常に満員状態のロサンゼルスの刑務所では、セレブリティーを30日間も収監するスペースはなく、またもや5時間弱で出所となった。


裁判所と刑務所を行ったり来たりする過密スケジュールを縫って、リンジーは『PLAYBOY』誌のカバーとヌードを撮影した。このヌード撮影で支払われたギャラは、なんと100万ドル。伝説のセクシー女優、マリリン・モンローをフィーチャーしたものだとか。リンジーは以前にも同様に、マリリンを真似たセミヌード写真を披露しており、さらに100万ドルも払うのは払い過ぎとの意見もあるが、腐っても鯛といったところだろうか。

弁護士代などでお金がかかるリンジー、女優業が下火になった今、裸で勝負するしかないようだ。


☆ ジャスティン・ビーバー
隠し子騒動!!

セレナ・ゴメスとの熱愛が連日報道されているティーンスター、ジャスティン・ビーバーが、なんと3カ月になる子供の父親であると訴えられた。訴えを起こしたのは、マライア・イェーターさん20歳。ジャスティンの熱烈なファンだ。マライアさんは、昨年、ステープルズセンターのトイレ内での情事で子供ができたと訴えた。

この訴えをジャスティンは全否定。会ったこともないと言っている。まったく縁もゆかりもないことを証明するため、DNA検査まで受けることになりそうだ。マライアさんは認知と経済的な援助を求めている。

あどけなさが残るジャスティンはまだ17歳。訴えが真実だとすれば、情事があったのは16歳の時ということになる。そうなると、16歳以下と関係を持ったことで、マライアさんは有罪になってしまうのだが…。


☆ ジェシカ・シンプソン
激太りの原因は妊娠

激太りとダイエットを繰り返し、リバウンドで少しずつではあるが、確実に大柄な女性に変貌していったジェシカ・シンプソン。今回の激太りが、実は妊娠によるものだと認めた。本人は洋服でうまくごまかしていた気だったが、あまりの体重増加は周囲にバレバレ。ようやく真実を発表した形になった。

自身のウェブサイトで、ハロウィーンの衣装でミイラ(マミー)になり、「私は母(マミー)になります」と、ダジャレを交えて発表したジェシカ。ちなみにお相手は、婚約中の元プロバスケットボール選手のエリック・ジョンソン。式を11月上旬に予定していたが、出産が終わるまで遅らせる様子だ。

元々、歌手としてよりも、元夫ニック・ラシェイと共演したリアリティーショーで見せたボケっぷりで人気が出たジェシカだけに、妊娠生活に対してTwitterでこんなコメントをしてまた周囲を驚かせた。

「人は平均1日15回くらいオナラをするの。平均的な妊婦は、その15倍オナラをするのよ」。

ジェシカも、人の15倍も日々オナラをしているのだろうか。こちらもごまかすのが大変だ。


ハリウッド・カップル・レポート
キム・カーダシアン72日でスピード離婚

全米で今、注目度ナンバーワンのリアリティーショー・スター、キム・カーダシアンとNBAニュージャージー・ネッツのクリス・ハンフリーズ。8月に式を挙げたばかりの2人は、新婚ホヤホヤで幸せモードのはずだった。しかし、自身の挙式をアメリカ版ロイヤル・ウェディングと言ってはばからなかったキムが、すでに離婚を申し立てていると伝えられた。

2千万ドルの予算をかけ、盛大な結婚式を挙げた2人。その様子を、E!エンターテインメント社が、10月10日に特別番組『Kim's Fairytale Wedding: AKardashian Event』で放送したばかり。さらに、この特番は世界50カ国で放送された。全世界の皆様を前に永遠の愛を誓い合った2人だが、わずか72日の結婚生活で離婚に至ったのだ。

離婚の原因は、出会って9カ月で結婚してしまい、お互いを良く知らなかったため、いざ生活を共にすると見えてくる相違と言ったところ。リアリティーショー・スターだけに、2人の言い争いのその様子も克明に番組で紹介されている。

「ミネソタでどうやってキャリアを持続できるって言うの?」と言うキムに対して、「子供ができて、その子たちが学校に上がる頃には、誰も君のことなんて気にしなくなるよ」と言うクリスの辛らつな発言。

確かにリアリティーショー・スターの寿命はあまり長くなく、パリス・ヒルトンも既に息を潜めているだけに、クリスの意見はもっともではあるが…。この結婚式で、かなり儲けた婚前契約も当然しっかり結んでいる。プロバスケットボール選手を遥かに上回る自分の収入と財産を、離婚後も一切譲らない契約をしているのだ。お金のかけ方、離婚のスピード、婚前契約と、どれを取ってもアメリカ版ロイヤル・ウェディングにふさわしい、実にアメリカ的な結婚だったのだ。


セレブなブランド
マドンナが初のパフューム発売

ティーンのファッションライン「Material Girl」を立ち上げたばかりの歌姫マドンナが、今度は少しアダルトに向けたブランドを発表し、その中でも初の香水のラインが注目だ。コラボレーション・パートナーは、セレブリティーの香水ラインを多く手がけていることで知られる「Coty 」。ベッカム夫妻やジェニファー・ロペス、ケイト・モスなども、このCoty から自身のエンドースメント香水ラインを発売している。

実はセレブリティーたちにとって、香水のエンドースメントはかなり実入りの良い収入源の一つとなる。そのため、このところ猫も杓子も香水を出すというわけだ。特に音楽業界は、違法ダウンロードなどの影響で、アーティストたちが以前のように稼ぐことが難しくなってきているのが現状。ある程度人気が出たら、洋服や香水といった、違法ダウンロードできない商品を売り始めるのが主な収入源に変わりつつあるのである。

自身の音楽で既に一時代を築いたマドンナだけに、香水ラインは今回が初めてというのはなんとも意外だったが、世界で最もレコードを売るアーティストの一人であるだけに、これまでエンドースメントに力を入れる理由がなかったのかもしれない。

「私はいつもフレグランスに夢中だったわ」と語るマドンナの新香水ラインの名前は、「Truth or Dare by Madonna」だ。発売は来年4月から。Macy'sで先行販売される予定。また、同名でひと足先に発表された服飾ブランドに加え、来年は、アクセサリーや下着なども展開していく予定。実兄がホームレスをしていると報じられる一方、どんどん商売を広げていくマドンナなのだ。



●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com

(2011年12月01日号掲載)