遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイスVol.75

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、
毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ タイラ・バンクス
映画のような恋人

人気テレビ番組『America's Next Top Model』のプロデューサーで司会も務める、元スーパーモデルのタイラ・バンクス。実は最近、3年程交際していた男性と破局したばかりで、大層落ち込んでいた。が、どうやらめでたくこの度、新しい出会いに恵まれたようだ。

失恋後、女友達と傷心旅行へ行った際に恋に落ち、遠距離恋愛に至っているという。ジュリア・ロバーツ主演の映画『EAT PRAY LOVE』のように、都会の恋愛に疲れたタイラは休暇でバリに向かい、やはり映画のように運命の男性に出会ったというわけだ。

タイラはかつて、Victoria's Secretのモデルを務めたスーパーモデルで、38歳の現在は、爛櫂好函Εプラ〞と呼ばれるほど女性の支持を集めるテレビ司会者だ。前出のオーディション番組以外にも、自身の看板番組『The Tyra Banks Show』が人気を博し、エミー賞を受賞している。

しかし、私生活に関しては割と内気で語ることはなく、交際していた銀行家との関係も、交際後1年経ってから公表していた。


☆ ゴールデン
グローブ賞発表

新年は賞レースが最も熱くなる時期。それぞれの受賞作品や授賞式でのセレブリティーのレッドカーペット・ファッションなどが話題となる、ハリウッドが最も華やぐシーズンだ。

本命のアカデミー賞前哨戦で、最も重要な賞であるゴールデン・グローブ賞が、1月15日に発表された。予想を裏切らず、ジョージ・クルーニーが『The Descendants』で最優秀主演男優賞(ドラマ部門)を獲得。女優部門では、メリル・ストリープ(ドラマ部門)とミシェル・ウィリアムズ(コメディー/ミュージカル部門)が、どちらも歴史上重要な女性を演じ、主演女優賞を獲得した。

ところで、賞レースにはドラマが付きものだが、受賞できなかった者の嫉妬も渦巻いて話題となった。自身の初監督映画『W・E』で最優秀主題歌賞を受賞したマドンナ。アニメーション映画『Gnomeo & Juliet』で同じく同賞にノミネートされていたエルトン・ジョンは、賞を逃してつまらなそうな顔をしているところをテレビ中継された。そして、隣に座っていた夫デビッド・ファーニシュがすかさず、「マドンナが最優秀主題歌賞?フ××ク・オフ!!」と、放送禁止用語で不満をFacebookにぶちまけた。さらに受賞の言葉を終えたマドンナに対して、「マドンナが最優秀主題歌賞なんて、この賞は本当にモノの価値をわかってないね。しかもマドンナの受賞の言葉もナルシストで恥ずかしい」と、言いたい放題だった。

後日、さすがに謝罪していたが、マドンナとエルトンの犬猿の仲は、おめでたい新春賞レースの席でも激しいのだ。


☆ ベッカム
もう少しLAに

イギリスの貴公子と謳われるサッカー選手のデビッド・ベッカムだが、あまたあるヨーロッパリーグからの誘いをうっちゃって、さらに2年間LAギャラクシーとの契約を更新したようだ。

フランスのリーグからのオファーは、LAギャラクシーからのオファーの2年間で1500万ドルよりも高く、18カ月間で1870万ドルだったが、ベッカムにしてみれば数百万ドルの違いなど、大したことはないのだろう。

LAギャラクシーに決めた理由の第1は、居住地の問題と大きく関係しているそうだ。ベッカムは、家族のためにロサンゼルスに留まることを希望したという。その家族とは、妻のヴィクトリアに始まる3人の息子と、昨年生まれたばかりの娘のこと。ベッカム一家がロサンゼルスに移住して早5年、長男は12歳になり、何かと難しい年頃。この時期にフランスなどへ行って、環境の変化に振り回されるのはいかがなものかと考えるのは、親としてはもっともだ。

ベッカムは、今後もロサンゼルスに住みたいと語っており、引退する気も当分ないとのこと。ということは、しばらくは我らが地元Home Depot Centerで、ベッカムの華麗な姿が見られそうで、ベッちゃんもうれしい限りなのだ。


☆ デミ・ムーア
救急病院騒動!

先日、6年間の夫婦生活を経て離婚を決意した、デミ・ムーアとアシュトン・カッチャー。アシュトンがブラジルで、土砂降りの雨の中、サーフィンよろしくポーズを取って楽しげに過ごす一方で、デミは救急病院に送られていたことがわかった。

救急病棟のお世話になったデミだが、理由はなんと薬物の過剰摂取。49歳のデミは、中年期を独りで過ごすという恐れていた現実に直面し、私生活の変化や破局報道などのストレスで、疲弊していた。現在、普段の生活に戻れるよう治療中。

デミは昨年11月に破局を発表。これは、結婚記念日にアシュトンが浮気したという報道が流れてから、わずか1カ月足らずだった。



ハリウッド・カップル・レポート
ジョニー・デップと
ヴァネッサ・パラディ

おしどりカップルとしても有名な俳優ジョニー・デップと、最後のロリータと言われたヴァネッサ・パラディが破局したという噂が出ている。2人の出会いは1998年にさかのぼる。当時から人気絶頂のジョニデが、スーパーモデルのケイト・モスとの破局直後から付き合い始め、話題になった。

実はこの2人、フランス郊外からLAに住居を移したが、LAでは2人でいるところがパパラッチされないばかりか、ここ1年、レッドカーペットに2人揃って登場したことすらない。先日のゴールデン・グローブ賞授賞式も、ジョニデは1人で現れた。その後も、ジョニデは1人でLAに滞在している。一方ヴァネッサは、フランスでの新作映画プレミアやファッションイベントに出席している。

だが、実は2人が国をまたいで別々に暮らすのは珍しいことではない。『Pirates of the Caribbean』シリーズや大作映画への出演が目白押しのジョニデと、歌手としてライブをこなし、フランス映画に出演もするヴァネッサは、ほとんど共に時間を過ごしていなかった。

2人は14年間を共にし、12歳のリリー・ローズちゃんと9歳のジャック君という2人の子供もいるが、「パラディという名字の響きが美しいから、汚したくない」とジョニデが語るように、結婚はしてない。だが、仲の良いカップルとされていただけに、破局の衝撃は大きい。

しかし、そんな噂を払拭するように、ヴァネッサは質問に対し、「私たちはフランスに52の家を持っていて、冬は別れ、夏にはまた結ばれるの」と、おとぎ話的な口調ではぐらかしつつ、噂を否定した。

雑誌『People』によれば、2人は周りの人たちには正式に破局したと伝えているという。


セレブなファッション
スーパーモデルのジゼル
世界初ビリオネアモデル!

出産を終えても相変わらずのパーフェクトボディーで、トップモデルとして世界に挑むジゼル・ブンチェン。世界初のビリオネアモデルになるための布石を打っているという。

『Forbes』誌によると、ジゼルは2010年と11年に4500万ドルを稼いだという。しかし、それには11年5月に立ち上げた下着ブランド「Gisele Bundchen Brazilian Intimates」の売上は含まれていない。このラインは、中南米、ポルトガル、イスラエル、そして日本でもまずまずの売れ行きで、近々全世界で発売となる。

ちなみに11年は、夫のアメフトプレイヤー、トム・ブレイディーと共に、最も稼いだカップルにランクイン。歌手のビヨンセとJay-Zのカップル相手に、僅差でトップの座を勝ち取った。2人が最近、カリフォルニアに2千万ドルの豪邸を建てたが、その広さは実に2万2千平方フィート。息子1人の核家族には広過ぎなのだ。

それはさておき、そんなジゼルに追い付こうとするスーパーモデルが。それは、レオナルド・ディカプリオの元彼女として有名なバー・ラファエリだ。彼女も下着ブランドを展開予定で、その名も「Under.me」。オンラインのみで発売する。バーは、下着は身体を形成させるとても重要な物で、好きな生地を使い、心地良いベーシックなデザインにしたという。

今後は自身のブランドを着てポーズを取ることになる2人は、Victoria's Secretの元モデルだけに、とにかく下着がよくお似合いなのだ。



●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com

(2012年2月16日号掲載)