遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップ特ダネ最前線Vol.10

ゴシップ特ダネ最前線

ゴシップ特ダネ最前線
美しく華麗なハリウッド・セレブたちは、いつも新鮮で驚きのニュースを振りまく。在米セレブライター、はせがわいずみが、そんなセレブたちの特ダネをレポート!


リンジー・ローハン、「大酒飲みになったことなどない」

「リハビリは必要ない!」とのたまっていたリンジー・ローハンが、紆余曲折の末、5月3日、ようやく更正施設に入所した。

出発前に、滞在予定の90日の間に着る服を部屋に広げた写真を投稿していた彼女は、施設に6つのスーツケースを持ち込んだらしい。おしゃれしてどうする?と突っ込みたくなるが、そんなリンジーは、入所に先立ち受けた『Daily Mail』紙のインタビューで「私は大酒飲みになったことなどないわ。起きぬけに1杯引っかけるようなこともない。ヘロインもLSDもやったことない」と話し、クリーンぶり(?)をアピール。また、入所については「私が入所するのを皆が見たいんじゃないかなって思ったの」と話し、リンジー節の健在ぶりを見せつけた。


キーラ・ナイトレイ、ジミ婚でゴールイン

アドベンチャー映画『Pirates of the Caribbean』シリーズでおなじみの女優キーラ・ナイトレイが5月4日、婚約者ジェイムス・ライトンと結婚した。

ロックバンド、Klaxonsのボーカル兼キーボードを担当するジェイムスとは、ロックバンド、Arctic Monkeysのアレックス・ターナーとモデルのアレクサ・チャンの紹介で知り合ったキーラ。2011年春頃からジェイムスと交際をスタートさせ、昨年5月に婚約していた。

挙式は南フランスのマザン市の市庁舎で、家族や親しい友人ら約11人が臨席する中、超地味に行われたそう。続く披露宴は、マザン市郊外にあるキーラの母親の家で、約50人のゲストを招いて開かれたという。ゲストには、シエナ・ミラーの姿もあったとか。

フラットシューズを履き、カール・ラガーフェルドがデザインしたシャネルのドレスに身を包んだキーラは、誓いの言葉を交換する際には感動の涙を流したという。末永くお幸せに!


チャーリー・シーンの双子、児童相談所で保護

お騒がせやんちゃセレブの元祖、チャーリー・シーン。彼が3番目の妻ブルック・ミューラーとの間にもうけた4歳になる双子の息子たちが児童相談所に保護された。おまけにその後、双子たちはチャーリーの2番目の妻で女優のデニス・リチャーズが世話をしているという。

ブルックは以前から、ドラッグやアルコール依存症による問題を抱えており、更正施設の常連。去年暮れにも入所していた。そんな彼女がまたもや更正施設に入ったために、施設から連絡を受けた児童相談所が双子を保護。不安定なパパ、チャーリーではなく、以前から度々、双子の世話をしていたデニスが預かることになった。

こうした状況についてチャーリーは「児童相談所の行動を支持します。デニスと姉妹たちのいる愛に満ちた安定した環境にいるのは、彼らにとって安全です」との声明を発表。

しかし、子供をこんな風にほったらかしにできるとは…。親失格と言われてもしょうがない?


J・ビーバー、襲撃される!?

5月5日、ドバイで公演中にジャスティン・ビーバーがファンに襲撃される事件が起きた。

ツアー中のジャスティンは、ドバイでは2日連続の公演を行ったのだが、事件が起きたのは2日目の公演だった。

ピアノの弾き語りでアルバムのタイトル曲「Believe」をパフォーマンスしていた時、男性ファンがジャスティンに突進。それを見たボディーガードがファンにタックルを食らわした。しかし、そのタックルがあまりにも激しかったようで、反動でステージ上のグランドピアノがひっくり返り、一時騒然となった。

当のジャスティンは、何事もなかったかのようにゆっくりとステージ袖に向かい、その後、コンサートの続きを行い、アンコールにも応えたという。


T・ウッズ、恋人同伴で醜態さらす

3月にFacebookで交際を認めたプロゴルファーのタイガー・ウッズと、2010年のバンクーバーオリンピック、アルペンスキーの金メダリスト、リンゼイ・ボンが、5月6日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されたファッション系のイベントで、初めてそろって公の場に表れた。

『Vogue』誌のゲストとして招かれた2人は、インタビューには応じなかったが、アフターパーティーまでしっかり出席。同会場でも、終始熱々ぶりを見せつけていた。ところが、パーティーも後半になった頃、タイガーが酔っ払いオヤジに変貌。変なダンスを披露したり、人目もはばからず、リンゼイのお尻を掴んだりしていたとか。

そして、午前2時ごろ、階段で動けなくなったタイガーを恥ずかしさいっぱいの表情のリンゼイが助け、会場を後にしたという。


今号のオイタなセレブ

アーノルド・シュワルツェネッガーの長男で、南カリフォルニア大学の学生のパトリック・シュワルツェネッガーが、やんちゃぶりを発揮している。

19歳のパトリックは、5月4日に友人のIDを使ってハリウッドのThe Sayers Clubに入店成功。しかし、DJに氷を投げつけたのがマズかった。従業員に素性がバレ、未成年の彼は店から追い出されてしまった。その後も腹の虫が治まらなかったようで、店の前で「あのDJをボコボコにしてやる」などと暴言を吐きまくっていたが、その様子をゴシップ媒体『TMZ』のカメラにバッチリ撮られてしまった。

カリフォルニアでは、偽IDの使用は1年間の禁固刑と1000ドルの罰金の対象。今回は、親の七光りかどうかはわからないが、何とか逃れたようだ。しかし次回も逃れられるとは限らない。

スポイルされまくりの二世の道から早く更正しないと、お騒がせセレブの仲間入りになる日も近いかも…。




●はせがわいずみ
セレブのインタビューや写真を全世界に配信するハリウッド通信社(www.hollywoodnewswire.net)代表。取材したセレブは延べ5000人以上。LA記者クラブ南加ジャーナリズム賞国際コラムニスト・批評家賞受賞。

(2013年6月1日号掲載)