遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

KIMIKOのポスチュアウォーキング
第2回:筋肉のガードルをはこう

最新USトレンド

夏に向けてShape Up
歩きながら綺麗になる!

これからの季節、海や山で思いっきり楽しみたいですね!その前に、緩んだカラダのシェイプアップが必要。
日本で大人気のKIMIKO先生によるポスチュアウォーキング集中講座をお届けします。

KIMIKO先生のProfile
ポスチュア(姿勢)スタイリスト。1961年岡山県生まれ。出産後、体形が崩れてしまったことをきっかけに、ウォーキングを学び始める。自らのウォーキングにより、劇的な全身整形を体験。独自のポスチャーウォーキングメソッドを構築する。現在、全国でウォーキングレッスンを行う。www.posture.co.jp


正しい姿勢は
みんな知っている

 「正しい姿勢」と聞いて、皆目、見当のつかない人はいないと思います。とっても簡単です。こんな簡単なこと、言われなくてもわかります。では、実行していますか? わかっていてもやらない。これでは、ちっともわかっていることになりません。頭と体をつなげましょう。

下半身の正しい姿勢
[沼をそろえて立ちます。
⊇性は、つま先をこぶし1個分開けます。
 男性は、1.5個分くらい。
N沼のふくらはぎが外から内側へ押されるように、
 脚の内側の線を意識して立ちます。
い劼兇らおしりにかけて筋肉が引き上がっているように線を描きます。
 ヒップでコインを挟む感じ。


上半身の正しい姿勢
,へそを縦に細長くしましょう。
胸をしっかり張って、おなかを広げてこちらも縦長にするように。
3椶販掌を結んだ三角形に高さを持たせます。
 首を長くします。
てが斜め後ろに引っ張られているように意識します。
 背骨の真上に頭がポコンと乗るように。

 これで正しい姿勢の完成です。正しい姿勢をとるだけで、おなかとおしりがキュッと締まってますね。ちょっとおなかとおしりを触ってみてください。そうです、これが“筋肉のガードル”です。


骨盤の角度を
意識する

 ヒップをキュッと引き上げたときにおしりがポコンと後ろに出てしまうことがあります。これではだめです。
 でも、どこか1つ目覚めたら、わりと簡単にカッコ良くなります。それが、骨盤の角度です。
 壁に背中を向けて立ち、かかと、ヒップ、肩甲骨を自然に壁につけます。
 最後に後頭部。このとき、腰の裏側に手のひらが1枚入るくらいが理想です。スカスカに空いてしまう方は、腹筋を少し締めて、骨盤の角度を調整してください。


ポイント

〜正しい、美しい姿勢のとり方〜
❶体の中心に重心を寄せる。
 中心にお肉が寄ってくるように意識する。
❷下から上に一輪挿しを作るように、全体を引き上げる。
 肩は下げる。
❸頭の天辺(百会)からまっすぐ1本の線が入って、おしりに抜けているようにイメージする。
❹上半身の体重を腰の位置で
 しっかり支える。

(資料)『歩く姿勢が美しくなる本』(中経出版)
    イラスト:上大岡トメ