遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

去年までとはぜんぜん違うHalloweenを思い切り楽しもう 1

最新USトレンド

もうすぐハロウィーン! カボチャのランタンを飾ったり、パンプキンパイを食べて仮装パーティーに出かけたりと、あらためてアメリカにいることを実感する時期。でも毎年同じじゃつまらない。今年はちょっと知識も貯めて、去年とは違うハロウィーンを楽しんでみませんか?


まずは頭に入れようハロウィーンってナニ?

仮装パーティーで楽しく過ごすイメージが強いハロウィーンだが、アメリカではれっきとした伝統行事。ハロウィーンとはそもそも、カトリックの万聖節(AllSaint’s Day)の前夜祭のこと。ちなみに万聖節とは、聖人たちを讃えるためのお祭りで、ハロウィーンの語源も、「神聖な(Hallow)」と「夜(Evening=een)」からきている。
さらに元をたどれば、2千年前の古代ケルト人の時代までさかのぼり、彼らの宗教的行事に起源を持つ。古代ケルト歴では、10月31日が1年の終わり。この日に新年と冬を迎え、秋の収穫を祝うお祭りを開催していた。同時に、その夜には亡くなった家族や友人らの霊が家に戻って来ると信じられていた。

そういう意味では、ご先祖様を迎える日本のお盆に似た意味合いもあるのだが、気味の悪い幽霊にはとっととお引き取り願おうというのがケルト式。先祖などの良い霊だけでなく、子供をさらったり、作物や家畜に被害を与える悪霊も横行するとして、「ここは、あなたたち悪い幽霊の戻って来る所ではありませんよ」というメッセージを込めて、自宅の明かりを消し、冷えた料理を用意したというからユニークだ。


重大3要素の意味を知ろう

ハロウィーンには欠かせない「Trick or Treat」「仮装パーティー」「カボチャのランタン」の由来や意味を知ると、さらにハロウィーンが楽しくなる。


まずは「Trick or Treat」。意味は前述のとおりだが、直訳すると「トリック(魔法)をかけられたくなかったら、トリート(お菓子)をよこせ」ってこと。これは19世紀のヨーロッパが発祥地という説が濃厚。万聖節の翌日である11月2日は死者の日。「オール・ソウルズ・デー(All Sauls’ Day)」と呼ばれ、その昔、キリスト教徒らは死者の霊魂を天国へ導くお祈りをする代償として、「魂のケーキ(Soul Cake)」を乞いながら村中を練り歩いたという。この風習が「Trick or Treat」の起源と言われているが、今のように仮装をした子供たちがお菓子を求めて近所を歩き回るスタイルになったのは、ほんの半世紀ほど前のことらしい。

「仮装パーティー」に関しても諸説があるが、これもケルト人の時代にさかのぼると見られている。当時、ハロウィーンの夜には悪霊が徘徊し、色んな悪さをしたという。これに業を煮やした村人が、自らお化けの格好をして街中を歩き、悪霊を追い払った名残だという。

最後に、ハロウィーンの象徴ともなっている「カボチャのランタン」について。英語では、これを「Jack-o’-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」といい、アイルランド移民がアメリカに伝えたと言われている。

アイルランドには「ジャックのランタン」という古い民話が残っている。その内容はこうだ。

昔、ケチで嘘つき、おまけに大酒飲みのジャックという、とんでもない男がいた。ある日、酒を買うお金が底を尽きたジャックは、思案した挙句、こともあろうに悪魔をだまして銀貨を手に入れた。年月が流れ、ジャックの寿命も終わってしまったが、生前の悪行の行き過ぎで、ジャックは天国はもちろん、地獄からも門前払いを受ける。行き場を失ったジャックは、悪魔から石炭に火をつけたカブのランタンをもらい、それを灯しながら永遠に冥界をさまよい続けた。

民話にもあるように、オリジナルはカボチャではなく、カブ。だからケルト人の末裔でもあるアイルランド人は、カブでランタンを作っていた。しかしアメリカに渡って来たアイルランド系移民たちは、カラフルで可愛いカボチャでランタンを作り始め、今のスタイルが定着した。

これらがハロウィーンにまつわる話だ。起源などには色んな説があるが、真偽はともかく、ハロウィーンの背景を知っていると、きっと楽しさも倍増するはずだ。


コスチュームでハロウィーン気分最高潮!

さて、今年こそは仮装して、ハロウィーンの主役を気取ってみてはいかがだろうか。といっても、その種類は千差万別。数もとても多い。選ぶ基本は、自分のお気に入りキャラクターや、友達をアッと驚かせる凝ったものを選べばいいのだが、いくつか知っておきたい留意点もある。


1.安全なコスチュームを買う
自分の視界を塞いだり、動きを妨害するコスチュームは選ばない。また、耐火素材を使用しているものを選ぶ。

2.着ていく場所を考える
パーティーなどでコスチュームを着る場合、ゲストリストをあらかじめ知っておく。大人だけのパーティーなら好きなものを着ればいいが、子供がいる場合は、テーマや趣旨をよく考えて奇抜なものは避ける。

3.世間の話題をモチーフに
基本的には、最新の出来事やニュース、流行のキャラクターなどをモチーフにしたコスチュームが無難。例えば今年は、大統領候補のオバマ氏、マケイン氏などが注目株。

4.親の勝手で選ばない
子供にコスチュームを買う場合、子供が気に入るものを選ぶ。2〜3歳くらいまでは親の好みで選んでもいいが、それ以降は子供の意見を尊重し、子供自身が着たいと思うものを買うこと。

これらの基本事項に注意すれば、どんなコスチュームを買っても大丈夫。自分にピッタリの、楽しくて人目を惹くコスチュームを選んでほしい。


楽しいハロウィーンのための注意事項

世間がお祭り気分に浮かれている時こそ、犯罪が起こりやすくなる。特に子供が主役の「トリック・オア・トリート」は、注意が必要。安全なハロウィーンのための注意事項をまとめた。








<自分の子供に対する注意>
● 「トリック・オア・トリート」はなるべく、昼間の明るい時間帯に
● 「トリック・オア・トリート」には、必ず大人が付き添う
● もらった菓子類は、必ず大人がチェックし、安全を確かめてから食べさせる
果物類は、切って中身を確認する
● 知らない家へは近寄らず、知らない人の車には乗らない
● 他人の家の庭庭や通路を使って近道しない
● 夜間に「トリック・オア・トリート」に出る場合、具体的な制限時間を設ける
● 「トリック・オア・トリート」の際は走らない
● 親は、子供の回るルートを必ず把握する
● 子供は常に歩道を歩く
● 道路を渡る時、必ず四方を確認する
● ハロウィーンの夜は、家でも子供だけにしない

<他人の子供やその他の注意>
● 訪れて来た子供を家に招き入れない
● 手作りの菓子は、知っている子供だけにあげる
● 付き添いの大人は必ず懐中電灯を持参する
● ハロウィーンの夜は、ペットを屋内か安全な場所に移動する

参考:ロサンゼルス市警ウェブサイト
www.lapdonline.org/prevent_crime/content_basic_view/7724


1度に色々揃えられるコスチューム、グッズの専門店

<全米展開店舗>
Spirit Halloween Superstores
www.spirithalloween.com

Party America
Spirit Halloween Superstores
www.partyamerica.com

Party City
www.partycity.com


<ロサンゼルス地域>
Hollywood Toys & Costumes Inc.
6600 Hollywood Blvd., Los Angeles
☎323-464-4444
www.hollywoodtoysandcostumes.com

Ursula’s Costumes
2516 Wilshire Blvd., Santa Monica
☎310-582-8230
www.ursulascostumes.com

AAARDVARK
2621 Artesia Blvd., Redondo Beach
☎310-370-6500
www.aaardvarks.com

Fantasyland Costume
1118 W. 135th St., Gardena
☎310-217-0456
http://fantasycostume.com

Behind The Scene Costume
285 W 6th St., Los Angeles
☎310-521-9000
www.behindthescenescostumes.com


<オレンジカウンティー地域>
Halloween Club
13310 E. Firestone Blvd., Santa Fe Springs
☎1-800-477-6659

Charisma Costumes
6161 W. Lincoln Ave. D2, Buena Park
☎714-827-4550
www.charismacostumes.com

Costume Galore
1070 N. Batavia St. #E, Orange
www.costumesgalore.com

Costume Castle
23811 El Toro Rd., Lake Forest
☎949-588-9929
2881 El Camino Real, Tustin
☎714-505-3031
www.thecostumecastle.com


安い、簡単、楽しい
自分で作るコスチューム

店に行けば、何でも揃う。しかし、ここはあえて、自作に挑戦してみてはいかがだろう。というわけで、毎年よく見る「ハンドメイド・コスチューム」をいくつか紹介しよう。





●大統領
男性用スーツを着用し、大統領の顔を模したマスクを購入してかぶると、
インスタント大統領のできあがり

●ブドウ
緑か紫のスウェットと同じ色の風船をたくさん用意する。
スウェットを着用し膨らませた風船を安全ピンやテープで身体中に貼り付ける

●ダルメシアン
フード付きの白いスウェット、黒のフェルト、アイロンの熱でテープになる素材(手芸店で入手可)を用意する。フェルトを無造作に丸く切り抜き、
スウェットとフェルトの間にテープを挟んでアイロンをかける。
顔は白く、鼻は黒く塗る。黒の斑点とヒゲを描けばできあがり

●ガイコツ
黒のスウェットを用意。白のフェルトを細く切り、
それを骨(骨格)のように組み合わせて貼り付ける