遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイス Vol.3

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ジェニファー・アニストン
ジョン・メイヤーと婚約か?

元夫、ブラット・ピットと別れて以来、お相手に恵まれなかったジェニファー・アニストン。9歳年下で歌手のジョン・メイヤーとのオン・アンド・オフな関係を続けていて、最近はひとまずラブラブ。ジョン・メイヤーは、何だか冴えない容貌とは裏腹に、女の子大好きで、モテ男でもある。古くはジェニファー・ラブ・ヒューイットに始まり、最近では全米憧れのキレイなお姉さんであったジェシカ・シンプソンとも数カ月の交際などなど、浮名は絶えない。

そんなジョンが今回ばかりは本気のようで、ジェニファーの40歳の誕生日となる2月11日に、何とカスタムメイドの指輪を贈ってプロポーズを計画しているという。誰かが持っている指輪では嫌だと、世界に1つしかないカスタムメイドをと張り切るジョンだが、ジェニファーはあまり乗り気ではないよう。

実はニューイヤーをメキシコで共に過ごした後、ジェニファーは、「この人は一生一緒にいる相手ではないかも」と、またもや別れを告げたとか、告げないとか。外見も中身もジェントルマンのパーフェクトな男性を元夫に持つ、ジェニファーのパートナー探しは難航中だ。


☆ディカプリオが
悲願のアカデミー賞

『Titanic』から10年。世界を熱狂させたゴールデンコンビ、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、長い年月を経て再び一緒に仕事をすることになった。
 
2人は『Titanic』の後も友達関係である。ケイトが2度の結婚や出産を経験するかたわら、レオは細くて美しいブロンドモデルたちを、とっかえひっかえしているうちに年月はアッという間に過ぎ、2人はいつしか今回の役どころにぴったりの年齢になってしまっていた。

『Revolutionary Road』は、『Titanic』での初々しい初恋から打って変わって、結婚数年目で重々しい倦怠期を迎える、2人の子供を抱える夫婦の、どこにでもある不満と対立、そして愛の話。この作品で高い演技力を評価され、既にゴールデングローブ主演女優賞を手中に収めたケイトに対し、レオはかすりもしない様子。

天才子役として、ロバート・デ・ニーロが脅威に感じていた少年レオ。その後も素晴らしい演技を繰り広げているにも関わらず、甘いマスクが災いしてか、未だアカデミー賞はもらえない。今年の同賞の有力候補と言われる相手役ケイトを尻目に、今年も観客に徹することになりそうだ。アカデミー賞授賞式は2月22日に放送される。


☆アメリカン・アイドル
第8シーズンに突入!

飛ぶ鳥を落とす勢いで視聴率を稼いできた人気番組『American Idol』が、新しいシーズンに入った。しかし、新メンバーも加わったが、やはり視聴率の降下は抑えられなかったようだ。

以前から人気の一要素である辛口ジャッジの中で、比較的優しいコメントをすることで知られるポーラ・アブドゥルが、同番組降板を希望しているとの噂が立ち、今シーズンからは新メンバーで行くのではないかと、囁かれていた。と言うのも、昨年、同番組出場者で、ポーラの熱狂的なファンの1人が、ポーラの自宅前で自殺するという痛ましい事件が強く影響している。

今回新メンバーに入ったのは、シンガー・ソングライターのカーラ・ディオガルティ。個性的なキャラクターで、一躍名物となりそうだ。

気になる視聴率だが、1月13日の第1回放送では、3010万人が視聴していたことが伝えられた。ニールセン・メディアリサーチによれば、視聴者は同番組の昨年の放送開始日の3340万人から10%落ちて、この数字になったという。なお2年前の2007年のシーズンオープニングでの3740万人が、この番組での最高記録となっている。


☆サラ・ジェシカ・パーカー
別居か?

『Sex and the City』で人気を博しているサラ・ジェシカ・パーカーだが、10年以上共に過ごしている夫、マシュー・ブロデリック氏の元を離れ、家を出る準備を進めているという。
 
サラ・ジェシカは既に、ニューヨーク市内で新たな自分用の住まいを探しているとか。今回の別居、実は昨年7月に伝えられたマシューの浮気が原因ではないかと言われる。ハリウッドセレブの中でも有名なおしどり夫婦ぶりを発揮していただけに、とても信じがたい状況だ。しかし、我慢も限界といったところだろうか。
 
オンラインに寄せられた関係者の言葉が内情を語っている。
 
「サラ・ジェシカはバカじゃないわ。彼女は一体何が起こっているか、ちゃんと分かってるの。しばらくの間は、つらい離婚を乗り越えるよりも留まっていた方が良かったけど。基本的には、既に家庭内別居なのよ」。

2人の間には6歳の息子がおり、この息子の存在だけが2人をつなぐものだという。年末年始の休暇は一時休戦し、3人で幸せな家族を装って過ごしたようだが、2人ともプロの俳優だけに、息子を欺くのもお手のもの!?


ハリウッド・カップル・レポート

人生ドラマをエンジョイ中?
ジェニロペに離婚の噂


ジェニファー・ロペスと歌手、マーク・アンソニーとの間で、離婚の噂が早くも立ち上がっている。と言うのも、最近2人は人前で派手にケンカをし、指輪を付けないといった、あからさまな行動を起こしているから。
 
2人は、2004年にデュエットを歌うなど仕事を共にしているうちに結婚。07年に行った全米ツアーでは、ジェニファーは身重の身体を押して、行脚に精を出した。ジェニファーは、昨年2月に双子を出産。しかし、子供たちが10カ月とまだ小さいうちに、結婚指輪を外すほどの危機を迎えた。

業界内でもそのディーバぶりで異名を取るジェニファー。一歩も譲らないワガママぶりを見せ、仕事も自分1人で決め始めた。寝耳に水のマークの怒りに、「あんたには関係ない!」と言うツッパリぶりで、2人は業火のようなケンカを所構わず繰り広げている。

マークの怒りは彼女の独断行動だけではなく、かねてより入信疑惑が持たれていたサイエントロジーとの関係もあるようだ。カソリックのマークは、愛する子供たちが「サイトロ・キッズ(サイエントロジー信者の子供たち)」になるべく教育を受けることを、好ましく思っていない。しかし、最近になってジェニファーは、子供たちを同教会へ連れて行き始めたという。ジェニファーは、自身が信者という訳ではないが、父親が信者だったため、サイエントロジーに対し理解が深く、その広告塔として有名なトム・クルーズ夫妻とも仲が良い。入信も時間の問題と言われている。


今年に入ってからは、離婚の噂を否定するかのように、バケーションを楽しんだり、公の場でのキスなどを披露している2人。そんななか、実は2人が単に「ドラマ」好きなのではないかという説もある。人生をドラマチックに彩ることは、時としてとても大切。パッションで愛を確かめ合う場合もあるのかもしれない。




セレブなお仕事紹介・その
「メーキャップ・アーティスト」

「私が思うに、女優さんとか有名人とかでも爛レイな人瓩辰鴇ないわ。顔の造りっていうより、オーラみたいなものを持っているの」。メーキャップ・アーティストとして働くキャリー・スコット(仮名)さんは言う。
 
キャリーさんは、美しい人でもゴージャスになるには、メークが必要だと話す。トップクラスの女優やセレブリティーたちの専属メーキャップ・アーティストのギャラは、日給で1万〜3万ドル。なるほど、さぞや重要な変化に違いない。
 
映画のプロモーションなどで世界各地を回る女優たちは、専属のメークさんと共に旅をする。数万ドルというメークさんのギャラは、映画会社持ちなんだそうな。どおりでヘアスタイリスト、メーキャップ、パーソナル・アシスタント、エージェント、マネージャーと、セレブの周りにはたくさんの人がうろうろしているはずだ。
 
セレブであろうとも、人は人、人目を気にする乙女なのだ。
 
「実は爛ぅ鵐札ュア(自信がない)瓩覆里茵周りからどう見えるかと意見を求められるし、いつも良く見られたいと気にしているわ」。
 態度は、トップレベルでないセレブの方が、実は横柄であるとか。
 
「テレビでちょっとした役をチョコチョコやっているような女優さんや、リアリティーショーで有名になったような人は、態度が悪いのよ。周りに誰もいないのに、パパラッチがいるからと隠れる姿は滑稽だわ」。
 
元々金融関係の仕事をしていたキャリーさん。どうしてもこの世界に入りたくて、憧れのハリウッドに上京した。華やかな場所に身を置くのは、本当に楽しいと、自分が手にした天職への情熱を語る。
 
メークは、女優たちを一般の手の届かないスターにするために、絶対必要なものだと言う。セレブたちは、いつも時間がないという焦燥感とプレッシャーと戦い、絶えず落ち着かない。少しでもリラックスさせて、「自身」を持たせてあげることが1番大切だと声を弾ませた。
 
キャリーさんが今まで会ったセレブで1番オーラを感じたのは、ケイティ・ホームズだとか。
 
「もう周りの空気が固まってしまうくらいのオーラを感じたわ」。
 
これは、トム・クルーズの英才教育の賜物であろうか?
べっちゃんも、スターオーラを強化して、三毛猫顔に磨きをかけるのだ!と決心したのだった。


(2009年2月1日号 掲載)




●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com/wtrgallery.html

Copyright © 2008-2009 Lighthouse - Takuyo Corporation
All Rights Reserved