遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

『TOYO'S CAMERA
Japanese American History during WW供

最新USトレンド

日系人の歴史を伝えるドキュメンタリー映画が公開
『TOYO'S CAMERA
Japanese American History during WW供

第二次世界大戦中の日系アメリカ人の歴史を綴ったドキュメンタリー映画が完成した。真珠湾攻撃により、敵国・日本のルーツを持つ12万人の日系人が収容所に入れられたことは、日本ではあまり知られていない。そこでの生活を写したカメラマン、宮武東洋氏の写真を手がかりに、苦悩と決断の歴史を紐解いた注目の作品だ。


この作品を手がけた
すずきじゅんいち監督インタビュー



日系人の歴史を
中立な視点で描きたい

ロサンゼルスに来て8年目になりますが、渡米前から収容所のことは知っていました。でも何か絵空事のような感じがしていて、リアリティーがなかったですね。収容所を描いた映画は日系人によってたくさん作られていましたが、それを見ても「過去にとらわれず、もっと未来のことを描くべきじゃないか」とさえ思っていました。

今から3年ほど前、ある日系2世の女性と知り合い、収容所での体験を聞く機会がありました。ツールレイク収容所に入っていたそうですが、当時はまだティーンエイジャーで、彼女自身はそれほど辛い記憶はなかったそうです。でもその後、父と姉は日本に戻ってしまい、母と2人、アメリカに残るという家族離散状態となり、父は日本で亡くなり死別するという、ドラマのような現実の話を聞かせていただいたのです。「これは大変な問題だったんだ・・・」。たくさんの写真や資料を見ながら実体験を聞くうちに、日系人が持つ深い心の傷や、収容所にこだわらざるを得ないことがわかってきたのです。

ただ、彼らの映画で物足りなく感じるのは、中立な視点。どうしても被害者的な立場で描いてしまうため、その一面が強調され過ぎている感じが拭えません。私のような第三者が、日本人として違う目線から描くことで、この事実をより多くの人に正しく伝えられるのでないかと思い始めました。でも、戦争体験者である日系2世の人たちは80代以上の年齢。映画を撮るなら、そういう人たちの生の声を聞けるうちに早く作らなければならない。ビジネスという観点よりも、後世に伝え残したいと決意して始めたんですね。



収容所の生活を伝える
宮武東洋の写真

当時の貴重な記録は、収容所で暮らした写真家、宮武東洋さんが残した写真を借りられるかどうかにかかっている。まずは、東洋さんの息子、アーチー宮武さんに会いに行きました。アーチーさんは子供時代、家族と共にマンザナー収容所で暮らした方。当時の話を色々聞かせてくださいました。父の東洋さんは、持ち込みを禁じられたカメラのレンズを隠し持ち、同じ収容所に入った大工にカメラのボディ作成を頼んで、手製のカメラを作り上げました。いつもアーチーさんに、「二度と起こってはならないこの事実をカメラで記録するのが、カメラマンの務めだ」と話していたそうです。

アーチーさんには映画の主旨に賛同いただき、貴重な写真を1500点ほどお借りすることができました。東洋の写真は何が素晴らしいと思いますか?彼はたくさんの人の写真を撮りましたが、どれも笑顔が素晴らしいんですね。これは、撮影している東洋さん自身が、写真が好きで、撮るのが嬉しいというのが伝わるからなんでしょうね。普通は団体写真でみんながとても自然に笑っているなんて、なかなか撮れないですから。彼はもともとリトルトーキョーにある犲命心曚里やじ瓩如⊃佑亡遒鵑任發蕕Δ燭瓩砲いぜ命燭鮖り続けてきた人。写真館を始めてすぐの頃、お金を取らずに写してしまうので、困った奥さんがマネジメントを始めたそうです。取材で「東洋さん」の名前を出すと、「思いやりのある親切な人だった」と、皆さん協力的に話してくれました。

収容所に入った人たちは厳しい生活環境にショックを受けますが、勤勉さと努力で生活を整えていきました。1世の親たちは、なるべく子供が日常的な生活を楽しめるよう苦心したそうです。東洋の写真の中には、野球大会やクリスマスパーティーなどの場面もたくさんあり、そこには人々の笑顔やたくましい生活が写し出されています。そんな様子が伝わるのも、東洋の写真の力があったからだと思います。


過去の遺産を描くのでなく
未来を考えるきっかけに

宮武東洋の写真のほかに、ワシントンの国立図書館など多くの場所へ出かけて、当時の記録や映像を集めました。撮影は2カ月半でしたが、100カ所以上の施設や団体へ資料の使用許可などを依頼し、完成には約1年かかりしました。タイトルが「TOYO'S CAMERA」となっているため、東洋の生涯を描いたものだと思われることがありますが、そうではありません。この映画で伝えたいことは、東洋の写真を通じて、第二次世界大戦下に日系人がどういった状況に置かれ、どんな決断をしたのか。このようなつらい体験は、自由の国アメリカではもちろん、世界中で二度と起こってはいけないということです。

アメリカ人も日本人も、こういう歴史を知っている人はかなり少ないでしょう。この映画は日米両方で公開されますが、ぜひ色々な人に見てもらいたいですね。昔の話ではなく、あなたたち自身の現代の話ですよ、と伝えたい。過去の遺産を描くのではなく、未来に向かってどう生きるのかを考えるきっかけになればと思います。





●プロフィール
すずきじゅんいち 映画監督。1952年神奈川県生まれ。日活株式会社を経て84年からフリーランスとして『マリリンに逢いたい』(88年)、『砂の上のロビンソン』(89年)などのヒット作を監督。90年に文化庁派遣によりニューヨーク大学大学院、映画学科客員研究員。これまで22本の長編映画を監督、11本映画をプロデュース、13本の映画シナリオを執筆。2001年よりロサンゼルス在住





戦争の苦難を乗り越えた
日系アメリカ人の歴史

日本人がアメリカ本土に移住したのは1869年。90年代より本格的に移民が始まり、勤勉な日本人は努力の末、アメリカ国内で足場を固めていった。

1941年12月、真珠湾攻撃で太平洋戦争の火蓋が切られると、日系人は「敵性外国人」とみなされ、主要な人物が検挙。新聞では「ジャップ」という蔑称が1面を飾り、街では日系人を狙った傷害事件も多発した。

42年2月、大統領発令により特定地域から日系人を排除する権限が陸軍に与えられ、1週間後には、ターミナル・アイランドの日系人に48時間以内の退去が命ぜられた。人々は資材を二束三文で処分し、ほかの地域でも立ち退きが発令されていった。42年の夏頃までには、西海岸の日系人約12万人が、10カ所の収容所へ強制送還された。

1万人が収容されたマンザナーは、デスバレーの西に位置する荒野。鉄条網で囲まれた1平方マイルに住居用バラックと、共同の食堂、洗濯場、トイレなどがあった。バラックは4部屋に仕切られ、4家族が入居するプライバシーのない空間。生活が落ち着くと、人々はバラックの周りに花壇や池を作り、環境を整え、演芸会や英語や裁縫、工芸などのクラスも開催された。立ち退きで多大な財産を失った人がいる一方、生活に追われて働き詰めだった人の中には、収容所で初めて習い事をした人もいたようだ。

収容所には、日系1世、アメリカ生まれで市民である2世、アメリカ生まれで日本へ教育のため一時帰国して戻った「帰米」の人たちがいた。それぞれの立場により収容所に対する反応や、日米どちらに忠誠を誓うかという見解が異なり、対立が起こった。43年に行われた「忠誠登録」(アメリカに忠誠を誓うかを問う質問状)は、収容所内の混乱をさらにかき立て、家族内部をも対立させ、日系コミュニティーを分断した。

しかし、アメリカに忠誠を誓った人たちは、進んでアメリカ軍に志願。日系人で結成された442部隊は、特攻精神で大きな犠牲を払いながらも、戦線で多大な功績を上げ、日系人の地位向上に大きく貢献した。戦後88年には、収容所の反憲法的な措置に対する政府の公的謝罪を勝ち取るまでに至った。




ドキュメンタリー映画『TOYO’S CAMERA
Japanese American History during WW供戮△蕕垢

写真家として活躍した日系人、宮武東洋の写真を手がかりに、戦争中の日系人が体験した苦悩と決断の歴史を綴った長編ドキュメンタリー。マンザナー収容所内で撮影した貴重な写真や映像、また当時を知る人々の証言を元に、戦争の過ちを二度と繰り返してはいけないというメッセージを伝える作品。


上映
●3月6日(金)〜12日(木)
 1:15pm/ 4:00pm/ 6:45pm/ 9:30pmの1日4回上映
*12日は日本語吹き替え版サンタモニカ
・Laemmle Monica4Plex 1332 2nd St. Santa Monica

●3月15日(日)
 11:00am/ 2:00pm/ 5:00pm
*5:00pmは日本語吹き替え版ダウンタウン
・Aratani Theatre244 S. San Pedro St. Los Angeles

企画、脚本、監督:すずきじゅんいち
製作:UTB、フィルムヴォイス、東北新社、米国日本ハム
音楽:喜多郎
Website:www.toyoscamera.com


【宮武東洋(Toyo Miyatake 1895-1979)】
1895年に香川県生まれ。13歳で両親と共に渡米。21歳の頃、高名だった日系人のハリー重田から写真を学ぶ。23年にリトルトーキョーで写真館を開業。世界的に著名なエドワード・ウェストンや、アンセル・アダムスからも写真を学ぶ。
 
41年の日米開戦に伴い、一家6人はマンザナー収容所に入り、収容所の日々の生活を撮影した。

戦後リトルトーキョーに戻り、再びスタジオを開き、亡くなる直前まで写真を撮り続けた。



《試写会にすずきじゅんいち監督、喜多郎が参加》

去る1月29日、ロサンゼルスの国際交流基金でメディア向けの試写会が行われ、すずきじゅんいち監督を始め多くの関係者が集まった。

音楽を担当した喜多郎さんは、グラミー賞受賞のアーティスト。在米17年の現在、北カリフォルニアから世界に向けて、Love & Peace World Tourを展開中。「地球や世界の未来に提言する作品に参加できたことをうれしく思います。映像と音楽が自然にコラボレーションしていて、リアリティーが伝わってきて素晴らしい。みんなが真剣に将来のことを考え始めるきっかけになればと願っています」と語った。

東洋の長男アーチー宮武さんは、収容所で父と一緒に暮らした経験を持つ。「父は、人がいない光景を撮るため早朝から写し、またグループ写真や個別の写真は日中撮影し、収容所での暮らしをくまなく記録しました。映画ではそんな父の考えまでが伝わってきます」と述べた。



写真:右からすずき監督、喜多郎さん、アーチャー宮武さん


●やまだゆみこさんによる
排日の歴史を綴ったアニメも上映

弊誌連載「これでもか! LA」の作者、やまだゆみこさん制作のショート・アニメーション『Japanese American History of Racial Discrimination』が、本編の前に上映される。米国における排日の歴史をわかりやすくまとめた同作について、やまださんに聞いた。


『Japanese American History of Racial Discrimination』は、第2次世界大戦前後のアメリカにおける日本人、日系人差別の歴史を、約5分間のアニメーションにまとめた作品です。

私のクリスマスカード用に制作したアニメーションをすずき監督がご覧になったことが縁です。ドキュメンタリーである『TOYO'S CAMERA』の雰囲気を和らげる役目として、本編中に挿入しようという話でした。しかし、タッチが大きく異なるため、「では、本編中の時代背景を誰もが理解できるよう、本編上映の前に流そう」ということになりました。すずき監督の脚本に基づき、私からも提案や発案しながらの制作は非常に楽しかったです。

排日の歴史については、おおよそのことは知っていましたが、新たな気付きがいくつもありました。時代が違えば、収容所に行っていたのは私たちです。東洋さんの収容所内を撮影した写真は、酷い環境下でも前向きに力強く生きる日系人の姿を生き生きと描いていて、感銘を受けました。

私の似顔絵キャラクターもナビゲーター役(声:神林幸代)として登場します。本編をご覧になる前に、気楽に勉強してみてください。



(2009年3月1日 掲載)