帰国後のキャリアを比較!J-1ビザインターンシップvsワーキングホリデー

アメリカ版ワーホリ!?J-1ビザインターンシップ徹底解説

「J-1ビザインターンシップ」と「ワーキングホリデー」帰国後のキャリアは?

ここまでJ-1ビザによるアメリカでのインターンシップや、英語圏の各国におけるワーホリ制度、それぞれにかかる費用の違いを比べてきましたが、忘れてはいけないのが「帰国後のキャリア」について。ついつい、現地での生活のことばかりに目が向きがちですが、インターンシップにしてもワーホリにしても、海外渡航した人のほとんどは終了後に日本へ帰国し、新しい生活を始めているようです。日本帰国後の将来も考えた上でプログラムに参加するのとしないのとでは、得られる経験も異なってくるでしょう。海外での滞在がより一層充実したものとなるよう、渡航前から帰国後のキャリアについて考えておくことも重要です。

英語を話せるだけでは「武器」になりにくい

近年、企業のグローバル人材に対する採用熱は増す一方であることはご存知の通り。しかし需要がある一方、ただ英語が話せるだけでは武器になりにくいのが現状とも言えます。日本でも、海外インターンシップ経験者、ワーホリ経験者はもちろん、英語を話せる人や海外での実務経験者がどんどん増えており、ライバルが数多く存在するのです。ですから、帰国後のキャリアアップやより良い条件での就職には、インターンシップの経験やワーホリの経験に加え、プラスアルファのアピールポイントが必要でしょう。「帰国後は英語を使った仕事にキャリアチェンジしたい、インターナショナルな企業で働きたい」と思っているなら、インターンシップやワーホリでの海外渡航を決める前に、将来どのような業種や職種の仕事に就きたいのか自分の希望を整理、その上でスキルアップにつながる仕事を探すことをおすすめします。

スキルアップや実務経験を身に付けるならワーホリよりも「J-1ビザインターンシップ」

そもそも有給のインターンシップをアメリカで獲得するのはたいへん難しいもの。インターンシップ本来の目的は、アメリカの学生が学校卒業前に企業で働き、給与は支払われない代わりに実務経験と学校の単位を習得できるプログラム。「J-1ビザ」とはいえ、有給のポジションを獲得するだけでもその後の企業からの一定の評価に値しますし、18カ月間(12カ月間の場合もあり)も実務経験を積めるのは、確実に帰国後のキャリアにも役立つでしょう。J-1ビザ取得のために支払う約20万~60万円のエージェント費用(エージェントを利用した場合)は決して安いとは言えませんが、こうしたチャンスを獲得するためなら割に合っていると考えても良いのかもしれません。業種はメディア、非営利団体、観光、飲食、アパレル、広告代理店、商社、アートギャラリー、Webサービス、教育、ブライダルなど多岐にわたっているので、興味のある仕事がきっと見つかるはず。やはり、これまでの経験を活かせる仕事の方が就業機会を得やすいと言えますが、あえて次に狙っている未経験の業界にチャレンジし、アメリカで得た経験を使って帰国後の日本でキャリアチェンジすることも一つの選択。海外のビジネスの現場でしか学ぶことのできない交渉力、ワークスタイル、人脈構築のスキルも有利に働きます。注意すべきは、渡米後は就業先の変更が不可能であること。興味の対象が変わっても仕事内容を変えることができないので、事前にしっかり準備しておくことで後悔しないようにしましょう。

海外で生活するサバイバル力が身に付く「ワーキングホリデー(ワーホリ)」

「ワーキングホリデー」は基本的に休暇を目的としたビザのため、よほど高い英語力が身に付かない限り「ワーホリで1年間海外で生活していました」だけではアピール不足で、日本企業では高い評価につながりにくいことも。ワーホリ期間中に英語力以外でも何かを身に付け、成し遂げたかが帰国後のキャリアに影響します。が、実際に経験できる仕事内容としては、和食レストランでの接客、ホテルの受付、工場関係の仕事、農作業、ベビーシッターなど、そもそも英語能力があまり必要とされない職業か、日本語が使えることがメリットになる職業がメインとなってくることも。というのも、どの国、どの地域でも仕事の需要と供給のバランスの側面から、ワーホリ滞在者が得られる仕事には限りがあるからです。収入の面でいうと、重労働となる仕事以外は、生活費全てを賄うことは厳しいようです。ただ、なかには「日本語教師」や「会計士」など、英語力+専門性が必要な仕事であったり、「ショップ店員のマネージャー」という現地スタッフとのコミュニケーションが非常に大事なポジションに就いて、スキルアップしている人もいます。重要なのは、ワーホリ滞在中の仕事探しでしっかり自分を売り込むことができるかどうか。「自分を雇うことで、雇い主にどんなプラスな面が生まれるのか?」を説明し、自分のポジションを勝ち取るのです。全てが自分の行動力にかかっている一方、うまくいけば経験だけでなく、海外で生き抜く力も身に付くでしょう。

アメリカでの生活の魅力は?

「J-1ビザインターンシップ」と「ワーキングホリデー」の違い、少しは明確になったでしょうか。では次に、アメリカでの生活は実際のところ、どのような感じなのか?「J-1ビザインターンシップ」で人気があるのは、ロサンゼルスやサンフランシスコがある西海岸、ニューヨークがある東海岸、グアム、ハワイなどですが、それぞれ特徴がありますので、次のページで詳しく説明します。
 
●次の記事:
J-1ビザインターンで経験するアメリカでの生活とその魅力

●Lighthouseオススメ!「J-1ビザインターンシップ」の相談やお申し込みは…

Institute of Global Exchange SKYUS CO., LTD
Institute of Global Exchange(IGE) Skyus
米国ロサンゼルスに設立された国際交流・人材育成を目的とした非営利団体。アメリカでのインターンシップのほか、アメリカから日本へ就職するための就職支援サービスも。日米間の就職支援イベントやキャリアアッププログラムの開発・運営を行っている会社です。

アメリカインターンシップ専門サイトUS INTERNSHIP

アメリカの主要都市ロサンゼルス、ニューヨークの2都市に拠点を置く米国現地エージェント。アメリカ在住スタッフが、高い専門性を生かして、インターンシップの手配、留学のコーディネイト、お客様の現地サポートを行っています。

アメリカ有給インターンシップならAmerica-Intern.com

「アメリカ・J-1ビザ」のコンテンツ