「J-1ビザインターンシップ」と「ワーキングホリデー」の違い

アメリカ版ワーホリ!?J-1ビザインターンシップ徹底解説

J-1ビザインターンシップ制度ではキャリアを積みながらアメリカで生活できる、ワーキングホリデー制度では休暇を主目的に海外で生活する、というのがそれぞれの特徴でした。でも実際に気になるのは、費用がどのくらいかかるのか、ですよね。各国の制度の違いや生活費の違いを比較してみました。

インターンシップとワーキングホリデー、それぞれどんな暮らし?費用は?

大前提として「ワーホリ」はあくまで“休暇”を目的とした制度。勉強したり旅をしたり、働いてみたりと好きなことを自由にできる反面、例えば、滞在は最長12カ月、アルバイトは1カ所につき最長6カ月など、国ごとに滞在や就労の期限が異なります。「バイトは現地に行ってから見つけるため、あまりじっくり選べず望んだ環境で働けなかった…」「現地での生活費が意外とかかって、バイト漬けになってしまった…」など、事前の計画通りに現地での生活を送れないこともあるようです。一方の「J-1ビザ」は “ビジネス経験を積む”ことが目的。最長18カ月(学生向けJ-1ビザの場合は最長12カ月)までアメリカに滞在が認められている上、就業先も日本で決定してから渡米するため、着いたら毎日決められた時間だけ働くことができます。企業や仕事にもよりますが、試用期間後は月に10万~20万円程度の報酬が見込めます。安定した収入を確保できることと、それを生活費として使うことができるのが大きなメリット。アメリカでインターンというとかなり費用がかかると思いきや、これを聞いて、出発前に準備しておくべき資金が意外と手の届く範囲だと気づいた人もいるのでは?実際に「もっと早くに渡米すればよかった」と声を漏らす人も。とはいえ、実際に気になるのは、費用がどのくらいかかるのか、ですよね。そこで、各国の制度の違いや生活費の違いを比較してみました。

 

インターンシップとワーキングホリデー、有利な経験を得られるのはどっち?

「J-1ビザ」における仕事の選び方は、2つあります。1つは、これまでの職歴や学歴に関係のある仕事を選ぶこと。もう1つは前職とは違う新しい仕事に就くことです(後者の場合は条件あり)。業種はメディア、非営利団体、観光、飲食、アパレル、広告代理店、商社、アートギャラリー、Webサービス、教育、ブライダルなど多岐にわたり、最近ではコンサルティング会社なども増えています。また、日系の企業をあえて選ぶことによって、即戦力として働きながら同時に英語力を伸ばすことも可能。日系企業でも英語が日常的に使われる環境であれば、終了までには相当の英語力が身に付くはずです。プログラム終了後、同じ職種や業界の仕事を希望する場合は、インターンシップでの経験を一つのスキル・経験として生かすことができるので、日本での就職・転職にも有利に働くでしょう。「ワーホリ」で仕事に就く場合は、ホテル、クリーニング、レストラン、美容院、病院といったサービス業界における「接客業」がメインになります。オーストラリアやニュージーランドでは、各国から集まったワーホリ仲間と共に農作業にチャレンジする仕事なども。基本的にオフィスワークは少なめですが、「接客を通して英語力を身につけたい」「持ち前のコミュニケーション力を世界で発揮したい」というような人にはやりがいのある環境が待っているはずです。いずれにしても、現地で得た経験がどのように帰国後のキャリアに生かせるか、あらかじめしっかり検討しておくことが大事です。

 

インターンシップとワーキングホリデー、滞在可能期間は?

「J-1ビザ」は滞在目的に応じて14種類のカテゴリーに分かれます。そのなかでも、学生向け(専門学校・短期大学・大学、大学院に在学中)と呼ばれるのが「インターン」、社会人向け(1年以上の職務経歴必要)と呼ばれるのが 「トレーニー」です。滞在期間はインターンが最長12カ月、トレーニーが最長18カ月。期間終了後も就労ビザに切り替えてアメリカで働き続ける人もいますが、現地で転職先を探すのは、日本で仕事を探すよりも難しいのが現状。もし長期の就労を望むのであれば、最初から就労ビザへの切り替えの可能性のある企業を選ぶことをお勧めします。「ワーホリ」の場合は、滞在期間をはじめ、学校で英語を学ぶ期間(就業期間)、同一雇用主のもとで働く期間(就労期間)それぞれに、一定の期限を設けている国があります(※徹底比較!「J-1ビザインターンシップ」と「ワーキングホリデー」の費用を参照)。 一つの都市に滞在してじっくり語学力を身に付ける人もいれば、短期のアルバイトで収入を得ながら転々と旅を続ける人など、ワーキング・ホリデー制度の利用の仕方は人それぞれのようです。

●Lighthouseオススメ!「J-1ビザインターンシップ」の相談やお申し込みは…

Institute of Global Exchange SKYUS CO., LTD
Institute of Global Exchange(IGE) Skyus
米国ロサンゼルスに設立された国際交流・人材育成を目的とした非営利団体。アメリカでのインターンシップのほか、アメリカから日本へ就職するための就職支援サービスも。日米間の就職支援イベントやキャリアアッププログラムの開発・運営を行っている会社です。

アメリカインターンシップ専門サイトUS INTERNSHIP

アメリカの主要都市ロサンゼルス、ニューヨークの2都市に拠点を置く米国現地エージェント。アメリカ在住スタッフが、高い専門性を生かして、インターンシップの手配、留学のコーディネイト、お客様の現地サポートを行っています。

アメリカ有給インターンシップならAmerica-Intern.com

「アメリカ・J-1ビザ」のコンテンツ