J-1ビザインターンで経験するアメリカでの生活とその魅力

アメリカ版ワーホリ!?J-1ビザインターンシップ徹底解説

アメリカにはどれくらい日本人が住んでいる?

海外在住邦人数を国別に見ると、実はアメリカが最多でその数は約40万人に上ります(2015年「外務省海外在留邦人数調査統計」より)。それだけアメリカは、住みたい国・住みやすい国としても長く人気を得ているということになります。また日系アメリカ人の人口も多く、日系コミュニティが発達している都市も少なくありません。特にアメリカ・南カリフォルニア地域は全米でも最大の日系コミュニティとなっています。

J-1ビザインターンシップで人気の都市はどこ?

J-1ビザインターンシップで人気があり、多くの方が渡米・生活しているアメリカの都市としては、「ロサンゼルス」「サンフランシスコ」「ニューヨーク」「ハワイ」などが挙げられます。各都市によって気候や生活環境上の特徴や利点などが異なりますので、自分の好きな事や暮らしたい生活をイメージしながら、滞在先とする都市を選んでみてはいかがでしょうか。

-カリフォルニア/ロサンゼルス・サンフランシスコ

アメリカ・カリフォルニア州はアメリカ合衆国の西海岸に位置しています。その広さは、南北に約800マイル(1280キロ)、東西はおよそ200マイル(320キロ)と日本全土の面積ほどあります。カリフォルニアは雄大な自然環境に恵まれていて、山脈に近い地域ではスノースポーツが楽しめ、ビーチではマリンスポーツを楽しめます。また国立公園や州立公園も多く、本格的なハイキングやサイクリングを楽しむことができるというのも魅力の1つ。また、カリフォルニアには4大プロスポーツ(メジャーリーグ、フットボール、バスケットボール、アイスホッケー)の本拠地である都市が多くあり、スポーツが好きな人にとってはいつでも本場のスポーツの醍醐味に触れることができるというのも人気の理由です。
カリフォルニア州は、世界各国からの移民が多く、世界各国の本格的で美味しい料理が味わえます。日本料理も、現地在住の日本人によって、北海道から沖縄まで各地の味が再現されており、非常に充実していると言えるでしょう。アメリカの中でも最も日系コミュニティが発達しているのがカリフォルニア州ですので、日本人にとって非常に住みやすい地域と言われています。
ただし、ロサンゼルスは車社会のため、日常生活に自動車は不可欠。自動車の購入や月々のガソリン代などの生活費も含め、月々1600ドル前後は必要です。一方、サンフランシスコはアメリカ国内でもっとも交通の便が発達しているので自動車の購入は不要ですが、生活費としてはロサンゼルスより少し高く月々1800ドル前後は必要と言われています。
 
●関連記事:
ロサンゼルスでワーホリ!?J-1ビザインターンの体験談
サンフランシスコでワーホリ!?J-1ビザインターンの体験談

-ニューヨーク

ニューヨークシティはアメリカ合衆国の東海岸に位置する人口約1,200万人の全米最大都市で、多くの国々からの移民を含む、多様な人種から構成されています。ニューヨークの中でも有名なブロードウェイでは、さまざまなショーやエンターテイメントを楽しむことができたり、マンハッタン周辺地域には数百の美術館やアートギャラリーが点在。エンパイアステイトビルや自由の女神など、世界的に有名な観光スポットも多く、エンターテイメント性に富んだ街です。
ニューヨークも、さまざまな国からの移民の影響を多く受けており、各国料理店が軒を連ねています。また、全米でも有名な高級料理店が数多くあるのもニューヨークの特徴。日本人の数はロサンゼルと比較すると少なめですが、日本料理店や日系の食品スーパーもあるので、日本人にとっても生活しやすいでしょう。気候面ではニューヨークには四季があるため、日本に近く過ごしやすいかもしれません。
ただしニューヨーク中心部は家賃相場が非常に高く、中心部のマンハッタンから地下鉄で30分程度のエリアで生活する人が多いようです。交通網は発達しているので、自動車の購入は必要ありませんが、月々の生活費としては1800ドル前後を想定しておくと良いでしょう。

-ハワイ

ハワイは6つの島から成り立っており、最も大きく、有名なのがワイキキなどの都市があるオアフ島。ハワイには毎年約700万人もの観光客が訪れていますが、ハワイには海や山などの自然が美しく、サーフィン、スキューバダイビング等のマリンスポーツから、釣り、ゴルフ、ハイキング等、さまざまなスポーツ・レジャーを楽しむことができるのが魅力のエリアです。また、メキシコ人や日本人、東南アジア人、白人など地域外からの移民も多く、食文化は多種多様です。
ハワイは、アメリカで初めて日本からの移民を受け入れた場所ということで、数世代に渡りハワイに住む日系人が多くいたり、日本からの観光客も多くいることから、日本人にとって生活しやすい環境。また気候も年間を通して穏やかで、気温は18度から27度と温暖な天候も魅力の1つです。
ただし、ワイキキやアラモアナといったハワイの中心部で生活をすると生活費は非常に高くなるため、内陸部の方に住居を構える方も多くいます。通勤などの移動はバスや自転車、徒歩が基本。月々の生活費としては1800ドル前後を想定しておくと良いでしょう。
 
●関連記事:
ハワイでワーホリ!?J-1ビザインターンの体験談

●Lighthouseオススメ!「J-1ビザインターンシップ」の相談やお申し込みは…

Institute of Global Exchange SKYUS CO., LTD
Institute of Global Exchange(IGE) Skyus
米国ロサンゼルスに設立された国際交流・人材育成を目的とした非営利団体。アメリカでのインターンシップのほか、アメリカから日本へ就職するための就職支援サービスも。日米間の就職支援イベントやキャリアアッププログラムの開発・運営を行っている会社です。

アメリカインターンシップ専門サイトUS INTERNSHIP

アメリカの主要都市ロサンゼルス、ニューヨークの2都市に拠点を置く米国現地エージェント。アメリカ在住スタッフが、高い専門性を生かして、インターンシップの手配、留学のコーディネイト、お客様の現地サポートを行っています。

アメリカ有給インターンシップならAmerica-Intern.com

「アメリカ・J-1ビザ」のコンテンツ