ロサンゼルスでワーホリ!?J-1ビザインターンの体験談

アメリカ版ワーホリ!?J-1ビザインターンシップ徹底解説

(1)Mさんの場合

体験者:Mさん
国・都市:ロサンゼルス
期間:18カ月

●10代の頃から憧れていた海外生活

10代の頃から海外での生活に憧れ、大学も英語系の分野を専攻していました。学生時代のアメリカ旅行をきっかけに、アメリカの良さを体感し、「いつか絶対にアメリカで生活してみたい」と思うようになりました。日本の会社に就職してちょうど10年経った節目で、今しかない!と考え渡米を決意しました。

●アメリカ・ロサンゼルスのこんなところがいい

学生時代の旅行で感じたのは、気候と人の良さ。アメリカ、特に西海岸は常に温暖で湿気もなく、とても過ごしやすいんです。そして何と言っても人がフレンドリー。日本人や日系人が多く情報も多いので、日本人が住むにはとてもいい場所だと思います。

●10年務めた会社を辞め、憧れのアメリカのため、ワーホリではなくインターンを決意。

海外で暮らすには、留学やワーホリもあると考えましたが、第1に考えていたのは、きちんと働きながら暮らすこと。ワーキング・ホリデーは休暇のイメージが強く、また年齢制限もあったため、働きながら生活できるJ-1ビザインターンシップを選びました。また、英語圏の国に行きたかったのですが、イギリス、オーストラリア、カナダなどと比較した時、やはり学生時代に憧れた、そして英語話者数が一番多いアメリカに行きたいと思いました。
 
まず、J-1ビザの取得支援をしているエージェントに登録。求人を確認し、応募したいスポンサー企業を決めました。元々、Web制作会社でビジネス・コンサルティングをしていたのですが、敢えて違う業種や職種で求人を探しました。新しいことにチャンレンジできるのも、J-1ビザインターンシップのいいところですね。アパレルの会社と出版社に応募し、3カ月ほどで2社から内定をいただいたのですが、両方のスポンサー企業と話した結果、出版社の方は新しくネット事業を強化するとのことだったので、そちらで引き続きネット関連の仕事をすることに決めました。その後、書類を揃えてビザ申請を行いました。最後の大使館面接も無事にクリアし、J-1ビザを取得。その後2カ月ほどで身辺の整理や引っ越しの準備などをして、渡米しました。

●ワーホリやインターンシップで海外に行きたい人へ

J-1ビザインターンシップはアメリカで日本にいるのと同じようにきちんとキャリアを積みながら生活できるとてもいい体験です。少しでも海外で生活すると視野も広がり、今後の人生にも役立つと思います。長い人生の中の1年半、ぜひ多くの人に挑戦してほしいと思います!

●教えてQ&A

・「インターン先企業と、仕事内容を教えて下さい。」
ロサンゼルスにある日本人向け情報誌発行と留学生・インターン生支援をしている会社です。仕事内容はWebサイトの運営です。
 
・「ビザ終了後はどうしますか。」
J-1ビザインターンシップが終了したあと、スポンサー企業にて正社員となり、現在勤務4年目です。半年ほど前に永住権(グリーンカード)も取得しました。今後は日本とアメリカ両方で生活しながら働くことができるようになったらいいなと思っています。

(2)Kさんの場合

体験者:Kさん(31歳)
国・都市:ロサンゼルス
期間:18カ月

●もう一度ロサンゼルスへ

高校生の時に父の仕事の関係で、3年間ロサンゼルスの高校へ通っていました。元々海外に興味があり、これまでに50カ国以上旅をしてきましたが、またロサンゼルスに戻って暮らしたいと思い、渡米を決意しました。

●アメリカ・ロサンゼルスのこんなところがいい

英語圏なら、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドもありますが、やっぱりアメリカ。小さい頃から、海外と言えばアメリカというイメージがありました。アメリカのファッションや音楽も元々好きでしたね。アメリカの良いところはやはり色々な人種の人がいること。特にロサンゼルスでは、東アジア、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパなど世界中から集まった人々がコミュニティーを形成しており、そういったさまざまな背景を持つ人たちの中で生活するのはとても面白いです。広大な自然と温暖な気候も気に入っています。両脇に岩山がそびえ、どこまでも続く道を車で走っている時は、日本では味わえない爽快感を感じます。

●ワーキングホリデーではなく、「書く」という仕事をアメリカで

元々書くという仕事がしたくて、日本では新聞社に勤めていました。いつかはロサンゼルスで働きたいと思っていたものの、編集・ライターという仕事からは離れたくなかったので、チャンスをうかがっていました。ワーキングホリデーというよりも、自分の場合はあくまで仕事がメイン。そして、やっぱりアメリカが良いと思い、ちょうどJ-1ビザインターンシップを考えていた時に、今のスポンサー企業を見つけて編集の仕事が続けられることになり応募しました。今も着々と仕事スキルを上げています。J-1ビザインターンシップ終了後は、アメリカか日本でさらに編集の腕に磨きをかけたいですね。

●ワーホリやインターンシップで海外に行きたい人へ

J-1ビザインターンシップのいいところは、日本で希望する業種や職種に就ける可能性が高いこと。そして、日本にいるのと同じ、もしくはそれ以上の仕事スキルを身に付けられることですね。休暇をメインに考えている方はワーホリがいいと思いますが、「仕事」や「キャリア」を考えている方は、J-1ビザインターンシップを検討することをおすすめします!

●教えてQ&A

・「どれくらい貯金をすべきですか?」
ビザ申請、航空券、保険、さらに車の購入(必要であれば)、月々の生活費、光熱費などの支出を全て考慮すると、インターンで得られる収入を計算に入れても、150万円~200万円の貯金は必要だと思います。
 
・「J-1ビザの取得は、プロのエージェントにお願いした方がいいと思いますか?」
はい、お願いした方がいいと思います。自分では見つけられない求人も紹介してもらえますし、ビザ申請の書類作成や大使館での面接は複雑なことも多いので、サポートがとても重要です。また、現地へ行ってからもいろいろと生活の支援をしてくれるところもありますので、そういうところを選べば、特に渡米してすぐの頃はとても心強いと思います。
 
・「渡米までどのくらいかかりましたか?」
半年弱です。内定をもらえるまで、2カ月程度でした。感覚的には日本で就活・転職活動をするのと同じか、少し長いくらいという感じでしょうか。

●Lighthouseオススメ!「J-1ビザインターンシップ」の相談やお申し込みは…

Institute of Global Exchange SKYUS CO., LTD
Institute of Global Exchange(IGE) Skyus
米国ロサンゼルスに設立された国際交流・人材育成を目的とした非営利団体。アメリカでのインターンシップのほか、アメリカから日本へ就職するための就職支援サービスも。日米間の就職支援イベントやキャリアアッププログラムの開発・運営を行っている会社です。

アメリカインターンシップ専門サイトUS INTERNSHIP

アメリカの主要都市ロサンゼルス、ニューヨークの2都市に拠点を置く米国現地エージェント。アメリカ在住スタッフが、高い専門性を生かして、インターンシップの手配、留学のコーディネイト、お客様の現地サポートを行っています。

アメリカ有給インターンシップならAmerica-Intern.com

「アメリカ・J-1ビザ」のコンテンツ