食べる
Food

ミスター世界の食文化紀行

"ミスター世界"こと、関根正和さんによる「食」に関するライトハウスの人気コラム。食体験にまつわる楽しい話題や、移民の国アメリカならではの当地のレストラン情報をご紹介します。世界各国の珍しい食材や独特な調理方法、料理の特徴など、読めば新たな発見があるはず!

ミスター世界…世界230以上の国・地域を旅し、本場の食体験と、LA界隈の4000軒以上のレストラン食べ歩きの経験をもとに、食文化評論家として活躍。

ミスター世界
ミスター世界

急行エスプレッソ号

ミスター世界(関根 正和)

イタリア料理のあとのエスプレッソ。
なんとあとくちをすっきりと気持ちよくしてくれるのだろう。
イタリアでは、食事のあとに「コーヒー」、イタリア語でcaffé瓩箸い┐弌⊆動的にエスプレッソのことを指す。
もちろんespresso瓠癖数形はespressi)と言って頼んでもかまわないのだが、もともとエスプレッソ以外のコーヒーを飲むということが、イタリア人にはまずあり得ない。
まえにいちどこのコーナーで取り上げたように、
食後にカプチーノを飲むというのは、まったくもってアメリカ人、および日本人の習慣なのだ。
おなかが一杯のところに水分やミルクのたっぷり入ったものを飲むよりも、
コーヒーの成分が凝縮されたエスプレッソのほうがウマいし、理にかなっていると僕は思う。

アメリカではデザートとコーヒーは一緒に出てくることになっているが、
ヨーロッパではデザートはデザート、コーヒーはそのあとから、
というのもちがうところだ。
そしてそのアメリカのレストランで出てくるエスプレッソ、
これまたなぜいつもレモンの皮が一切れソーサーに乗ってるのでしょうね?
これもイタリアでは決して見ない現象だ。レモンなんか入れたら、
せっかくのコーヒーのアロマを薄めてしまい、いいことはないと思うのだが。

そもそもアメリカ人は、やれヘーゼルナッツだのフレンチバニラだの、
コーヒーに余計なフレーバーを入れたものを好む人が多いが、
それらは僕は飲まない、というよりも飲めない。
世界中の食べもの飲みもので好き嫌いがないのが僕の自慢なのだが、
唯一このフレーバー付きコーヒーだけは飲めない。
砂糖、これはいいですね。コーヒーの風味をさらに高めてくれると思う。
イタリアではほとんどの人が入れて飲むようだ。
クリーム、これはふつうは入れないが、「マッキャート」という名の、
エスプレッソにほんのひとたらしのクリームを入れたものを好む人もいる。

Macchiato瓩箸魯ぅ織螢語でspotted瓩箸いΠ嫐で、
つまりコーヒーの中に小さなクリームのスポットがあるという程度の、
ごく少量のクリームが決め手だ。
エスプレッソの本来の飲みかたは、街中にあるバル、
つまりバーに出勤途中や仕事のあいまに立ち寄って、
立ち飲みで一杯クイッと飲んであっという間に立ち去る、エスプレッソ、つまり急行飲みである。
アメリカでもスターバックスができてから
いつでもエスプレッソが飲めるようになったのはうれしいのだが、
うーん、もうひとつ、このアメリカ流エスプレッソで気に入らないことがある。
なぜ紙コップに入れるのだ!
紙の香りがして不快ではないか! そして砂糖を入れたあとにかきまぜる木のペラペラしたもの、
あれも木の香りがコーヒーに移って好ましくない。
イタリアですべてそうであるように、また日本のドトールなどの店がそうであるように、
陶器のコップに金属のスプーンを出してほしい。
洗う手間なんかたいしたことはないだろうし、省資源にもなると思うのだが、
読者の方々の好みはいかに??

(2007年8月16日号掲載)