働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Advertising Sales Agents

アドバタイジングセールス・エージェント

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 テレビやラジオ、刊行物などメディアにおける広告の販売が主な仕事で、クライアントを営業して回る外回りやオフィス内で対応するケース、電話によるセールスなどがある。クライアントに対して企業の商品やサービスのプロモーション方法を提唱し、サンプル広告を制作してコストを提示する。その後はクライアントと媒体のコンタクトとなって、広告制作に関わっていく。アカウントエグゼクティブと称されることも多い。


■トレーニング

 大学でコミュニケーション、アドバタイジング、リーダーシップ、ビジネス、マーケティングなどの学位を取っておくと就職に有利になる。ただ資格として必須なのではなく、多くの場合、先輩による現場でのトレーニングが重要視され、就職の際には人柄や人当たりの良さ、プロ意識など個人の資質が重要視される傾向にある。


■雇用状態

 2004 年11 月における全米のアドバタイジングセールス・エージェントの数は14 万9590 人で、カリフォルニア州では1 万8570 人。30%が新聞や雑誌などの刊行物、30%が広告代理店、20%がラジオやテレビなどの放送関連で働いている。広告代理店業務では自営も一般的だが、全体的には少ない。広告業界は近年多くの合併が進んでおり、景気に左右されやすい一面を抱えているが、人の入れ替わりは比較的多いため、大卒者や経験のある人材には雇用の機会が多い。ケーブルシステムやヒスパニック市場での雇用が特に増加の傾向にある。


■収入

 04 年11 月におけるアドバタイジングセールス・エージェントの全米平均時給は24 ドル8 セント、平均年収は5 万90 ドルで、中間層50%の平均年収は4 万1410 ドル、下層10%は2 万640 ドル、トップ10%は8 万9290 ドル。カリフォルニア州の平均時給は28 ドル65 セントで、平均年収は5 万9580 ドル。