働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Chefs, Cooks, and Food Preparation Workers

料理人、コック

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 スターターのスープから始まりデザートまでの料理を下準備から始め、調理、味付けすることが主な仕事。必要な材料を集め、下準備をし、レシピを作成し、それに従って、さまざまな器具を使いこなしながら調理をする。また、調理場の衛生管理にも責任を持つ。
 いかに素早く、質を落とさず、なおかつ衛生的に調理ができるかが最大のタスク。長時間に及ぶ立ち仕事、オーブンから放たれる高熱や、ヤケドや切り傷などのアクシデントなどにも耐えなくてはならない。
 また材料の仕込み、下準備、早朝からの材料の買い出しがある場合、労働時間は長い。
 大型レストランなどの場合、多種のメニューと多数のシェフらをまとめるため、料理長になると仕事内容の指示などの責任作業もこなさなくてはならない。


■トレーニング

 学歴はあまり必要ない。実際にキッチンに入り、シェフに付いて数年間修業を積み、経験を得ながら調理手順を始め、素材の正しい扱い方やキッチンの衛生学など、さまざまなスキルを学ぶ。
 料理長や、個人で飲食店を経営したいという場合は、料理の専門学校に入り勉強した方が有利である。料理人になるにはチームワークに優れ、匂いや味に絶対のセンスがあることが必須。


■雇用状態

 料理人と言ってもさまざまなカテゴリーに分類することができるが、2006年5月時点での全米の料理人、コックの数は82万5840人、カリフォルニア州内では9万2740人。全体的な雇用は、2014年まで安定していることが予想されている。


■収入

 2006年5月における全米のシェフ、料理人の平均年収は2万1020ドル。中間層50%の平均年収は2万340ドル、下層10%は1万4270ドル、トップ10%は2万8850ドル。カリフォルニア州の平均年収は2万2520ドルである。