働く
JOB

アメリカン・ドリーマーズ

アメリカの各業界で活躍する日本人・日系人に、渡米のきっかけから、大きな夢を実現するまでの軌跡をインタビュー。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

雪江 悟さん/起業家

平凡社員から凄腕起業家にこれからは経験を活かし「地球と人間をenrichしたい」


「いつかは海外に出たい」という思いを胸に、満を持してソニーの駐在員として渡米した雪江さん。 その後、考えもしなかった起業家の道を突き進み、企業支援や社会貢献へと活動を拡げる。 そんな雪江さんが、これまでの経緯を話すと共に、頑張る日本人へエールを送る。


【プロフィール】ゆきえ・さとる◎1980年に上智大学を卒業後、ソニー株式会社に入社。87年、衛星通 信システム事業の立ち上げで渡米し、95年にソニー米国法人のマーケティングディ レクターとして、携帯電話事業の立ち上げに参画。2001年、永住権取得を機に独立し、 Accetio, Inc(. 現Franklin Wireless Corporation)を創業した。現在、米国のモバイルネッ トワーク関連技術開発企業、環境系技術開発企業、Eコマースを活用したナチュラル スキンケア商品の個人輸入促進事業などの取締役、役員や顧問を兼務している

重要な関係になるのは
100人に1人くらい

Verizonとの400万ドルの契約成立後、Axesstel社員とランチへ。「会社が救われ、 みんな笑顔。昼から飲んでます(笑)」と雪江さん

1980年に上智大学を卒業 し、ソニーに入社しました。当時 は特に大きな夢はなく、最初に内 定が決まったという単純な理由 で入りました。設計を担当しまし たが、その仕事が退屈で苦痛。大 学に入る前は、外国航路の士官を 養成する商船学校に通っていた くらい世界への憧れが強かったで すから、常に「海外に行きたい」と 思っていました。そのため、語学だ けは習得したいと英語を勉強し、 海外赴任のチャンスを待っていま した。

念願叶って 87 年、ニュージャー ジーに赴任しました。レンタカー を借りて自分で運転してオフィス へ向かいましたが、そこで木々が 豊かに生い茂る風景に触れ、この 街は空気が合うと直感しました。 アメリカが気に入ったんですね。 やがて、私はずっとこっちにいたい と思うようになり、次第に起業を 意識するようになったのです。

それ以降、土日を利用してM BAを取得。 96 年には本格的に 起業準備に入りましたが、永住 権がありませんでしたから、数年 間はソニーで働きました。そして 2001年に永住権を取得。その 後1週間ほどで辞表を提出し、同 年に新興で携帯電話を取り扱う Accetio, Inc.を創業しました。

起業パートナーは、韓国とのビ ジネスで知り合った気心の知れた 友達でした。退職の2年ほど前か ら、「一緒にやるなら彼」と心に決 めていました。私たちの場合、詳 細なプランを詰めていくというよ りは、食事をしながら「後進国で の通信端末の事業は可能性が高 い」とか「こんな通信端末を作り たい」と、テーブルの紙ナプキンに アイデアを書いて構想を膨らま せていくという感じでした。

起業準備で大切なのは、「意識 的に他人と違うことをすること」 と「ネットワーキング」です。私は、 ソニーで携帯電話のインターナ ショナルセールスのマーケティン グディレクターとして世界中の人と握手を交わし、その信頼に応 える仕事をしてきました。幸い、そ こで得た人との信頼関係が、後々 活きました。

私がそれまでに交換した 3500枚ほどの名刺のうち、後 にビジネスに活きる重要な関係 になったのは 100人 に 1 人 。つ ま り 、 10 人の大切な仲間を得るために 1千人との握手が必要なわけで す。やはりビジネスは人とのつな がりですから、ネットワーク作り に手間と時間を決して惜しんで はいけません。

その次に大切なのが、「ポジティ ブ思考」です。私は、どんな時でも 自分の運を信じ、ポジティブな気 持ちと態度で次の手を考えてい ます。何事にも「それは面白いね」 という肯定から入ります。なぜな ら、意識してそうすることで、何 か問題があっても、その解決策が 必ず見えてくるからなのです。


最初の会社は上場せず
2つ目の会社で株式公開

スタッフと打ち合わせ。雪江さんは「仲間と頭をつき合わせてする仕事が大好き」と語る

そうやってAccetioを立ち上 げましたが、間もなくしてパー トナーとは経営面で意見がか み合わなくなってきました。折 しも、Accetioの同業他社である Axesstel, Inc.の副社長から、代表 取締役社長兼CEOに就かない かという誘いを受けていました。 それを機に2002年5月、一旦 Accetioの彼とはパートナーシッ プを解消しました。

軽い気持ちで入ったAxesstelで したが、年商がたったの 50 万ドル と知った時はさすがに驚きました ね。 20 人ほどの従業員に給料を払 わないといけませんから、入った その日に自ら営業に奔走。まず最 初に門を叩いたのがVerizonでし た。当時のVerizonは、家ではコー ドレス、外では携帯電話を普及さ せようと勢いに乗っており、その 流れとソニー時代の知識と経験 のおかげで、 400万 ド ル の 契 約 を い ただきました。

その 400万 ド ル の 契 約 金 の 一 部 を 利用して、事業拡大のために「リ バースマージ」という手法ですぐ に株式を公開しました。アメリカの株式市場は色々ありますが、私 たちが選んだのは「OTC BB」とい うNASDAQ付属の市場です。上場 にかかったのはわずか4カ月。す でにOTC BBに上場していた経営 難の企業を買い取ることで、実現 しました。リスクを伴うことでし たが、勢いを付けて自分たちで良 い流れを作りたかったため、すぐ に決断して勝負に出ました。

株式を公開することは、「公」に なるということ。善くも悪くも、 自分で決められる個人会社とは 性質が異なります。4半期ごとに 業績発表をするのはもちろん、自 分の給料もベネフィットも公にな ります。すべてオープンにするこ とで透明性が増し、正当な経営が できるからです。人様のお金を預 かっているのだから当然ですね。

株式公開は、業績が良ければ株 価が上昇、悪ければどんどん下落 する厳しい世界です。韓国のLG など、大手企業との競合もしょっ ちゅうで、勝つことよりも負ける ことが多かった。それでも私たち は、前向きな気持ちだけは失わ ず、不眠不休の努力で、1株 20 セ ントから2年後には4ドルへ株価 を上げることができました。

これは、私を誘ってくれた韓国 人の会長、CEOの私、そして主 に投資家への広報を担当するア メリカ人の3人が、それぞれの役 割をきちんと果たしたことが成 功の要因です。投資家、顧客、社 内と、色んな関わりの中で事業を 成功させるには、その場に一番ふ さわしい「顔」と「スキル」を持っ た人間が、その役目を担うことが 大切です。例えば、米系のテレビ や雑誌、投資家に対しては、アメ リカ人経営者が前面に出た方が 受け入れられやすいですし、アジ ア人社員との接点にはアジア人 リーダーの方が共感を得やすい でしょう。人種ありきではないけ れど、そこは適材適所、うまく使 い分ければ良いのです。


2年間のAxesstel勤務で
サラリーマンの二生分を生きた

Axesstelは、その勢いのまま、 OTC BBよりひとつ規模の大きい ニューヨーク証券取引所Amex への上場を果たしました。増減幅 が少ない分、不況の影響を比較的 受けにくいOTC BBに留まる選択 肢もありましたが、あの鐘(※)を 鳴らしてみたかったのです(笑)。

今でこそ言えますが、資金繰り はまさに綱渡り。億単位の大きな 仕入れをする際、銀行から個人 保証を求められた時には手が震 えました。会社の銀行口座残高が 10 万ドルを切ったこともありまし たし、崖っぷちの局面を何度も体 験しましたよ。

Axesstelの2年間に、サラリー マンを続けていたら絶対に得ら れないほどの報酬を手にしまし たが、 サラリーマンの二生分ぐら い疲れました(苦笑)。この会社の 後に、Accetioの元パートナーと 共にまったく同じ手法で同社の 株式公開にも成功したのですが、 Axesstel以上の苦労は後にも先に もしたことがありません。

それでも、余りあるほどの達成 感を得ることができたのは、アメ リカのダイナミックな株式市場 の魅力、自分たちが世界と直接勝 負できる躍動感、そして、パート ナーや社員との強い絆があったか らです。運にも助けてもらいまし たし、家内や娘も心の支えでした。 それらすべてのおかげで、成し遂 げられたことでした。

私は自らの経験から、アメリカ で頑張っている日本人の皆さん、 これからアメリカを目指す皆さ んに、こういう世界があることを ぜひ知ってほしい。そして、知るだ けではなくチャレンジしてほし い。「就職はいつ」とか「入るなら 大手」とか、そんな既成概念から 解き放たれて自由に発想し、まず チャレンジをしてほしいと思って います。他人と違うことを恐れな いでください。


地球と人間に良い事業
一生現役で社会に貢献

現在は、AccetioやAxesstelを退 き、Bernardo Internationalという 会社のCEOを務めています。こ の会社は、ベンチャー企業などへ のマネージメントを通じ、事業戦 略の立案と実行、および事業投 資などによる企業の活性化など を主な業務としています。私は今 後、自分の経験を活かして、日本 企業や在米日系企業をアメリカ で上場させるお手伝いをしたい と思っています。OTC BBを見てみ ると、中国や韓国の企業が何百社 と上場しており、例えば中国企業 は、アメリカ市場に上場した後に 得た利益を、すべて中国本国に返 しています。Axesstelの場合も、本 社こそアメリカですが、開発の拠 点は韓国でしたから、こちらで調 達した資金を韓国の経済発展に 役立てていました。資金を回すこ とで自国の経済を発展させてい るんです。しかし、日本企業は、ア メリカで株式を公開して資金を 調達する仕組みを知りません。私 は、日本企業もアメリカでの株式 公開を活用して資金調達を行い、 その資金を積極的に日本国内に 再投資するべきだと思っていま す。あれだけ国際化を叫んでいる のですから、活かせる環境をもっ と活かすべきです。

あと日本に欠けているのは、 OTC BBを始めアメリカ株式市場 の知識を持つ起業家が少ないこ とと、英語力です。日本人以外の アジア人は下手でも堂々と英語 を話しますが、日本人にもそんな 図々しいほどの度胸が必要です。

そんな中で、私は特に「地球と 人間をenrichする事業」、つまり 地球と人のために良い事業を厳 選し、その企業や経営者のお手伝 いをしたいと考えています。最近、 Linked Academyという国境のな い学校事業に取り組んでいます。 通信技術が発達した今、教育がな い国や地域にアメリカの教育を 届けたい。この事業では、インター ネットを通じて世界をつなぎ、一 緒に勉強をする場を設けます。

アフリカを始め、世界中で民族 抗争が続いていますが、それを解 決できるのは、武器ではなく教育 だと考えます。例えば、オンライ ンで色々な国の子供たちが1つの クラスに集まり、国境のない生徒 会を作ったり。このように、まだま だ私にやれることがたくさんある のは、本当に幸せなことです。

今はまだ不況を脱していませ ん。それでもアメリカは投資が盛 んで、世界中のお金が集まって来 ます。投資を通して、経済を活性 化させる人が世界にはたくさん いるからです。

私は一生引退しないつもりで す。これからも、企業の支援や、自 分自身の事業に人生を費やした い。 70 を過ぎても仲間とワイワイ 新しいことに挑戦し続けることが できたら、楽しいじゃないですか。

※取引開始時と終了時に鳴らされる鐘。新規株式上場した会社社長などが鳴らすが、これを鳴らすことは栄誉とされている。

(2011年1月16日掲載)