遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol. 40 Red Hawk Golf Club
アルプスの山小屋風のロッジと手ごたえあるコースが魅力

その他カリフォルニア

45100 Redhawk Parkway
Temecula, CA 92592
☎800-451-4295
http://www.redhawkgolfcourse.com

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草
Vol.40「ゴルフ史上最も美しいスコア」はこちら

【この連載は、40回で休載となりました。ご愛読ありがとうございました】


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (−1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (±0)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (−1)
9番ホール:
料金(注) (±0)
Total:
2アンダー (−2)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか



今回は、美しいコースデザインと難度の高さで、多くのゴルファーから高い人気を得ている、Red Hawk Golf Clubを訪れました。ここはカリフォルニアのパブリックコース・ランキングでも第7位に選ばれており(ゴルフクラブのウェブサイトより。調査機関不明)、LAやオレンジカウンティーだけでなく、サンディエゴカウンティーからもほど近いので、南カリフォルニア全般から来場者があるようです。場所はウエストLAやダウンタウン方面からは、FWY10号線か60号線を東へ向い、15号線を南下します。サウスベイ方面からは91号線を東へ、同じく15号線を南下してTemeculaを目指します。LA北部の方には、ちょっと長旅になるかも? 詳しくはwww.redhawkgolfcourse.comにて。

まずはプロショップの対応ですが、特に問題はなく、てきぱきと対応していました。パーです。それよりもここは、スナックバーやプロショップのデザインが、とても可愛らしい山小屋風なンです。壁のペイントや置物にも気遣いが感じられ、ピクニックコースのケーブルカーの駅か、はたまたアルプスの山間部にあるロッジのようです。奥からハイジが出てきそう!? いかにも日本の女性に受けそうな雰囲気が満載。でも残念ながら、建物デザインの採点項目はありません。


次にドライビングレンジは、なかなかの設備でした。芝の上から打てて、場所も便利な位置にあります。距離もまずまずで、目障りなネットも無いことはいいのですが、9番ホールのセカンド地点にちょうど向き合うレイアウトで、9番でプレーしているとちょっと危ないかも。しかも角度的にフックした球が飛んできそうな位置で、フック球は勢いが強いので余計に怖いのです。そこがちょっと気になってパー止まりにしました。


これまでも何度か書きましたが、ゴルフ場の脇に建売の家が並ぶコースで、「こんな位置によく家を建てるよな…怖くないの?」って思うことがよくありますよね。ここのレンジも同様で、危険に対する発想が違うのでしょうか。『まず当らないだろう』と『当ったらどうしよう』の間には、楽観と悲観という言葉だけでは足らない、大きな溝が存在します。取材の日も同伴者が、激しい衝撃音と共に横の民家に打ち込んでいましたが、幸い怪我人はありませんでした。私は経験しましたが、ゴルフボールって当てられると痛いですよ〜。

次はカート。GPSが付いたきれいなものでしたが、ちょっとバーディには届かずのパーでしょう。コース全体の景観はなかなか優れていました。シグネチャーホールにもなっている8番ホールは、浮島グリーンのパー3。グリーンへ向う橋は情緒があり、とてもいい出来栄えです。オーガスタを意識したのでしょうか、きれいなアーチ型の石造りで、とっても私好みでした。この橋だけで既にバーディ。他のホールも美しいデザインが随所に見られました。

フェアウエイのコンディションは、この時期にしてはまずまず、よく手入れされていたと思います。夏場にどのような状態なのか、改めて見たい気がしました。パーです。グリーンの状態も特に問題ありません。コース全体の設定が少し難しいので、これでグリーンが速ければ、更に難度が上って相当に手ごわいコースになるでしょう。でもこの日の速さは、一般的なプレーには充分でした。ここもパーに。ホットドッグの味も標準点のパー。


スナックバーは、冒頭に書きましたようにとても可愛らしい建物で、きれいな内装が施された屋内はもちろん、屋外のテラス席もとても気持ちの良いスペースです。これはバーディでしょう。特に女性ゴルファー、また日本から来られたゲストをお連れする際はお勧めです。日本のゴルフ場では、まずお目にかかれないデザインで、旅の想い出造りにも最適でしょう。プレー費は、週末のレギュラータイムで90ドル。内容は充分に価値のあるものと思います。パーですね。


何度も『女性にお勧め』と書きましたが、コース自体は、男女問わず初心者にはちょっと難度が高いかも。コースレートもブルーティで73.3。距離もあり、精度の高いショットを要求されるホールが多いので、手ごたえのあるコースでやりたい、という上昇志向のアスリート系ゴルファーにはピッタリのコースでしょう。ぜひトライしてみて下さい。