ロサンゼルス観光ガイド
Los Angeles Guide

ロサンゼルスのモダン建築

19世紀後半、さらに20世紀初頭から20世紀半ばのミッドセンチュリーと呼ばれる時代に、カリフォルニアの建築文化は大きく開花しました。ロサンゼルスにも当時最先端だった、ユニークかつ美しい建築が多数存在しています。ケース・スタディ・ハウスと呼ばれる、1945年から1966年にわたり、雑誌『Arts & Architecture』の企画で行われたプログラムには、リチャード・ノイトラやチャールズ&レイ・イームズ(イームズ夫妻)など当時を代表する建築家が参画し、モダンでありながら経済的、効率的なデザインを模索しました。中には一般公開している建物もあり、内部を見学することもできます。またロサンゼルスには、日本の帝国ホテルの建築家としても有名なフランク・ロイド・ライトや、一時はその弟子でもあったルドルフ・シンドラーの作品も多数残されています。とても1日では回りきれませんので、本ページを参考に、事前に計画・予約をし、できるだけたくさんの建築物を訪れてみてください。
※この情報は2015年時点の情報です。

ダウンタウンロサンゼルス周辺イースト・ロサンゼルス周辺ハリウッド周辺ウェスト・ロサンゼルス周辺サウスベイ周辺

ダウンタウンロサンゼルス周辺の有名建築物

●Walt Disney Concert Hall / ウォルトディズニー・コンサートホール(建築家:Frank Owen Gehry)

Walt Disney Concert Hall / ウォルトディズニー・コンサートホール(建築家:Frank Owen Gehry)


彫刻のような建築を生み出す天才建築家、Frank Owen Gehry(フランク・ゲーリー)の代表作の1つ。近未来的な波打つ銀色の屋根や屋上庭園は、一見の価値あり。なお、ホール内部の音響は日本人音響設計家、豊田泰久氏によるもの。音響効果にも定評があるホールなので、コンサートに行きつつ、ぐるっと見て回るのがお勧めです。また2015年に隣にオープンした現代美術館The Broadのデザインも必見です。

▶ 建築家:Frank Owen Gehry
▶ 完成年:2003年
▶ 住所:111 S Grand Ave, Los Angeles / ☎ 323-850-2000
▶ 見学方法:ダウンタウン・ロサンゼルスの1st St.とGrand Ave.の南西の角にあります。Grand Central Marketからも徒歩圏内。外からはもちろんのこと、庭、ホール内も見学が可能。
▶ Webサイト:http://wdch10.laphil.com/wdch10/index.html


●Bradbury Building / ブラッドベリー・ビルディング(建築家:George H. Wymanほか)

Bradbury Building / ブラッドベリー・ビルディング(建築家:George H. Wymanほか)


大富豪Bradbury(ブラッドベリー)が建てたゴシック調の立体的なビル。ガラス張りの天井、吹き抜け、エレベーターなど、その荘厳な美しさは必見です。映画『Blade Runner / ブレードランナー』(1982)や『The Artist / アーティスト』、『(500)Days of Summer / (500)日のサマー』(2009)、『Wolf / ウルフ』(1994)などの撮影にも使われました。

▶ 建築家:George H. Wymanほか
▶ 完成年:1893年
▶ 住所:304 Broadway, Los Angeles / ☎ 213-626-1893
▶ 見学方法:Grand Central Marketのすぐ近く。1Fのみ無料で見学可能(予約不要)。
▶ Webサイト:https://www.laconservancy.org/locations/bradbury-building


●Watts Towers / ワッツ・タワー(建築家:Simon Rodia)

Watts Towers / ワッツ・タワー(建築家:Simon Rodia)


建築の専門知識がない一般人のSimon Rodia(サイモン・ロディア)が、1921年から約30年かけて、自力で建てた塔。タイルや陶器、ガラス瓶、金属などから成るカラフルなすかし細工が特徴。独特の色遣いと創作への執念に圧倒されます。

▶ 建築家:Simon Rodia
▶ 完成年:1955年
▶ 住所:1727 E. 107th St., Los Angeles / ☎ 213-847-4646 (Watts Towers Arts Center)
▶ 見学方法:電車(ブルーライン)で行くことも可能だが(Watts Station下車)、あまり治安のよいエリアではないので明るいうちに車で行くのがお勧め。
▶ Webサイト:http://www.wattstowers.org/


イースト・ロサンゼルス周辺の有名建築物

●Ennis House / エニス・ハウス(建築家:Frank Lloyd Wright)

Ennis House / エニス・ハウス(建築家:Frank Lloyd Wright)


Frank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)により設計された建築物。"Knit-block"と呼ばれる、コンクリートブロックを編み物のように縦横の鉄筋によって組み上げた壁や柱は、まるでマヤ文明の遺跡のように神秘的です。

▶ 建築家:Frank Lloyd Wright
▶ 完成年:1924年
▶ 住所:2607 Glendower Ave., Los Angeles
▶ 見学方法:一般公開はしていないので、敷地外からのみ見学可能。
▶ Webサイト:http://ennishouse.com/


●Neutra VDL Studio & Residences / ノイトラVDLスタジオ&レジデンス(建築家:Richard J. Neutra, Dion Neura)

Neutra VDL Studio & Residences / ノイトラVDLスタジオ&レジデンス(建築家:Richard J. Neutra, Dion Neura)


アメリカ合衆国国家歴史登録材の一つ。Richard J. Neutra(リチャード・ノイトラ)が息子、Dion Neutra(ディオン・ノイトラ)と共に設計。Reserch House 機Reserch House 供The Garden Houseの3棟から成り、いずれの建物もほとんどの外壁がガラス張り。とても開放的で空間の広がりを感じられます。

▶ 建築家:Richard J. Neutra, Dion Neutra
▶ 完成年:1964年
▶ 住所:2300 Silver Lake Blvd., Los Angeles
▶ 見学方法:土曜日のみ見学可能。
▶ Webサイト:www.neutra-vdl.org


●The Gamble House / ギャンブル・ハウス(建築家:Charles Greene, Henry Greene)

The Gamble House / ギャンブル・ハウス(建築家:Charles Greene, Henry Greene)


古き良きカリフォルニアのライフスタイルがうかがえる、P&Gの2代目経営者David Gambleの個人宅。建物および内部の家具はCharles Greene(チャールズ・グリーン)とHenry Greene(ヘンリー・グリーン)兄弟によるデザイン。当時の貴重なアンティーク家具の数々も見られます。

▶ 建築家:Charles Greene, Henry Greene
▶ 完成年:1908年
▶ 住所:4 Westmoreland Pl., Pasadena / ☎ 626-793-3334
▶ 見学方法:Pasadenaの市街地からは離れているので車で行くのがお勧め。有料の1時間ツアーがあり、事前にTELまたはオンラインでチケット購入が可能。
▶ Webサイト:http://gamblehouse.org/


ハリウッド周辺の有名建築物

●Stahl House (Case Study House #22) / スタール・ハウス(建築家:Pierre Koenig)

Stahl House (Case Study House #22) / スタール・ハウス(建築家:Pierre Koenig)
Images used with permission - Stahl House ®, Inc.


ケース・スタディ・ハウスの中で最も有名な作品の一つでPierre Koenig(ピエール・コーニッグ)による設計。フォトジェニックな建物とプール、そしてそこから見渡すロサンゼルス全体の絶景。LAの20世紀、ミッドセンチュリー・モダン建築の代表的存在です。映画やTVCMの撮影で使われたこともあります。

▶ 建築家:Pierre Koenig
▶ 完成年:1959年
▶ 住所:1635 Woods Dr., Los Angeles / ☎ 323-744-1635
▶ 見学方法:有料の見学ツアーあり(要予約)。建築はもちろん、ここからの景色は抜群。夕方の時間枠を選べば、日景と夜景の両方を楽しめることも。
▶ Webサイト:http://www.stahlhouse.com/


●Schindler House (Kings Road House) / シンドラー・ハウス(建築家:Rudolf Michael Schindler)

Schindler House (Kings Road House) / シンドラー・ハウス(建築家:Rudolf Michael Schindler)
© MAK Center


オーストリア出身の建築家で、フランク・ロイド・ライトの弟子としても知られるRudolf Michael Schindler(ルドルフ・シンドラー)が、妻ポーリーンと共に設計した自宅。通称「Kings Road House」。竹垣に囲まれた建物の随所に、日本建築の影響を受けたシンドラーらしいデザインが見られます。

▶ 建築家:Rudolf Michael Schindler
▶ 完成年:1959年
▶ 住所:835 N. Kings Rd., West Hollywood / ☎ 323-651-1510 (MAK Center)
▶ 見学方法:現在はMAK Centerが管理しており、有料で一般公開あり。
▶ Webサイト:http://makcenter.org/sites/schindler-house/


●Hollyhock House (Barnsdall House) / ホリーホック・ハウス(建築家:Frank Lloyd Wright)

Hollyhock House (Barnsdall House) / ホリーホック・ハウス(建築家:Frank Lloyd Wright)


Frank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)が、石油会社の女性相続人からの依頼で設計した住居。ただし、当時多忙を極めていたライトに代わり、大部分を助手のルドルフ・シンドラーが完成させたと言われています。小高い丘の上にあるBarnsdall Art Park内にあり、ハリウッドサインとグリフィス天文台を同時に望めます。周囲は芝生で囲まれており、休日はピクニックを楽しむ人たちの姿も。

▶ 建築家:Frank Lloyd Wright
▶ 完成年:1959年
▶ 住所:4800 Hollywood Blvd., Los Angeles (Barnsdall Art Park) / ☎ 323-913-4031
▶ 見学方法:Barnsdall Art Park敷地内に入り、そのまま小高い丘の上まで(無料駐車スペースあり)。内部見学は有料。
▶ Webサイト:http://www.barnsdall.org/visit/hollyhock-house


ウェスト・ロサンゼルス周辺の有名建築物

●Eames House (Case Study House #8) / イームズ・ハウス(建築家:Charles and Ray Eames)

Eames House (Case Study House #8) / イームズ・ハウス(建築家:Charles and Ray Eames)
© 2015 Eames Office, LLC (eamesoffice.com)


ケース・スタディ・ハウス・プロジェクトの一つ(No.8)で、Charles Eames(チャールズ・イームズ)とRay Eames(レイ・イームズ)夫妻による設計で、彼らが半生を過ごした自宅兼スタジオ。カラフルな外見に遊び心を感じられます。内装はイームズ夫妻が手掛け、本ハウスに欠くことのできない重要な要素に。

▶ 建築家:Charles and Ray Eames
▶ 完成年:1947-49年
▶ 住所:203 Chautauqua Blvd., Pacific Palisades / ☎ 310-459-9663
▶ 見学方法:外観見学は48時間以上前に事前予約が必要(有料)。内部見学はプライベートツアーで1週間以上前に事前予約が必要(有料)。
▶ Webサイト:http://www.eamesfoundation.org/


サウスベイ周辺の有名建築物

●Wayfarers Chapel / ウェイフェアーズ・チャペル(建築家:Lloyd Wright)

Wayfarers Chapel / ウェイフェアーズ・チャペル(建築家:Lloyd Wright)


Frank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)の息子、Frank Lloyd Wright, Jr.(Lloyd Wrightの名で知られている)が手掛けたもの。海を見渡す緑豊かな丘に立つ、壁も天井もガラス張りの同教会からは、素晴らしい景色が見渡せます。

▶ 建築家:Lloyd Wright
▶ 完成年:1949年
▶ 住所:5755 Palos Verdes Dr. South, Rancho Palos Verdes / ☎ 310-377-1650
▶ 見学方法:営業時間内いつでも見学可能。
▶ Webサイト:http://www.wayfarerschapel.org/