美甘 章子 / 臨床心理医

原爆を生き抜いた父、進示さんの体験を描いた著書『8時15分ヒロシマで生きぬいて許す心』に込めたメッセージが評価され、イギリスの財団「The World Peace and Prosperity Foundation」の世界平和賞を受賞した美甘章子さん。2014年11月、授賞式帰りの美甘さんにお話をうかがいました。

みかも あきこ◎カリフォルニア心理学専門大学院で心理学博士等を取得した後、1995年よりサンディエゴ市で臨床心理ドクター、エグゼクティブ・コーチとして開業。NPO「サンディエゴ・ウィッシュ~世界平和を願う会」の代表として、さまざまな啓蒙活動を行っています

―イギリスでの授賞式はいかがでしたか?

とても素晴らしかったです。会場はウエストミンスター宮殿内貴族院の晩餐室。ウエストミンスター寺院は観光で訪れることができても、宮殿は普段は入れない場所が多く、特別な場所で各国の王族、貴族などさまざまな方とお会いし、お話できて、とても貴重な体験をさせていただきました。

―受賞の知らせを聞いたとき、どう思われました?

ちょうどその頃、学会で南アフリカに行っており、帰国後、留守番電話で財団議長のプリンスからのメッセージを聞きました。折り返し電話を差し上げたら、私の活動と、原爆を生き抜いて許す心を教えた私の父を称えたいと言ってくださって、大変光栄に思いました。
最初は父が受賞したのかと思い、そう話したところ、父に「賞はいただいて終わりではなく、さらにいろいろな場面で貢献できる可能性を広げるもの。だから、老齢の自分ではなくまだ若い章子がいただいた方がうれしい」と言われました。これは、まさに父らしいなぁと思いました。

―精力的に平和に関する活動されています。最も伝えたいメッセージは何でしょうか?

最も伝えたいのは「許す心」。でも、それだけを聞くと「言うのは簡単だけど…」というのが多くの人の正直な印象だと思うんですね。だから、人間の心を理解するという意味で、まず自分を理解できるようになってほしい。それから身近にいる相手。違う人間がいるから私たちはチャレンジをさせれたり、考えさせられたり、成長する機会があるんです。身の回りの人間関係から学び取れるものについて考えられるようになれば、それがひいては「許す心」につながります。違いを取り入れて同じになる必要はなく、「共感」(理解してみようという気持ち)を持つ。皆がそうなれば世界はもっと変わっていくと思います。

―自分を理解する、他人を理解するためのコツはありますか?

人それぞれの性質によるところもあるのでひと言では難しいですが、物事の意義をいかに多面的に考えられるかが大切だと思います。同じ出来事でも前向きに捉えるということですね。とはいえ、無理矢理前向きになろうとしても、きちんと処理できずに押し込めた感情はまた出てきます。だから、全ての出来事を一つ一つ全部処理しなくてもいい。ただ、整理できるものは整理する、相談できるものは相談する、今は置いておくものは置いておいて後でその意味を考える。そのように考えられるようになるだけで違ってくると思いますよ。

―誰もが幸せと平和を願っているはずなのにトラブルや戦争が絶えないことが不思議です。

戦うこと、力を誇示すること、自分の正当性を示すことというのは、人間の本能の中にあるものだと思います。ただ、核兵器などテクノロジーが進化していますから、本能のままでは本当に未来が危ぶまれます。だからこそ、これからは、人間性、ヒューマニティーの発達を考えていかないといけないと思うんです。宗教や信条の違いを越えて、地球人、人間家族という視点を持って共存できる方法を考えていかないと。

―サンディエゴ・ウィッシュの平和イベントも「平和とヒューマニティーの日」という名前ですね。

世界平和を謳うのは重要ですが、人間の弱い部分、生の部分を無視しては難しいんですよね。生の痛み、苦しみ、欲は皆ありますが、その上でそこにとらわれないというチョイスはできる。生の感情は感情ですが、それをどう扱うか、どういう考え方を持って、どう行動に移していくかはチョイスできることなんです。

―今、特に気になることは?

戦争を知らない時代、戦争を考えないでいい時代に育った私たち日本人の多くは、世界で起きている出来事を他人事のように傍観しているところがあるように感じます。日本社会、日本人社会のことだけではなくて、その外の人たちを思う気持ちをもっと持つ必要があるんじゃないかと思いますね。日本人対それ以外ではなく、自分も地球のいろいろな人たちの一部であるという考え方。それは日本人の誇りやアイデンティティーを捨てることとは違って、両者は共存可能なはずです。そういう教育がこの先必要だと強く思います。

 
(2014年12月1日号掲載)

『8時15分ヒロシマで生きぬいて許す心』

爆心地近くで被爆した著者の父、美甘進示さんの体験を描いた物語。想像を絶する悲惨な状況にもかかわらず、「許す心」を持って生き抜いた進示さんの生き様に心を揺さぶられます。原本英語版は『Rising from the Ashes :A True Story of Survival and Forgiveness from Hiroshima』。Amazon.co.jpまたはAmazon.com、Kindleストアなどでも販売中。

「特別インタビュー」のコンテンツ