学ぶ・育てる
Study

テルコ・ゴルノーのきままなスクラップブック

生活に「手作り」をたくさん取り入れたブログでお馴染みの作者 テルコさんの「手作りの宝物」をご紹介します。

テルコ・ゴルノー
テルコ・ゴルノー

2003年よりLA在住。趣味は陶芸・編み物・水泳・サルサなど。旅行も好きで今まで訪れた国は62カ国。

Lodgeのダッチオーブン

常識破りのパン作りで革命を起こしたJim Lahey氏の「No-knead method」。生地をこねず、ゆっくり発酵させて鍋の中で焼く手法の、目からウロコが落ちる感動的なパンで、これが流行った頃は私もよく焼いていました。しかし500℉近い高温で焼くため、中が白いル・クルーゼの鍋の中が茶色に変色してしまうのがいやでした。

久しぶりにNo-knead breadを焼こうと粉と水を混ぜている時、いいことを思い付きました。ひとつの鍋をパン専用にしてしまう案です。Lodgeのダッチオーブンは、値段も手頃で見た目も良く、黒いので焦げても気にならない。ハンドルと鍋が一体化しているので、持ち手が焦げるのを心配する必要もなく、このパンのために設えたかのような大きさです。おかげでパン焼きが楽しくて、寝る前に生地を仕込んで夕食に焼きたてパンを堪能しています。暑い夏に室温が上がるのが難ですが。





(粥塩、ほんの少しのイーストと水をさっと混ぜて室温に置いておくと、12時間後にはブクブクに発酵します。
Lahey氏の本ではキッチンクロスごと生地を持って、鍋に投げ入れますが、パーチメントペーパーの上で発酵させて紙ごと鍋に入れるほうがうまくいくようです。
H蕕パリッと焼けて、何度焼いても感激してしまう、魅力的なパンです。


ツのトーストも楽しみ。焼くと粉の香りがいっそう引き立ちます。
Δ海遼椶良住罎砲癲Lodgeのダッチオーブンが使われているんですよ。自分の持つ知識を惜しみなく出して、家庭でおいしいパンを焼いてもらおうという熱意が伝わってくる本です。


『My Bread 』Jim Lahey著
2009年・W.W. Norton & Company出版
Lodge Cast Iron Cookware : www.lodgemfg.com


●テルコさんのホームページはこちら
「Sunny's Laboratory」
「Mosaic House Blog」