遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイスVol.30

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ ロバート・パティンソン
いじめられっ子だった?

トワイライトシリーズで人気爆発中、現在アメリカで最もホットな男子、ロバート・パティンソンが、何と俳優としてまだ有名になる前は、いじめられっ子だったと告白した。殴る蹴るの暴行を加えられたという大胆発言をしたロブ。その原因を、当時は自分も若くてバカだったので、何が何だかわからなかったと言う。
 
「僕は俳優として振る舞いたかったんだ。もしくは俳優というのは、こういう風に振る舞うものだというイメージが僕の中にあって、それは明らかに周りにいる多くの人たちに、僕を殴ってやりたいと思わせたんだと思うよ」。
 
イギリス出身、現在23歳のロブは、15歳の時から俳優を目指していた。そして、18歳で『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のセドリック・ディゴリー役で注目を集めた。それまでは、無名なのに態度だけはいっぱしの役者志望であったというわけだ。
 
噂の女性関係については、『Twilight』で共演中のクリスティン・スチュワートでも、公開中の話題作『Remember Me』のエミリー・デ・レイビンでもなく、飼い犬との心の絆の深さをとうとうと語り、はぐらかしたのだった。





☆ ケイト・ゴスリン
『DWTS』出演

6つ子と双子の合計8人の子育てに奮闘する家族を追ったリアリティーショー、『Jon & Kate Plus 8 』で一躍有名になったセレブママ、ケイト・ゴスリン。離婚騒動の次は、自身のタレント活動で話題となっている。人気のリアリティーショー、『Dancing with the Stars (DWTS)』出演を予定しているのだ。
 
ケイトは昨年、長年の夫だったジョンと離婚し、8人の子供たちを1人で育てている。しかし、テレビ放送のおかげで、すっかり全米一有名なセレブママになった。そのため現在は、日焼けサロンやエステ、脂肪吸引などに忙しく、子育ての時間はなさそう。昼間は4人、そして夜も1人、子守を雇い、8人の子育ては他人に任せきりだ。さらに、出演する『DWTS』のダンスレッスンと収録のため、3月中旬からロサンゼルスに移り住み、子供たちと離れ離れで暮らしているというのだ。
 
『DWTS』は、芸能人社交ダンス勝ち抜き番組で、かつての名俳優や、リアリティーショーで有名になったにわかセレブたちが多く出演して、話題をさらっている。今シーズンはセクシーアイコンとして現在も現役のパメラ・アンダーソン、『BeverlyHills 90210』で一世を風靡したシャナン・ドハーティの出演が決まっているのに、話題はケイトで持ちきり。
 
8人の子供を育てるために芸能活動に身を投じるケイトは、自身をブランジェリーナ(ブラピとアンジーのカップル)のようだと、恐れ多くもハリウッドA級セレブに例え、ペンシルベニアのブランジェリーナと吹聴しているという。
 
子だくさんのにわかセレブという点では、彼女の天敵・オクトママの方が、比較対象になりやすいのではと、ベッちゃんは思うのだ。




☆ ハイディ・モンタグ
アニストンと映画共演!?

次々と美容整形を施す、元『The Hills』のハイディ・モンタグが、本格的に女優の道を歩み始めたようだ。ハイディの初出演作品は、何とジェニファー・アニストン主演のコメディー映画『Just Go With It』で、アダム・サンドラーやニコール・キッドマンといった一流俳優が目白押しの話題作なのだ。
 
ハイディは小さな役どころで、おそらくカメオ的な出演になる。彼女の撮影は3月中に行われるが、公開は11年の予定。ハイディの顔や胸は、来年のプレミア試写会のレッドカーペットまでに変化を遂げてしまうこと請け合い。
 
ちなみにハイディは、ツイッターで喜びをこう伝えている。「劇場映画に初めて配役が決まったわ! 今日は人生で最高の日の1つよ!」。




ファラ・フォーセットと
アカデミー賞

バンクーバー・オリンピックのタイミングとぶつかったため、例年より数週間遅れで行われた第82回アカデミー賞授賞式だったが、今年もさまざまなドラマと共に幕を閉じた。
 
元夫婦バトルが話題となった『Avatar』のジェームズ・キャメロン監督と、『The Hurt Locker』のキャスリン・ビグロー監督の一騎打ちは、キャスリンが女性初の監督賞を受賞し、満面の笑みを見せた。アフターパーティーでは、そんなキャスリンの首を絞めるジェスチャーで笑いを取るキャメロン監督。全世界での興行成績が20億ドルに迫る勢いの『Avatar』。オスカーを逃しても余裕のジョークなのだ。
 
そんなおめでたい授賞式だったが、なかなか笑えない出来事も起きた。元祖チャーリーズ・エンジェルのスター、ファラ・フォーセットが、09年に亡くなった人々の追悼映像に含まれていなかったのである。このIn Memorial〞は、アカデミー賞授賞式のプログラムの1つで、映画界に業績を残した人々を映像でしのぶ追悼企画。
 
ファラは、初代『Charlie'sAngels』で70年代にセックスシンボルとして絶大な人気を誇った。アカデミー賞にノミネートは果たしていなかったものの、80年代には映画でも活躍し、数年前にはアカデミー賞授賞式に元祖チャーリーズ・エンジェルとして登場した。08年には、ガン闘病のドキュメンタリーでファンに衝撃を与えた。
 
アカデミーは、昨年の授賞式でも、市川昆監督の追悼画像で三國連太郎氏の映像を流すなど痛い間違いを犯しており、何ともお粗末なのである。


セレブなブランドその
ニコール・リッチーの「House of Harlow」と「Winter Kate」

ニコールを有名にしたのは何と言っても、元親友パリス・ヒルトンとのリアリティーショー『The Simple Life』。当時はポッチャリだったニコールは、露出度の高い服装に、下品なジョークの女という印象だった。しかし、いつしかあのカリスマスタイリスト、レイチェル・ゾーの手にかかり、痩せて、洗練された品のある、オシャレセレブに変身した。
 
その後はファッションリーダーとして注目され、恋人のジョエル・マッデンとの間に2児をもうけた。最近のニコールスタイルは、爛曄璽棔次Ε船奪〞。だらだらと引きずるドレスなど、着こなしの難しいスタイルを着こなす。
 
ニコールがデザイナーを務めるのは、Kitsonオンラインショップで展開中のジュエリーブランド「House of Harlow1960」と昨年秋に発表した洋服のライン「Winter Kate」だ。
 
「House…」は、既にマドンナやアシュリー・シンプソン・ウェンツらも愛用しているジュエリーライン。ゴールドを使ったシンプルなデザインは、どんな装いもスタイリッシュに見せる。お値段も50〜150ドルとお手頃だ。「Winter Kate」は、ニコールご自慢のホーボー・チックスタイルを取り入れている。
 
ニコールは、他のなんちゃってセレブデザイナーと違い、私生活でも自身のブランドを着こなしマーケティングに努めている。本気でデザイナー業に力を入れているのである。




ハリウッド・カップル・レポート
サイモン・コーウェル  運命の相手と婚約!?

辛口ジャッジとして有名な『American Idol』の審査員、サイモン・コーウェルが婚約したことが話題になっている。
 
人を人とも思わない辛辣なコメントを売りにするサイモンに、早くミニサイモンが欲しいと言わしめる運命の相手、メズガン・フセイニーさんは36歳。アフガニスタン生まれのメーキャップアーティストだ。
 
メズガンさんは、数年前から『American Idol』のメーキャップアーティストとして毎週サイモンのホッペをパタパタしていた訳だが、交際を始めたのはどうやら昨年のよう。と言うのもサイモンは、テレビパーソナリティーのテリ・シーモアさんと08年まで6年間交際を続けていたので、メズガンさんとはただの友達止まりだったのである。長い春を経ながらゴールインしなかったテリとの関係とは裏腹に、今回は早いうちから彼女こそ運命の人とサイモンは語るのだ。
 
サイモンは、現在テレビ業界で最も稼いでいる人物。『Forbes』のセレブリティーパワーランクで、マドンナやブランジェリーナなどの一流セレブの中でも何と29位。『American Idol』の出演料が、年間3600万ドルというから無理もない。その他にも、あのスーザン・ボイルを輩出した「○○'s Got Talent」シリーズやプロデューサーを務める『XFactor』などの人気テレビ番組からの収入、自身が経営するレコードレーベルなどもある。
 
メズガンさんも最近はメーキャップアーティストだけでは飽き足らず、自身のコスメティックラインを展開、となかなかの商人ぶり。
 
しかし、婚約指輪は75万ドルと、他のセレブと比べて1桁安いのが気になるところ。ともあれサイモンは今年50歳。子作りを急がないと、子供の成人式には70過ぎのおじいちゃんになってしまう。





●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。
独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com

Copyright © 2008-2009 Lighthouse - Takuyo Corporation
All Rights Reserved