遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップ特ダネ最前線Vol.7

ゴシップ特ダネ最前線

ゴシップ特ダネ最前線
美しく華麗なハリウッド・セレブたちは、いつも新鮮で驚きのニュースを振りまく。在米セレブライター、はせがわいずみが、そんなセレブたちの特ダネをレポート!


ヘイデン・パネッティーア、ボクサーと婚約 !?

TVシリーズ『Heroes』でブレイクした女優のヘイデン・パネッティーアが、ヘビー級ボクサーのウラディミール・クリチコと婚約したという。

ヘイデン23歳、ウラディミール37歳で、14歳の年の差カップルだが、それよりも41センチという身長差が話題を呼んだ2人。2010年秋に交際をスタートさせるも、翌年5月に1度破局していたが、先日、スポーツ観戦先で熱々キスをキャッチされ、復縁が発覚した。前後して、婚約説も浮上。公の場では婚約指輪をしないとするヘイデンだが、情報筋によると夏には挙式とか。

ヘイデンはかつて、『Heroes』の共演者で、12歳年上のマイロ・ヴィンティミリアと交際していた年上キラー。ただ、最近はスポーツ選手がお気に入りのようで、「仕事のスケジュールやセレブという立場など、似ているけれど同じ業界ではないのがいい」と発言していた。


アマンダ・バインズ、奇行が加速?

ティーン女優として人気を博し、近年は『Hairspray』や『Easy A』などで若手女優として活躍していたアマンダ・バインズ。しかし、2010年6月の女優引退宣言の頃から奇行が目立ち始め、最近はそれがさらに加速している。

引退宣言は撤回したものの、飲酒運転や当て逃げ、免停中の運転などで、第2のリンジーとしてお騒がせセレブ街道ばく進中のアマンダ。ニューヨークに移住後、またもや女優引退宣言をし、クラブ通いが報道された。

2月には、ジェイ・Zの顔写真を揶揄する失礼なツイートを掲載。3月に入ると、両頬のピアスを自慢するセンスの悪い写真をアップし、クレイジーな印象を強くした。そんな矢先、ラッパーのドレイクに対してヒワイなつぶやきをTwitter上で連発。挙げ句に豊満な胸を強調する自分撮り写真を掲載した直後、胸をシャツで隠した写真もアップした。

支離滅裂な奇行に、あきれを通り越して、心配の声が上がっている。


プロップ8をめぐって、セレブが続々コメント

3月26日、同性婚禁止のカリフォルニア州法をめぐって最高裁判所で議論が行われるのを受け、多くのセレブがソーシャルメディアで同性婚擁護を訴えた。

ダックス・シェパードとの間の子供を身ごもる女優のクリスティン・ベルは、「みんなが結婚できるようになるまで、私たちは結婚しない」とコメントするほどの同性婚擁護派。そんな彼女は、「今日、最高裁は、歴史上最も重要なケースの一つを扱っています」とツイート。

また、エヴァン・レイチェル・ウッドは「教会と州(政治)を切り離してください」とつぶやき、オスカーの司会を担当したセス・マクファーレンは「最高裁よ、臆病者のような行動をするのはやめたまえ」とツイートした。

ゲイをカミングアウトしたリッキー・マーティンも「愛は憎しみより強い」とコメントを掲載。

同じくカミングアウト済みのランス・バス(ボーイズグループ、*NSYNC)も、Facebookで擁護を訴えた。


ジェシー・ジェイムズ、再婚

当時の妻サンドラ・ブロックがオスカーを受賞した直後、浮気がばれ、サンドラから三行半を突きつけられるようにして離婚したジェシー・ジェイムズが再婚した。

改造バイクのリアリティー番組への出演をきっかけに有名人の仲間入りを果たしたジェシーは、かなりのプレイボーイ。サンドラと結婚する前に、すでに2度の離婚を経験済みで、今回の結婚は4度目となる。

サンドラと離婚後、セックス依存症の更正プログラムを受け、タトゥー・アーティストと婚約していたが、婚約中も約20人の女性と浮気し、婚約解消。その後に付き合い始めた女性とのゴールインだが、果たして今回の結婚も大丈夫なのか…。絶倫男に結婚は向かないのでは?


ビリー・ジョエル、高級マンション売却

『The Stranger』『Piano Man』『New York State of Mind』などのヒット曲で知られるビリー・ジョエルが、ニューヨークの高級ペントハウスを売却し、1000万ドル近く儲けたことがわかった。

セントラルパークが見渡せるこの高級ペントハウスは、2つの寝室と2つ半のバスルームがあり、セントラルパークが見渡せるテラスは3つもあるという。ビリーの前の所有者は、あのテッド・ターナーというから、その豪華さは半端じゃない。ビリーは、このペントハウスに、元妻のクリスティ・ブリンクリーと1980年代から90年代にかけて住んでいた。

今回の買い手はヨーロッパ人の資本家で、1998年当時の提示価格、約167万ドルに対して、973万ドル高い1140万ドルを支払って、ビリー・ジョエル邸を手に入れたという。


今号のお疲れなセレブ

映画『The Notebook』で女子を虜にしたライアン・ゴスリングが、俳優休業宣言をした。

子供の頃からテレビなどに出演し、『Mickey Mouse Club』でジャスティン・ティンバーレイクらと歌って踊っていた、現在32歳のライアンのキャリアは意外に長い。人気俳優として知られるようになった近年は、年に数本の映画が公開されるというほどのハイペースで仕事をしていた。

新作『The Place Beyond the Pines』で、悲劇の主人公を演じた彼は、AP通信のインタビューで「仕事のし過ぎだね。自分が何をしているのかわからなくなってしまった。休みを取って、なぜ俳優をしているのか?などを再考する方が良いと思うんだ」と話した。私も含め、世界の女子が悲しむこの発言だが、そんなファンを励ますべく、イギリスの会社が有料のヘルプライン「The Gosline」を設置!電話すると、『The Notebook』内の、彼の愛のセリフが流れるという。国際電話でかけてみる?




●はせがわいずみ
セレブのインタビューや写真を全世界に配信するハリウッド通信社(www.hollywoodnewswire.net)代表。取材したセレブは延べ5000人以上。LA記者クラブ南加ジャーナリズム賞国際コラムニスト・批評家賞受賞。


(2013年4月16日号掲載)