学ぶ・育てる
Study

テルコ・ゴルノーのきままなスクラップブック

生活に「手作り」をたくさん取り入れたブログでお馴染みの作者 テルコさんの「手作りの宝物」をご紹介します。

テルコ・ゴルノー
テルコ・ゴルノー

2003年よりLA在住。趣味は陶芸・編み物・水泳・サルサなど。旅行も好きで今まで訪れた国は62カ国。

Vol.39)女の子っぽいプレゼント

近頃の私は、ソフィのパーティーとプレゼントのことが常に頭の片隅にあって、「このアイデアいいな」「あの店でこれが揃えられそう。忘れないようにメモ!」という調子です。

今までは家族3人だけで家でお祝いして、アミューズメントパークに連れて行くというのが誕生日の過ごし方でしたが、4歳になる娘は友達を招いてパーティーを開くことに憧れているようでした。娘が喜んでくれるように張り切って計画しちゃうもんね!と腕まくりして、にわかにパーティープランナーを名乗り出た私でしたが、実際にやるべきことや用意する物を書き出してみると、結構な仕事量にすでに圧倒されています。ジャンパーと風船を膨らませるヘリウムガスを予約して、招待状を作って仲良しの子のロッカーに入れ、グッディバッグやピニャータのことも忘れずに…、と大人のパーティーとは違った準備がちょっぴり新鮮。


気の早い私は、プレゼントだけはばっちり用意してあります。これまた夫に「プレゼントは私が選んで当日まで秘密にするから、何も買わなくていいよ」と宣言しておいたのです。自分でも驚くほどのこの張り切りぶり、一体どこから出てきたのでしょうか?1 つめのプレゼントは、ドールベッドです。また家の工事の廃材で作り、シーツや枕も縫いました。木を切って組み立てて色を塗ってと、予想以上に時間がかかってようやく仕上げた頃、たまたまIKEAで似たようなのが20ドル以下で売っていてガクッとしてしまいましたが…。

2つ目はメイクアップポーチ。真っ赤な布で大きなリボンつきのポーチを縫い、中にキティちゃんの香り付きリップクリームとか鏡やクシを入れました。おしゃれに興味を持ち始める年頃ですから、これはきっと喜んでくれると思うし、願わくば私のポーチに勝手に触らなくなって欲しいのですが、うまくいくかな?


次はおしゃれつながりで、バラのヘアピン。フェルトをくるくる巻いてバラの形に縫い、ヘアピンに付けた物です。可愛くできたので、試しに私の髪に付けて鏡を見てみたら、あらら、厳しいわー。やっぱり大きなヘアアクセサリーは少女が付けてこそ可愛らしいのですね。

そして最後の手作りは、虹色の靴下です。娘に「好きな色は?」と聞くといつも「レインボースパークル」と答えます。要するに1つの色に決められなくて、虹色。しかもキラキラした色が好きなのでしょうか。これは水泳クラスの待ち時間に編んでいて、娘ももう自分の靴下だってことはわかっているので、サプライズにはならないのが残念。もう何カ月も前からソフィとパーティーの話をしているので、まるでホリデーシーズンが夏にずれてきたような気分です。私の独断と偏見で、随分と少女趣味なプレゼントばかりになりましたが、きっとソフィ本人はプレゼントの中身よりも、「友達を招待して誕生日パーティーをする」という夢が叶うことが一番うれしいと思うから、その点を忘れずに楽しい1日になるようにしてあげたいものです。



ペイントチップを花形のパンチでくり抜いて、ミシンで縫って長くつなぎました。テーブルの周りの飾りにする予定です。
メイクアップポーチを縫いました。大きなリボンをつけて、中は可愛いプリント地にしました。
女の子の憧れ、自分のメイクアップセット!ファスナーもピンクにして可愛く仕上げました。
余ったパイン材でドールベッドを作りました。ミニチュアと言えども、構造は本物のベッドと同じです。
パッチワーク用のカットされた布を買ってきて、マットレスや布団や枕も作りました。
力作のドールベッドですから、大切に使ってほしいものです。


●テルコさんのホームページはこちら
 →「Sunny's Laboratory」


(2011年9月16日号掲載)