学ぶ・育てる
Study

テルコ・ゴルノーのきままなスクラップブック

生活に「手作り」をたくさん取り入れたブログでお馴染みの作者 テルコさんの「手作りの宝物」をご紹介します。

テルコ・ゴルノー
テルコ・ゴルノー

2003年よりLA在住。趣味は陶芸・編み物・水泳・サルサなど。旅行も好きで今まで訪れた国は62カ国。

Tres Leches Cake

娘のアルゼンチン人のクラスメイトの誕生日会で、おいしいTres Leches Cakeをご馳走になりました。記憶の中の味を再現したく、家でもこの「3種のミルクケーキ」を何度か作っています。

 スポンジケーキを焼き、型に入れたままたくさん穴を開け、コンデンスミルクとエバミルクとヘビークリームを混ぜた物を染み込ませます。「え、こんなに?」というグレーズの量ですが、まさにスポンジのごとくケーキが吸いこみます。ホイップクリームを載せたり、Dulce de Leche(キャラメルクリーム)を塗ったり、エバの代わりにココナッツミルクを使ったりと、応用の利く家庭的な雰囲気の素朴なデザートです。

 ラテンの国の人にとって、たっぷりと甘いミルクを吸ったこのケーキは、アメリカ人のアップルパイのような存在なのかもしれませんね。

(これはホイップクリームをのせた正統派。見た目は地味だけど、しみじみとおいしいケーキです。→)





Dulce de lecheを塗った4種のミルクケーキ、”cuatro leches cake”は超甘党の私好み。でも砂糖なしでラム酒をたっぷり入れたホイップクリームを添えるのも甲乙つけがたい味。
ベースのケーキはシンプルなスポンジケーキ。型に入れたまま仕上げするので、ポットラックにも最適のデザートだと思います。
焼けたケーキに竹串でたくさん穴を開け、グレーズを染み込ませやすくします。
ミルクを吸い込めば穴は見えなくなるし、上にクリームをのせるので、これでよいのです。

ケーキそのものが甘いので、上のホイップクリームにはラムやバニラで風味をつけるだけで、砂糖なしで十分です。
たいていのレシピは9x13インチの型で作る量で、ミルク類もひと缶全部使い切り。大きなケーキが出来ますが、バターが入っていないので意外と軽く、いくらでも食べられてしまいます。
先月メキシコのCancunに旅行した時にも、デザートはもちろんTres leches cakeを注文。グレーズにテキーラが入っているそうです。


●試してみたレシピでおすすめのものを2つ
Dulce de Leche Cake(Saveurより)
www.saveur.com/article/Recipes/Dulce-de-Leche-Cake
Coconut Tres Leches Cake(Chowより)
www.chow.com/recipes/10649-coconut-tres-leches-cake

●テルコさんのホームページはこちら
「Sunny's Laboratory」
「Mosaic House Blog」


(2012年6月1日号掲載)