遊ぶ
Leisure

USトレンド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカ芸能界ゴシップ情報や、著名人・有名人へのインタビュー記事など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ゴシップパラダイスVol.52

ゴシップパラダイス

ハリウッドをうろついて情報収集するネコのベベが、ハリウッド芸能ニュースやセレブの最新情報を、毎号レポートします。エンタメ界になじみのない読者も、思わず目が留まるジューシーなネタ満載です!


☆ ハル・ベリー
親権・養育権争い

穏やかに別れたはずのカップル、女優のハル・ベリー(44歳)と超イケメンモデル、ガブリエル・アブリー(35歳)が、破局から8カ月後に突然、もめにもめ始めた。

争いの焦点は、2歳半になる娘の親権・養育権争い。昨年4月に破局を発表したハルとガブリエルは、破局後も2人で娘をディズニーランドへ連れて行く姿などが目撃されており、子供を通して友好関係を築いていると思われていた。

しかし、昨年末にハルが、俳優オリバー・マルチネス(45歳)とデートを開始。そのシーンを目撃して頭に血が上ったのか、ガブリエルは突然、親権・養育権を主張し始めた。

そんなガブリエルは、昨年ほんの少しの間だけ、あのリアリティーショーの女王、キム・カーダシアンとデートしていたというから、ハルも黙ってはいられない。娘ナーラの人生に、キムのような意味不明なセレブを介入させてはならないと、ガブリエルの果たし合いに受けて立ったのだ。

本気を出したハルは、出演が決まっていたロマンティック・コメディー『New Year's Eve』を降板し、ナーラのそばにいることを決断。ナーラをガブリエルに預け、長期間ロケで離れ離れなんて、とんでもないのだ。

ちなみにハルの元夫たちは、暴力男だったり、セックス依存。爐世瓩鵑〞を渡り歩いてきているハルは、男なんて信用していないのかもしれない。


☆ ハリウッド長者番付
デップが2位

おじさんになりつつも、子供から大人まであらゆる年齢の女子の間で人気ナンバーワンのジョニー・デップ。『Vanity Fair』誌が発表したハリウッド高額所得者トップ40リストで、何と2位に輝いた。『Avatar』で全世界の興行成績を塗り替え、2010年は実に2億5700万ドルも稼いだジェームズ・キャメロン監督の次点。我らがジョニデは、昨年1億ドルも稼いだのだった。

ちなみに気になる内訳は、『Alice in Wonderland』で4千万ドル、『Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』の次回作の前払い金3500万ドル。興行成績が芳しくなかった、アンジェリーナ・ジョリーとの共演作『The Tourist』の2千万ドルなどである。

ジョニデの下にも監督陣が続き、5位はレオナルド・ディカプリオの6200万ドルが続く。昨年も大いに話題になった『Twilight』シリーズのヒロイン、クリスティン・スチュワートは、弱冠20歳で2700万ドルも稼いでおり、若いのに億万長者なのだ。ちなみにシリーズ作品1本あたりの出演料は、相手役のロバート・パティンソンと同額の1200万ドル。

不景気とか関係ない世界は、まだまだあるのだと、ベッちゃんはつくづく思うのだ。


☆ チャーリー・シーン
あの一件

人気テレビ番組『Two and a Half Men』で主演を務めるチャーリー・シーン。1エピソードで135万ドルという、テレビ界広しと言えど、破格のギャラをもらっていながら、薬物や暴力問題のスキャンダルで、お騒がせが絶えない。

そんなチャーリーが、いつもの様にポルノ女優たちを何人も呼んで、36時間ぶっ続けでハードコアなドラッグ&セックス・パーティーを敢行。挙げ句の果てに倒れて、救急車で搬送されるという事件が起こった。さすがのチャーリーも45歳と中年の域に入り、無茶なパーティーは身体に毒。親戚縁者は、病院に駆け付けて、今度こそは死ぬかもしれないと思ったという。

チャーリーのヤンチャぶりは、今に始まったことではない。過去、実に5千人の女性と関係を持ったと言われるほどの女好きで、3度の結婚を経験し、現在は独身。そして、5人の子供がいる。子役デビューは8歳の時からで、80年代を支えた青春アイドルの一人として、ロブ・ロウやロバート・ダウニー・Jr.などと共に人気俳優として活躍した。しかし、暴力事件や麻薬使用などのスキャンダルで、徐々に人気を落としていった。

昨年11月、3人目の妻ブルック・ミューラーと離婚を申請した翌月も、ニューヨークのホテルで同伴のために呼んだポルノ女優に暴力を振るう事件を起こしたばかり。堪忍袋の緒が切れたCBS局とプロダクション会社のワーナー・ブラザースは、チャーリーがリハビリなどをしてキチンと薬物とアルコールを絶たない限りは、大人気コメディーの続投はないと断言。今シーズンは16話しか収録されておらず、残りの8話が日の目を見る可能性は少ない。

自宅でリハビリ療養中の永遠のバッドボーイ、チャーリー。24時間の監視が付くとはいえ、自宅療養の効果についてベッちゃんはクビを傾げるのだ。


☆ リンジー・ローハン
これで最後

転落し続ける子役あがりの俳優は跡を絶たないが、いい加減ニュースを聞くのもうんざりのリンジー・ローハンの事件に判決が下った。どうやら最後の運を使い果たしたよう。

今回の悪事は、飲酒や薬物ではなく、以前から何度となく問題を起こしている盗み癖の方。1月22日にベニスビーチ近辺の宝石店で、2500ドル相当のネックレスを拝借して訴えられた。判決の際、判事のお叱りと保釈金だけで、とりあえずお咎めなし。

「あなたはほかの人と同じで、特別扱いを受けている訳じゃないんです。調子に乗らないでください」と、次はもうないという意向を伝えた。

4万ドルの保釈金を払うくらいなら、2500ドルのネックレスくらい購入したら良かったのにと、ベッちゃんは思うのだ。


ハリウッド・カップル・レポート
ケイト・モス、婚約!
今度こそ結婚か?

世界のファッション・アイコンとして、ファッショニスタに愛されるケイト・モスが、ミュージシャン、The Killsのギタリスト、ジェイミー・ヒンスと、ケイトの36歳の誕生日である1月16日に婚約した。エンゲージリングは1920年のヴィンテージ物。世界で最も稼いでいるスーパーモデルの一人であり、オシャレ番長のケイトには、めったな物は渡せないが、なかなかどうして、センスの良いリングなのだ。

2人は07年に知人を介した紹介で出会った。2年の交際期間を経て、見事に婚約、挙式は7月2日を予定している。ケイトには8歳になる娘がいる。以前交際していた雑誌編集長のジェファーソン・ハックとの間にできた子供で、今回の挙式では、ケイトのブライドメイドとして活躍する予定だ。

80年代、シンディ・クロフォードなど、長身で脚線の美しいモデルが主流だったスーパーモデル界に、ケイトは少し背が低く、とにかくやせているという異色のスタイルを持ち込み、旋風を起こした。

また、14歳からモデルとして活躍するケイトの堂に入った遊び人ぶりも有名で、今年2月に入ってからも、酩酊状態で車の後部座席に乗り込む姿が、パパラッチされている。婚約中でもへっちゃらなのだ。度を越してしまったのが05年で、イギリスのタブロイド誌『Daily Millar』の1面に、鼻からコカインを吸入している写真を掲載されてしまった。その時はBurberryやH&M等が、ブランドの顔であったケイトとの契約を中止するなど、一時はモデルキャリアも終わりかと思われた。しかし、その類まれなるモデルとしての魅力がファッション業界関係者の支持を受け、何事もなかったかのように復活した。

過去の最も有名な交際はジョニー・デップとだが、ジョニーがヴァネッサ・パラディの元に行ってしまって破局。その後、何度となく婚約はするものの、結婚歴はない。今度こそウェディング姿が見られると、ベッちゃん心待ちなのだ。


セレブな業界裏話
ファッションモデルの裏側

イギリスのチャンネル4で、華やかなファッションモデルの世界を見せる新リアリティーショーが始まる。その名も『The Model Agency』。内容は、かつてナオミ・キャンベルのエージェントとして有名な、あのキャロル・ホワイトの会社を追ったもの。キャロルは、ナオミだけでなく、90年代を代表するスーパーモデル、クリスティー・ターリントン、クラウディア・シファーなどの豪華な面々を担当していたことでも有名だ。

番組開始に先駆けて、キャロルはモデル業界の裏側をイギリスの『Daily Mail』誌に語った。彼女は、輝かしい未来の可能性を兼ね備えた少女たちにとって何が一番の妨害になるか、驚くべき事実を語った。それは、ボーイフレンドだと言う。

「モデルのタマゴたちの彼氏は、みんなカッコいいんじゃないかって思うでしょ。そうじゃないのよ。彼女たちの彼氏は大抵背が低く、自信がなくて、卑屈なの。だから、いつも色んな人たちとの出会いがある彼女を、いつかなくしてしまうんじゃないかという恐怖から、彼女たちを支配しようとするの」と、だめんず論を展開した。

また昨今は、モデルの基準が変わってきたことにも言及。

「胸のある女の子を探しているわ。10年前では考えられないこと。ここ2年間で大切なのは、Dカップの子を探すこと。でも、身体全体は細くて、スタイルが良くないとダメ」と、スーパーモデル巨乳時代到来を告げた。

この番組、米国では放送していないようで残念である。




●イラストレーター:小坂 亘
北清水デザインラボ代表。大阪在住のイラストレーター。独特の作風でハリウッドセレブを描いたイラストの数々は、下記のウェブサイト参照。
公式ウェブサイト
www.kitashimizudesignlab.com