費用を比較!J-1ビザインターンシップvsワーキングホリデー

アメリカ版ワーホリ!?J-1ビザインターンシップ徹底解説

「J-1ビザインターンシップ」と「ワーキングホリデー」、それぞれかかる費用は?

アメリカでキャリアを積みながら現地生活を体験できる「J-1ビザインターンシップ」制度と、イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダで休暇を主目的として滞在できる「ワーキングホリデー」制度。どちらも興味はあるけど 、どのくらい費用が必要なの?と、渡航にかかる費用や現地での生活費用など資金面が悩みどころになっている人も多いはず。ここでは「J-1ビザインターンシップ」と「ワーキングホリデー」でかかる費用を、現地での生活費用も含めて徹底比較してみました。

アメリカ オーストラリア ニュージーランド イギリス カナダ
滞在期間 ※1,4 1年6ヶ月間 1年間 ※セカンドワーホリあり 1年間 ※延長可能 2年間 1年間
勤務先決定時期 ビザ取得前 ビザ取得後/現地到着後 ビザ取得後/現地到着後 ビザ取得後/現地到着後 ビザ取得後/現地到着後
就労条件 ※1・4 1年6ヶ月間同じ雇用主のもとで勤務 同じ雇用主のもとで6ヶ月 制限なし 制限なし 制限なし
就学条件 ※1・4 - 最長4ヶ月 最長6ヶ月 制限なし 最長6ヶ月
アメリカ オーストラリア ニュージーランド イギリス カナダ
月収例 ※1・3・4 10万~20万円 10万~15万円 10万~13万円 10万~13万円 10万~13万円
ビッグマックで比較! ※2 4.79ドル(560円) 4.32ドル(510円) 4.49ドル(530円) 4.37ドル(515円) 4.64ドル(545円)
生活費用(月間)※3・4 $800(約9万円) A$800(約8万円) N$1,320(約10万円) £600(約9万円) C$800(約8万円)
通学費用(3ヶ月)※1 - 40万円 30万円 50万円 35万円
航空券費用※1・4 10~15万円 7~11万円 10~15万円 14~17万円 10~15万円
ビザ申請費用※1・4 約4.2万円 約4.2万円 0円 約4万円 約1.5万円

 

※1:『地球の歩き方 成功する留学」を参照 http://www.studyabroad.co.jp/
※2:「The Big Mac index」(the economist2015)を参照(価格は「ビッグマック」)http://www.economist.com/content/big-mac-index
※3:「日本ワーキング・ホリデー協会」Webサイトを参照 http://www.jawhm.or.jp/step3.html#st3-13
※4:「海外インターンシップWorld」Webサイト http://www.internship-world.com/paid/を参照
※上記は、2015年7月時点での為替レートに基づきます。

アメリカ・インターンと、各国ワーキングホリデーに生活費用では大きな差はなし

比較表からも分かる通り、1カ月の生活に必要な費用は各国で大きな差はありません。しかし、せっかく日本から世界に飛び出したのです。イギリスの歴史的アートに触れたい、アメリカで一流のエンターテインメントを観てみたい、オーストラリアの広大な土地をロードトリップしたい、などそれぞれの国ならではの楽しみがあなたを待っています。こうしたことを事前に考えて、どのような生活を送りたいのかによってかかる費用は変わってきますし、それによって現地滞在中に得るべき収入、貯えておくべき金額も変わってきます。ワーキングホリデーの場合は一般的に現地での仕事が確定するのは現地到着後のため、事前に収入金額を予想することは難しいですが、例えばレストランで働くことができれば「まかない」を出してくれるお店もあるので、タダで美味しい食事を得られる!なんていうメリットも。それに対して、J-1ビザによるインターンシップの場合は、ワーキングホリデーに比べて見込める月収が高く、働く企業・職種・就業時間を決めてからビザ取得・渡米をするので、事前に費用面の計画は立てやすいと言えます。

住む場所・住み方次第で費用の節約は十分可能!

どの国も都心に近くなるほど家賃や生活にかかる費用は高くなります。ですから、治安も比較的良いとされる郊外を選べば、安全でかつ、滞在費用も抑えられる可能性があります。ただし、現地での仕事や語学学校は、どうしても都心部に集中します。郊外に住むデメリットは、職場や学校への移動にかかる時間と交通費。公共交通機関の利便性は各国さまざまで、日本と同じレベルを想定していると、後で不便な生活を強いられるだけでなく、交通費がかさんで結局都心に住むのと同じくらいの費用がかかってしまうことも。住まいを選ぶ時は、移動手段も踏まえて考えるようにしましょう。一番効果的に住まいにかかる費用を抑えることができるのは、ルームシェアやシェアハウス(ルームメイトがネイティブスピーカーであれば、語学の勉強にもなって一石二鳥)。特にアメリカやオーストラリアでは一般的な住居形態の一つになっています。家具付きの家や部屋が見つかればラッキーで、かなりの費用節約につながる場合があります。

滞在先によっては自動車の購入費用も

アメリカのサンフランシスコやニューヨーク、イギリスのロンドン、オーストラリアのメルボルンのように公共交通機関が発達している都市でない限り、車の購入は避けて通れないところ。しかし、特にこだわりがない場合は新車を買う必要はありません。車社会であるアメリカやオーストラリア、イギリスでは、日本よりも中古車の売買が一般的。主な購入ルートは「中古車ディーラー」か「個人」の2通り。個人売買の方が費用面では比較的安く購入できますが、安全性や耐久性が保証されている車を希望するのであれば、少々費用が高くついても日系の中古車ディーラーを選ぶのがオススメ。また車を帰国前に売ることを前提に、状態の良い中古車を選ぶことも一つの選択。というのも、日本では中古車の価値は基本的に年数と共に下がるのですが、例えばアメリカでは中古車の価値はそこまで下がりません。先行費用は高くつくかもしれませんが、状態の良い中古車の方が売却した後に返ってくる金額もそれなりに高いので、結果、使った金額が安い車を買った場合と変わらないケースもあるのです。

インターンシップ、ワーキングホリデーともに、100万~200万円が準備資金の目安

インターンシップにしても、ワーキングホリデーにしても、ビザ申請費用、航空券、保険、さらに車の購入費用(必要であれば)、毎月の生活費用、光熱費などの支出を全て考慮すると、現地で得られる収入を計算に入れても、100万~200万円の資金は必要だと言えるでしょう。また、ビザの取得をプロのエージェントにお願いする場合は、別途でエージェントに支払う費用も念頭に入れておく必要があります。例えば「J-1ビザ」の場合、金額はエージェントにもよりますが20万~60万円ほど。決して安い費用ではありませんが、自分ではなかなか探せない求人の紹介やビザ取得に必要な大使館での面接対策など、サポートが充実しており、安心して渡航の準備ができるため、エージェントを介して「J-1ビザ」を取得する人が多数のようです。

●Lighthouseオススメ!「J-1ビザインターンシップ」の相談やお申し込みは…

Institute of Global Exchange SKYUS CO., LTD
Institute of Global Exchange(IGE) Skyus
米国ロサンゼルスに設立された国際交流・人材育成を目的とした非営利団体。アメリカでのインターンシップのほか、アメリカから日本へ就職するための就職支援サービスも。日米間の就職支援イベントやキャリアアッププログラムの開発・運営を行っている会社です。

アメリカインターンシップ専門サイトUS INTERNSHIP

アメリカの主要都市ロサンゼルス、ニューヨークの2都市に拠点を置く米国現地エージェント。アメリカ在住スタッフが、高い専門性を生かして、インターンシップの手配、留学のコーディネイト、お客様の現地サポートを行っています。

アメリカ有給インターンシップならAmerica-Intern.com

「アメリカ・J-1ビザ」のコンテンツ