暮らす
LIFE

ビザに関する疑問に回答!アメリカ移民法Q&A

現地情報誌「ライトハウス」に連載中の米国移民法・ビザ申請の疑問に答える人気コラム。永住権・グリーンカードの申請から、就労(H1)ビザ申請、留学ビザ(Fビザ)、Jビザ申請、さらにはアメリカでの会社設立などについて、さまざまなケースを専門家が徹底解説。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

H-1B延長中に出国する場合

KEVIN LEVINE 弁護士

Q:H-1Bビザの期限が切れるため、3年間の延長を、現在の雇用主A社に引き続きサポートしてもらい手続き中です。申請している間に、海外に出て、米国に再入国しました。この時、現在のH-1Bビザはまだ期限まで30日あり、有効でした。更新は申請中で、まだ許可が下りていませんが、私はH-1Bステータスで米国に再入国することを許されました。更新申請はまだ有効ですか?  


A:はい。あなたが有効なステータスを保持していれば、海外への出国はビザ更新に対する妨げになりません。これはH-1Bポータブルの保有者に対しても同様に言えることです。現在しているH-1B申請と、保有しているH-1Bビザが有効であれば、米国外に出国しても再入国できます。  

現在、転職先のB社が私のH-1Bを3年間分延長申請中です。私が米国外にいる間にH-1B申請が許可されたのですが、それを知らずに、現在勤務しているA社にサポートしてもらった、元のH-1Bビザで再入国してしまいました。このビザはまだ30日間有効だったのでその日数だけ入国を許されました。H-1Bは3年間延長されますか。

いいえ。この場合、元のビザによる30日間の入国許可が移民局による最後の行為だったので、延長は無効となってしまいます。いったん米国を出て、新たにH-1Bビザを取得してから再入国をすることになります。アメリカを出国して再入国する際に、あなたのビザステータスがどうなっているかを確認しておくこと。現在のステータスの確認はウェブサイトからできます。


現在H-1Bをスポンサーしてもらっている雇用主Aから雇用主Bに変更を申請しています。B社を通した申請の許可が下りれば日本に帰国することができますか?

はい。A社からB社に変わって、B社を通して申請したH-1BにI-797(Notice of Action)が下り、雇用主Aを通して取得した古いビザの有効期限が切れていなければ、そのビザを使ってアメリカに再入国が可能です。この際、I-797も必要になります。



(2006年7月1日号掲載)


●関連記事
アメリカ・ビザの基礎知識とその種類
特別企画:アメリカでワーキングホリデーのように働ける!「J-1ビザインターンシップ」徹底解説