暮らす
LIFE

ビザに関する疑問に回答!アメリカ移民法Q&A

現地情報誌「ライトハウス」に連載中の米国移民法・ビザ申請の疑問に答える人気コラム。永住権・グリーンカードの申請から、就労(H1)ビザ申請、留学ビザ(Fビザ)、Jビザ申請、さらにはアメリカでの会社設立などについて、さまざまなケースを専門家が徹底解説。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

条件付き永住権は2年間の期限

KEVIN LEVINE 弁護士

Q:米国市民権保持者との結婚により申請した永住権は、“条件付き”となるそうですが、この条件付き永住権について教えてください。


A: 移民局では永住権を取得するのが目的で偽装結婚する外国人を取り締まるため、1986 年に移民法の改正案を制定しました。
 永住権のステータスが米国市民との結婚によって取得したもので、結婚後2年以内のものであれば、その永住権は条件付きとなります。永住権を受け取った日とは、移民局があなたの“ステータスの適合”を承認した日、もしくはあなたが永住権保持者として合法的に空港や国境からアメリカに入国した日を指し、永住権を申請した日、または永住権取得のためのインタビューを受けた日ではありません。グリーンカードには条件付き永住権の有効期限日、つまり受け取ってから2周年目の日付が記載されています。
 永住権のためだけに結婚したのではないという証明が、永住権を保持するための条件となります。現在、申請料は、指紋採取も含めて275ドルで、移民局のサービスセンターに申請します。
 条件付き永住権の条件を取り除く証明に使われるものとして、次のものが挙げられます。2人の間に生まれた子供の出生証明書、共同名義のリースやモーゲージの契約書、共同名義の銀行口座、納税申告書、保険の契約書、共同名義のユーティリティーのほか、共通の住所あてで郵便物を受け取っているという証明、家族写真、宣誓供述書などです。

条件取り下げの申請をしたいのですが、どうしたらフォームを入手できますか?

 フォームI-751(Petition to Remove the Conditions on Residence)は、米国移民局(USCIS)を通じて入手できます。
 またはフリーダイヤル1-800-870-3676 で入手してください。


申請に締め切りはありますか?
それはいつでしょうか?

 有効期限日より前の90 日間に申請します。もし、申請に遅れてしまったら、条件付きの永住権ははく奪されて、国外追放となってしまう可能性があります。
 あなたがその配偶者と離婚してしまった場合、もしくは配偶者に暴力をふるわれたり、虐待されている場合、配偶者なしで申請できます。その場合、条件付き永住権を受け取ってからいつでも申請することができます。


私に子供がいる場合はどうなりますか?

 もしあなたが条件付き永住権を受け取ってから90 日以内にお子さんもそれを受け取っていれば、お子さんも一緒に条件取り下げの申請をすることができます。もし、お子さんの永住権が、あなたが永住権を受け取って90 日以上経ってから来たのであれば、お子さんの申請は別に行わなければなりません。


条件取り下げ申請しそびれたら国外追放


条件取り下げの申請が遅れてしまった場合は?

 期間内に申請しそびれた場合、あなたのステータスは自動的になくなり、移民局はあなたに国外追放の処分を下します。ただし、申請できなかったことへの正当な理由があり、それを書面にて証明できれば、申請を受理してくれることもあります。移民局には、あなたのケースの認否を決める権限があり、ケースによっては期間の90 日を過ぎても申請を受理してくれる可能性があります。


もし離婚手続きの最中で、まだ離婚が成立していなかったら?

 2003 年4月10 日付の移民局のメモによると、米国市民との結婚で取得した条件付き永住権の更新をしてもうすぐ2年になるが、離婚手続きの途中であるために配偶者と共同申請ができないという場合でも、共同申請を放棄することはできません。
 指定期間以内に申請できず、あなたの条件付きの永住権が期限切れしてしまい、国外追放の立場に置かれてしまったら、離婚手続きの完了、もしくは延期手続きを考慮してもらえるよう、移民局から申請期間延期の許可をもらうしかありません。


申請中、グリーンカードは有効ですか?

 移民局に申請をした時にもらうレシートにより、グリーンカードの有効期限は1年間延長されます。1年経った後も手続き中だったら、最寄りの移民局に延長申請をすることができます。
 カリフォルニア州の場合、2007年2月20日現在、移民局が手続きしているのは、2006年8月21日付のケースです。
 さらに詳しい情報は、米国移民局のサイトをご参照ください。



(2007年3月16日号掲載)


●関連記事
アメリカ・ビザの基礎知識とその種類
特別企画:アメリカでワーキングホリデーのように働ける!「J-1ビザインターンシップ」徹底解説