学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

帰国受験について教えてください

この夏、日本に一時帰国をします。
来年の帰国受験の情報入手方法は?

松本輝彦(INFOE代表)

帰国子女受入校の説明会・相談会
や学校訪問のチャンスです。

夏休み中の一時帰国は、帰国後のお子さんの教育情報を入手する絶好の機会です。学校説明会・個別相談会、また学校訪問のチャンスを活かしてください。

学校説明会・相談会に参加

帰国子女受け入れ校の学校説明会・相談会が、夏休み期間中に、日本で開かれます。一時帰国中の海外の保護者も多く参加されるようになってきました。

この夏に実施される代表的な説明会は下の表をご覧ください。

当日の流れ

●海外子女教育振興財団
最初に、財団の相談員などの専門家の講話(30分程度)があります。その後、小学校から大学までのブース参加校のテーブルに来場者が出向き、説明を聞いたり質問をしたりします。来場者が集中する受入校の場合は、全体的な説明をまとめて行い、その後個別相談を行います。また、学校だけではなく、財団相談員に帰国全般の質問をすることも可能です。そして、資料参加校のパンフレット・資料などは、来場者が自由に持ち帰ることができます。

●JOBA 
帰国子女受け入れ校への進学のサポートを主な活動としているので、中学・高校進学を中心とした相談会です。会の最初に「帰国生先輩と保護者によるパネルディスカッション」が1時間ほど開かれ、帰国受験した生徒と、それをサポートした保護者の体験談を聞くことができます。その後は、参加校とJOBAのブースでの個別の説明・相談会と、資料参加校の資料集めができます。

アドバイス

1.「参加者が大変多い」ので注意してください。海外の説明会では見られない混雑です。予約が必要な会場があります。

2.個別相談を受けたい学校が人気の高い学校ならば、相当な待ち時間を覚悟してください。逆に、相談の少ない学校ならば、先生とゆっくりお話、特に日本の教育全般的なことなどを聞くことができます。チャンスを活かしてください。

3.個別相談には、事前に「何を知りたいのか」整理してから出向いてください。その学校が第1志望の学校であれば、事前に学校のホームページなどで情報収集して、質問内容を絞り込むことです。最悪の場合は、5分程度しかないと覚悟してください。

4.ここで紹介した説明会へは、「帰国子女受け入れ校の全体像をつかむための情報収集」と割り切って参加してください。そして、印象に残った学校があれば、「学校訪問」に行かれることをおすすめします。

学校訪問はさらに有効

帰国後の学校選びに、学校訪問は欠かせません。資料やインターネットの情報だけでは見えない、わからない雰囲気や環境を知るために、必要です。お子さんと一緒に、学校の先生のお話を聞くだけでも大きな助けになります。

学校訪問のアドバイスは、このコラムのバックナンバー(www.us-lighthouse.com/kyouiku/e-7608.html)をご覧ください。

お子さんの帰国後の教育情報収集のためです。お母さんだけではなく、日本への出張のついでに、お父さんも参加してください。


(2009年7月1日号掲載)

夏休み中に行われる学校説明会・相談会