学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本語教育のチョイスを教えてください。

小学校からの日本語・日本文化の教育のチョイスは?

松本輝彦(INFOE代表)

子供の教育目標とニーズに合わせて選ぶこと。

1、日本人学校(全日制)

海外にある、日本の学校のコピーです。

基本的に、日本の学校と同じ学習内容を週日の朝から夕方まで(全日制)受けられ、日本の小学校・中学校の卒業資格が与えられます。北米の4つの日本人学校では約500人が学んでいます。

日本人学校に比べ現地校で学ぶ子供(約2万人)が圧倒的に多いのは、アメリカの学校と英語での教育への保護者の期待からです。それに対して、海外にいても日本語での教育、特に帰国後の進学のため日本と同じ教育を願う保護者が選ぶのが日本人学校です。その結果、滞在予定が短かったり、帰国までの滞在期間が比較的短い子供が多く在籍しているのが実情です。

2、補習授業校(補習校)

現地校での学習と並行して、週末や週日の夕方に日本の学校のカリキュラム・教科の一部を学ぶ学校です。しかし、日本の法律による小・中の卒業資格は取得できません。

北米には10人程度から千人以上の子供が学ぶ補習校が約80校あり、およそ1万2千人の子供が学んでいます。

海外に一時的に滞在する子供が日本帰国後の学習で困らないように指導するのが、補習校の設立目的です。そのため、日本の学校と同じ教科書を使用して、日本語で授業をしています。

近年、長期滞在の子供が半数以上を占める北米の補習校が多くなり、その教育にも変化が起きています。それは、渡米間もない子供と長期滞在の子供の日本語力・日本語での学力の差が大きく、一斉授業が困難になる問題です。多くの補習校は、レベル別のクラスを作り対応していますが、さまざまな問題が生じています。

長期滞在の子供にとって、現地校と補習校の勉強を並行して続けるのは大変です。しかし、言語習得の完成期である中学1・2年まで、日米の学習をやり遂げた子供で、どちらもネイティブレベルのバイリンガルに育った若者が多く出てきています。

3、日本語学校

第2言語(外国語)として日本語を教える学校です。

日系人の保護者が子弟の教育のために作った学校が中心で、北米の大都市や歴史的に日系人の多く住む地域にあります。最近は、日本文化に興味を抱く日系以外の子供たちも在籍するようになっています。

家庭で日本語以外の言葉を使って生活している子供を対象とした日本語や日本文化の教育が中心です。子供の日本語力に応じて、教材を選び、日本語や英語で指導します。

4、日本語イマージョン校

カルバーシティーにあるエルマリノ小学校は、キンダーから6年生までイマージョン方式で日本語と英語で授業を行っている、全米で有名な公立の学校です。

日本語のイマージョン・クラスでは、母語や人種の異なる児童が、午前中は日本語、午後は英語で、言葉だけではなく、他の学校と同じように算数・理科・社会などの学習をします。

5、塾・家庭教師

子供の日本語力や興味に応じて、個人や少人数で指導を受けます。

比較的日本語・国語力の弱くなった子供を対象にしたクラスを設ける、大都市の日本人向けの塾が増えてきています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

お子さんには、どの学校?

どの学校で学ばせるかは、お子さんをどのレベルまで教育するかという、保護者の希望や夢によります。日本語での日常会話・読み書き、それともバイリンガル・バイカルチャー。どのレベルが目標ですか?