学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

子供が現地校の 「エッセイ」 で苦労。 エッセイの目的と勉強法は?

子供が現地校の 「エッセイ」 で苦労。 エッセイの目的と勉強法は?

松本輝彦(INFOE代表)

エッセイは現地校で最も大切。 基本形を日本語でしっかり理解する

エッセイとは?

アメリカでのエッセイには さまざまな目的・形式の文章が 含まれます。 しかし、 小学校か ら高校までの学習で中心とな るのは 「 persuasive (説得力の ある) essay」です。私は、日本 人の子供たちにそのタイプの エッセイの特徴を 「自分の意見 を、 読み手に伝えて説得する文 章」 と説明しています。  

「essay」 の日本語訳は 「随筆」 が一般的です。 しかし、 日本語 の 「随筆」 が示す 「味わい深く 情緒的な不定形の文章」 では なく、 現地校で学ぶエッセイ は 「自分の主張をはっきり伝え る、 形式の明確な文章」 のこと です。

エッセイ学習の目的

アメリカの学校教育の大目 的は、 「民主主義を守る子供を 育てる」 ことです。 そのための 「自分の意見を、 相手にしっか り伝える」 教育は重要です。 そ の 「自分の意見をまとめ、 相手 に伝える文章表現のトレーニ ングがエッセイの学習」 で、 小 学校高学年から中学・高校へと 繰り返し続けられます。  

また、 アメリカの大学教育で は、 自分の研究や考察の結果・ 内容を、 他の学生・研究者に論 理的に伝えるためのエッセイ (ペーパー、 論文) のトレーニン グが続けられます。 自分の研究 内容を他の研究者に理解して もらって、 初めて 「研究」 とし て認められるのです。

エッセイ学習のステップ

学校での言語としての英語 の学習は、 小学校低学年 (1〜 3年) の 「話し言葉」 中心の学習 から始まり、 高学年 (4〜6年 生) では 「読み書き」 の学習へと 移っていきます。  

「書く」 学習は、 低学年の ジャーナルなどで自由に文章 を書かせ、 「書くこと」 の習慣 付けをスタートします。 その後 4 年生頃から、 エッセイの学 習として 「五段落エッセイ (five paragraph essay) 」 のトレーニ ングが始まります。 6年生の終 わりまで、 この基本的な型に 従ったエッセイの書き方が、 徹 底して繰り返し指導されます。  

中学校になると、 五段落エッ セイで、 自分の意見を読み手 に伝える文章の練習が多くな ります。 「主張は明確か」 「主 張をサポートする理由は」 「主 張やサポートが論理的か」 など の質問が繰り返され、 この質問 に回答するための 「考える」 ト レーニングがクラス内の質疑 応答・ディスカッションを通じ て行われます。  

高校では、 五段落エッセイの 基本の徹底復習をする生徒か ら、 五段落エッセイの型を崩し てより内容の充実したエッセ イの勉強をする生徒まで、 生徒 の学習レベルに応じた多様な 指導が行われます。  

大学入学にあたって、 大学で の学習の基礎としての五段落 エッセイの実力を判定するた めに、 統一試験 (SAT、 AC T) でエッセイのテストの受験 を、 4年制大学のほとんどが要 求します。

五段落エッセイ

文字通り、 5つの段落で構成 されるエッセイの型は、 エッセ イの基本形です。  

導入と主張・意見をまとめた 第1段落。 その主張・意見を説 明する3つの理由と、 それぞれ の理由をサポートする文章で 構成される第2〜4段落。 最後 に、 第1段落の主張・意見を繰 り返し強調する第5段落。  

このように、 形式・ルールが はっきりしているので、 それを 理解すれば、 限られた英語力で もエッセイを書き上げること ができます。

エッセイの勉強法

小学校低学年から現地校で 学んでいる子供は、 学校の指導 に従い、 コツコツと勉強するの が最も効果的な勉強方法です。  

小学校高学年で渡米した子 供は、 英語力も不十分なまま、 いきなり英語で、 型の決まった ルールの多い文章を書かなけ ればならないので大変です。 英 語力の向上と並行して、 学校で のエッセイ指導の内容を、 子供 がしっかりと理解できる日本 語で教えてあげるように、 サ ポートしてあげてください。  

中学校以降から現地校で学 んだ生徒は、 五段落エッセイの 基本型の理解と練習ができて いません。 基本形は簡単ですか ら、 一度、 日本語でしっかりと 理解する機会を作りましょう。   

◇  ◇   ◇   ◇
エッセイを書く力は、 アメリ カの学校教育で最も大切なス キルの1つだと、 おわかりいた だけましたでしょうか。 その力 は、 日本帰国後も、 大学、 社会 に出てからも、 お子さんの 「宝」 になることを信じてください。

(2010年11月1日掲載)