学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

関西に帰国しますが、 小学生が英語力を保持する教室は?

関西に帰国しますが、 小学生が英語力を保持する教室は?

松本輝彦(INFOE代表)

帰国児童向けの英語クラスで、 「読み書き」 の指導を受ける。

帰国後の英語力保持

日本帰国後も、 子供が海外で苦労して身に付けた英語力を保持 (力を落とさないように保つ) 、 または伸長 (さらに伸ば す) させてあげたいのは、 保護者の願いです。  

しかし、 「家庭内は日本語、 外は英語」 という恵まれたバイリンガル環境から、 「内も外 も日本語」 の環境に変わった後 も、 英語力を保持・伸長するの は容易ではありません。  

それでも、 なんとか英語力を 伸ばしたいと願う子供や保護 者を応援するために、 海外・帰 国子女教育に詳しい団体・帰国 子女受入校が、 英語のプログラ ムを開講しています。  

今回は、 関西で受講可能な、 主要な帰国児童向けの英語プ ログラムの紹介です。

帰国生英語プログラム

4つの英語プログラムを下 の表にまとめました。  

これらのプログラムは、 次の 共通点を持っています。
〇匐,粒慘陝Ρ儻賣呂覆匹妊 ラス分けし、 少人数で授業
⊆業内容は、 英会話だけでは なく 「読み・書き」 、 さらにはレ ポートやプレゼンテーション の指導もある
5国時よりも、 「英語力をさ らに伸ばす」 ことを目標
ぅ優ぅ謄ブ教員やバイリン ガルのアシスタントが指導
サ国児童だけ、 あるいは帰国 児童中心のクラスで指導

「読み書き」が重要  

「小学校低学年なので、 英会話だけでも忘れないように」 と、 希望するお母さんが多くお られます。 実は、 英会話の力を さらに伸ばすためにも、 「読み ・ 書き」 の学習が必要なのです。  

小学校低学年であれば、 生活 に必要な日常会話ができれば 十分でしょう。 しかし、 その英会話力では、 中学・高校、 さら には大人になった時に 「英会話 ができるね」 と評価はされませ ん。 大人としての英会話ができ るように、 単語や英語での知識 を増やす必要があります。 その ためには 「読み」 の学習が、 そ してよりレベルの高い会話や プレゼンテーションのために は、 さらに 「書き」 の学習が欠 かせません。  紹介したプログラムが 「読 み・書き」 の学習を含めている のは、 英語力を 「保持」 するだ けではなく 「伸長」 させるため に、 欠かせないからです。

(2010年12月1日掲載)